こんにちは。床尾です。


またしつこく野菜について語ります。長くなるのでご注意ください。
スマホだと2ページへ続きます。


⬆︎超巨大リーフレタス




私も日々心がけている、カロリーで見て毎日毎食タンパク質と脂質を、糖質よりもたくさん摂るような食事法は、ほとんどの方に、健康促進・ダイエット・身体のパフォーマンスアップを期待できると思っています。
(身体のパフォーマンスというのは、運動能力だけでなく筋力アップ、神経系や感覚などの向上、計算速度向上、抗うつ力、眠気防止、代謝アップなど様々な多くのメリットをひっくるめています)



一概に糖質制限っていうと、間違った認識がかなり多いと思うので、いったん整理しましょう。


糖質制限っていうより、低糖質生活とか、ローカーボ、高タンパク高脂質、などという表現が適していますね。


また、野菜に含まれる糖質、おかずの料理に使う調味料の糖質は、全く構わずに摂取して大丈夫です。


野菜といえど、ジャガイモだけNGです。
トマト、人参、たまねぎ、ごぼう、レンコン、かぼちゃなどに豊富に含まれる糖質は気にしなくてOK。(偏って大量に食べるのはさすがにNGです。)


また、炭水化物は食べても大いに結構ですが、摂としてもなるべく少量だったり、冷たかったり、難消化で、とにかく低GIのものを選びましょう。



真っ白で柔らかくて暖かくて、甘みを感じるようなものはなるべく避けるって考えると簡単です。



甘いデザートはご褒美、ジャンキーだけど幸福に満たされるための嗜好品だと思って、たまにだけにしておきましょう。
少なくとも自分が食べるために買うことはやめて、祝い事か、人にあげるためか、人から貰うものだけにしておきましょう。



また、料理に使う甘味は砂糖の代用品を使いましょう。また人口甘味料は避けます。


カロリーは、人にとってはガソリンなようなもの。

心臓を始め全身の機能をアイドリングし続けないといけませんし、必要な時にいつでもすぐに高いパフォーマンスを発揮するために、ドカンと強く煤を残さずキレイに燃え尽きて、より高いトルクと馬力に変わってくれるものがいいです。


糖質はスピーディーな高級ハイオクガソリンですが、排気量を超える量を摂ると、バックファイアされずに体脂肪として蓄えられます。
(バックファイア:車のマフラーから余ったガソリンが漏れて火を噴くように爆発する現象。昔憧れてましたけど) (ちなみに今では高級なんかではないですね。むしろ最も安価)


そう、発火性の屁としてエネルギーを持って体外に全部出てってくれればいいんですが、そんな機能は動物は持ち合わせていないんです。


余った糖質カロリーは全身を内部から傷つけながら体脂肪にする他に処理方法がないんです。



タンパク質と脂質については、余った分は、身体のタンパク質組織の成長に使われたり、伸びる爪や髪、皮膚の更新と同様に、脳も含め内臓の細胞更新に使われるんじゃないかと思います。たぶん。


もちろんガソリンとしても使われるハイテクな科学エネルギーです。しかし、消化・代謝に時間がかかるので、吸収器官から得るカロリーが総出力に足りない時は、体脂肪とかを燃やして補えるようなメカニズムが働きます。

(ちなみにこの体組織の燃焼メカニズムを止めて吸収増加モードにしようとするのが高GIの糖質の効能です。)



※「余った分は」というより、余らないですよね。むしろ多くの人は足りてないと思われます。



また、脂質については、身体の一部やガソリンとして使えないような、"死んだ油"はNGです。


酸化(サビてる)しきっていたり、体内で上手に代謝できない人工科学物質(トランス脂肪酸)だったり、悪質な油といわれるものです。


これは熱にも組織にも変えられず、皮膚のすぐ下あたりに埋め立てゴミとして溜め込まれてしまう可能性が高いです。これを焼却処分するのはとても困難で、かなりの労力(活動・運動)が必要と言われています。




