Scene-56_cut-15

フルカラー3DCG Web漫画 『ビビの日々』 
第18話、完成しました! いえーい! いえーい!

さて、それでは月に一度のおたのしみ! コメ返やっか!


PV_2020-08-02_00012
[1192] ランダムトップさすがっす!!!!!! 

せやろ! ありがとう!


Scene-61_cut-03_02
[1193: チューリップせつねぇ
[1196] チューリップが伏線だったとは!やられました。
[1200: おどるチューリップ、すてき、日常の細やかなところ、光や影の変わり方、どれをとっても良いなあ


チューリップ関係まとめて。チューリップにビビのバカっぽさとか陽気さとか生命力とかを仮託させてみた。ニコロの最後のセリフ「ばかが」に「馬鹿だな」以外の何らかの感情を感じて頂ければ、ビビの9か月(日本時間)にもわたる旅にも、意味はあったかと。


PV_2020-07_001
[1201] サムネビビったwww
レダは よんでほしそうに こちらをみている!


story-18-06_001
[1194: 俺なら寝てるビビ絶対襲ってる

おそらくニコロにとってのビビは、性的な対象ではなく、
「手のかかる、生意気で面倒くさい妹」
くらいの認識なんでしょう。で、ビビもそれを肌で感じているから、あんな感じに
フリーダムに振舞えるのだと思います。

でも、ニコロも言ってるように、もうちょっと気をつけたほうがいいと思います。

それと、ミシュガルドは、NGと明記してない限りは乗っかり放題いじり放題ルールなんで、IF展開とか、描いてもいいのよ? いいのよ?



Scene-62_cut-10
[1195: 羽パタパタかわいい <2020-09-26 21:12:55> fIUg5xb.P
[1197] 
隊長可愛いw <2020-09-26 21:31:14> ZwG6GBx1P


隊長だって女の子に戻っちゃう瞬間はあるのです。
そんな瞬間があったほうがいいと思うのです。青春だもの。


Scene-58_cut-01
[1198: ビビその薄着の何処にあの鉱石を仕舞える部分が…?
[1205] 1198だけど思い返したら腕輪みたいなとこから武器出してたな。そこにしまったのか
[1206] ↑ えっ、そうだったの?俺はてっきり胃袋の中にでも入れたのかと・・・
[1207: これビビ売らねぇんじゃねえか下手すると 


はい。ご指摘のように、ファンタジーあるある仕様『いろいろなものがしまえるべんりなうでわ』を使っています。胃袋は使っていません。

胃袋は使っていません。

映画『300(スリーハンドレッド)』でも、あの、筋肉モリモリマッチョマンのヘンタイ300人が、あのいで立ちのどこに、食糧とか水とかプロテインとか、替えのビキニパンツとかしまっていたのか謎なので、まあそんなもんなんですよ。

ちなみに『
300(スリーハンドレッド)』はサイコーの映画なんで、みんな見るといいよー。


Scene-56_cut-24
[1199] 感動するなぁ。。 戦争が残したもの 涙が出ます。。 ちっパイぱんじゃい。。。
[1202] 楽しい団らんから亡き友を想う場面への切り替えがうまい!
[1204] ニコロはクラウスの副官だったんだよな。クラウスが死に戦争が終ったことで表舞台から去ることにしたのか、何か理由があってここに居を構えているのか・・・?


ニコロ関係まとめて。ニコロは決して二枚目じゃないし、叶わぬ恋を引きずってるし、ひどい挫折もしてるし世をはかなんでもいるけど、でも味わい深い『いいオトコ』だよな
今回はそんなオトコを描いてみたかったのだー。


Scene-30_cut-04
[1203: 1泊で帰っちゃったのか。遠出だしもうちょっとゆっくりしても・・・。あっ、2泊のフリをしてシャーレの家に泊まる気か!?

たぶん2泊とかすると、家の掃除とか手伝わされるんですよ(笑)。





もしこのブログより後にコメントをいただけましたら、その返信は、次回更新時のコメ返の時にします。

たくさんのコメント、ありがとうございました!

Scene-41_cut-03
ガリア戦記・演義版』 第12話: ドゥムノリクス・前編
更新しました!

っていうか、更新したの水曜日だけどさ(笑)。
うっかりしてたらこんなに時間がたっちゃった。やれやれ。


Scene-39_cut-04

ツイッターにも書いたけど、
今回の話、面白いと言ってくれる方が多くてほんとうにうれしい!ありがとうございます! ここのくだり、説明も多いし結構複雑だけど、こういうトコをやらないと『ガリア戦記』読んだ事にならないよなって思って、がんばったんですよー。

Scene-40_cut-04

特にここのくだりは、なんというか、ガリア戦記を読む人を激しく選別するパートで、ここで早々と挫折する人がいるんじゃないかと思う。っていうか、僕が初めて読んだ時そうだったんだよね(笑)。

カエサルさんは、口述筆記でガリア戦記を書いたと言われています。つまり、しゃべって、その内容を書記に書かせた訳だね。そのわりに、ほんとうによく整理されているし、理路整然としていて、いやあ頭のいいヒトっているもんだなあ、と思うけど、それでも内容はカエサルさんの思い出した順なんだよ!

Scene-40_cut-03

彼、ドゥムノリクスの事は、戦記の中では、最序盤、ヘルウェティイ族の説明の所から記述があるんだけど、たぶんその時点(たとえば3月28日前後)ではカエサルさんは
ドゥムノリクスに関する情報は知らなかったと思うな。

読んだ限りでは、

・食糧が届かないカエサルさんがいらつく
・ハエドゥイ族の首長たち、リスクスやディウィキアクスの様子がおかしい
・リスクスと1対1であって細かい事情を聴きだす。ドゥムノリクスの名前が浮上する
・カエサルさんもハエドゥイ族に聞き取り調査を行う
・ディウィキアクスに裏をとる
・利敵行為と、情報漏洩の罪で警告する

この時点ではじめてドゥムノリクスのやっていた事を知ったんじゃなかろうか?

まあ歴史家じゃないし、知らんけど。


Scene-41_cut-01

漫画にするときは、それでもあえて最初から「悪役ですよ」って感じで出しておきました(笑)。物語とはそうしたもの。

それと、この戦争におけるハエドゥイ族の重要性というのを、強く出しておきたかったんだよー。カエサルさんはそんな事一言も言わないけど、彼らが敵になったらもう戦争はできない。そのくらい重要です。じっさい7年目とかに裏切られて戦争継続あきらめかけたしね。

それは7年目のおたのしみ(いつになんだ・笑)







ピーちゃんかわいいよピーちゃん


↑このページのトップヘ