まとめると、



タンパク質と脂質(良)をたくさん摂って、糖質と脂質(悪)を控える。



ということ。




、、、ここまでは簡単ですよね。



やろうと思えばすぐにできることだと思います。




さて、最強の食事療法を高効率に健全に続けていくためには、ここからさらに工夫しないといけません。




この生きる原動力である熱量を、必須栄養素であるタンパク質と脂質から主に摂るという生活には、必ず



大量の生の葉野菜も食べないと


いけません。



なぜかというと、栄養バランスの偏りを整えるためと、タンパク質と脂質を効率よく代謝・燃焼に利用するためです。また便通も正常化する働きもあります。


葉野菜自体にはカロリーはほとんど含まれませんが、人間に必要不可欠な大切な植物性ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に持っています。体内外のカロリーの代謝・燃焼にも使われるものです。(体外とは食べてから未消化のもののこと)



しかし、野菜にもシュウ酸を始め毒物を持っていたり、殺虫剤や消毒液や保存液が塗ってあったり、そもそも不自然な遺伝子だったりするので、より天然の高品質な生の色の濃い葉野菜をたくさん食べるべきです。



そういう点も踏まえ、この「


高品質な野菜を食べるということが



現代社会では非常に難しい



」ということを、私は痛感しています。



まず外食では不可能。

かなり高級なとこ行かないといけませんが、そんなのは年に数回。

毎日の継続が大切なので、たまにのイベントなら身体に負担かけても娯楽として嗜好品を好き放題食べるべきです。(ほんの少しでも摂り入れるべきではないことは確かですが社会を生きていく上でもそうだし欲がある以上長期継続は無理な話なので程よく開き直って上手に付き合いましょう)


今年は2回、1泊2日の旅行に行きましたが、どちらも野菜不足を痛感しました。キャベツすら足りません。



サービスエリアなんかでは、糖質と悪脂質だけで1000キロカロリーくらいすぐにいってしまいます。好んで食べたくなるものがありませんでした。サラダはどこも売っていませんし。質の悪そうな葉野菜を見かけましたが高GI糖質過多食品に1枚挟まっているくらい。


都心の地元名物を扱うお店でもだいたい同じでした。


でも、もし自分が店を開くと考えれば当然のことですよね、仕方ありません。炭水化物と肉と油は、保存や輸送がわりと簡単で融通が効くし、品質も利益率も高く、美味しさも見た目も高い満足度をもって提供できます。


でも、葉野菜は無理なんです。


圧縮や還元もできないし、冷凍できないし、入れとく冷蔵庫もないし、今日売れなかったら破棄しないといけない。サラダは赤字覚悟・クレーム覚悟の商品といえます。


そいえば昔、ファースドフード店でバイトしてる時に、経営者から面白い話を聞きました。(というか怒られました)



輸入のスライストマト1枚の原価はバンバーグ1個よりもアップルパイ1個よりも高いんだぞ!!!気をつけろォ!!!




トマト20切れを床に落とした時に言われました( ˙-˙ )




いや待てよ?




、、、マジか。




すごいことですね。




しかし、これが現実。




つまり私たちはビジネスの都合で、常日頃から、葉野菜から遠ざけられているんです。(ここに人の悪意はなく、食材の性質上仕方がない)



糖質や加工油食品は特に利益率が高いので、高いお金をかけた魅力的な宣伝広告をバリバリ発信し、消費者がテレビをつけたり街を歩けば、知らずに、なかったはずの空腹感に襲われ、安くて簡単だからつい買っちゃって、不必要な高いカロリーを摂取しすぎて満足してしまう。他人に買わされた偽りの人為的な満足なんですけどね。


こういった経済社会で生活していると、知らぬ間にカロリーはお腹からはみ出るほど足りているのに完全に栄養不足という状態になります。


代謝が落ち、体温も下がり、免疫力も下がり、筋力も運動能力も落ち、シワが増え、抗ストレス力もなくなっていく。集中力もなくなり仕事効率や生産性も低下していきます。同僚や家族にさえ冷たく当たってしまいます。



そして気付いたらなんとか疾患と診断され、なんとか病と言われ、よくわからない薬漬けにされ、貴重な臓器を切除され、余命を申告され、元気とか幸せとか自由を全部奪われてしまう。



話が行き過ぎましたが、その点、新鮮な野菜たちは原価がとても高く、生産も販売もとても面倒で大変で、時間と経費も余ってないので営業や宣伝広告も下手くそで、消費者には見向きもされません。


食材を選ばれる時に、野菜は営業力において魅惑の加工品に勝てるわけがありません。



栄養力は完全に勝っているのにね!!




なので、私から皆様にお伝えしたい。




野菜をたくさん買って食べてください。




自分の意思で見抜いて選択して、料理(葉を洗ってちぎる作業)をするしかありません。



高いお金を払っても他人やお店は用意してくれません。



日本のためにも、純心でホンモノの農家のためにも、新鮮な必須栄養素の生産を応援するためにも、国産高級栄養満点葉野菜を、たくさん買って食べてください!



なにより、自身と家族と国の健康とご多幸のために。




あと、野菜の調達なら直売所がオススメですよ!
私の行きつけは「アルプス市場」です(*'▽'*)


こんなに買って3000円強。品質、鮮度も高くて最高です!一週間分の野菜を買っておきましょう。私はこれでも不足するくらいなので、レタスやキャベツや水菜あたりは平日に23時の閉店ギリギリになってもスーパーへ買いにいってます。
(パンやシリアルや惣菜やお菓子などの加工品、使い切り調味料、パッケージ品は普段から全く買わないので、野菜にお金をかけることは贅沢だとは思っていません。消費が減り、外食の人件費や場所代への出費を抑え、それで節約できている分を肉と野菜と油などの調味料の"質"に投資します。すなわち自分と家族の健康と将来に投資しています)



この地元産のサラダほうれん草という商品、たぶんスイスチャードですが、この深く濃い緑が美しい!強力なフィトケミカルを持っているに違いありせん。これ150円で、大型サラダタッパー4回分あります。


この地元産の水菜も、とても色が濃く、たくましいです!茎が短く硬く、葉が濃くて多い!同じ野菜でも、栄養価は何倍もありそうですね。


こーゆうオシャレなレタスがあると、サラダ食べててテンション上がりますね!



パプリカは国産に限ります!しおれていない新鮮なものでないと。


なんというか、最高級な人参ですね。激安品とはオーラが違います!栄養がたんまり詰まっていそう。


毎日新鮮な最高級サラダが食べれて、調子も気分も上々です⬆︎



トンカツに付けるキャベツだけでは足りず、山盛り葉野菜サラダも追加つけます!どんぶりサラダはお代わりしました。


トンカツ、卵、納豆のタンパク質カロリーがメイン。どんぶり野菜には良質オイルをどっぷりとかけます。

一仕事してから夕方に食べる"朝食"はいつも通り。サラダが美味しいのは幸せですね〜


冒頭の流しからはみ出るほどの超巨大リーフレタス!普通のレタス4つ分はありますが380円。この前デリシアの直売コーナーで見つけた掘り出しものです。いいもの売ってた〜♪


いつも山盛りサラダ8食分くらいをまとめて大型タッパーに作り置きしています。ベースはキャベツ・紫キャベツ・レタス・水菜。その上に濃い葉野菜をいろいろ乗せます。
手づかみで器に盛ればすぐに食べられます!



これほど高級・高品質なサラダは、自分の家でしか食べられません。オーガニックなベジタリアンの店へ行かないと扱われてないです。でも肉魚もたくさん食べたいし、炭水化物は要りません。やっぱり自宅しかありません。

"和風MECベジタリアン"の店とか流行ってくれたらいいのにな〜
(MECとは、ミート・エッグ・チーズがメインの食生活のこと)




以上。
食事改善のコツについてのお話でした。
長々と読んでいただき本当にありがとうございました。



スタジオコア パーソナルトレーナー 床尾