2005年02月05日

狛江市エコルマホール公演

2月5日(土)晴れ
狛江市エコルマホール公演本番。9:00から仕込み、12:30場当たり、15:00〜16:00ワークショップ、16:30〜18:00ゲネプロ&ビデオプロモーション札縁&写真撮影、19:00本番、20:30〜撤収、打ち上げという目一杯のスケジュールの詰まった一日でした。
本番開始前30秒、今まさにステージへ歩みだそうというときに、スタッフの金山さんが血相を変えて舞台袖に飛んできました。何とソプラノ楽器を支えていたワイヤーが外れて楽器が倒れそうになっているというではありませんか。前代未聞の大ハプニングです!開演直前の静まり返った客席内に大慌てで釘を打ち込むコンコンいう音が鳴り響き、「これから調弦を行ないますので少々お待ちください」というアナウンスが流れます。私も衣装のまま舞台に飛び出しすばやく音を合わせました。
終演後、プロデューサーの八重樫が「開演前のドタバタの意味がまったくわからずなぜなかなか演奏が始まらないのかやきもきしていた」と立腹の様子なので事情を話すとびっくり仰天していました。
公演そのものは順調でした。心配されていた集客のほうも350人〜400人の人が集まり、元狛江市児童館館長、大和さんの「狛江にアートを」という御遺志はみごとに受け継がれたのではないでしょうか。
コンサート自体としては、沢山反省点もあります。まず730人のキャパをまつステージを創るにしてはあまりにタイトなスケジュールで、楽器の設置上での工夫(立体的に見せるなど)、音響のバランス、照明とのタイミング合わせなど手探りのまま本番へ突入してしまった感があります。演奏者のテンション、観客との一体感も最上とはまだまだいえない出来でした。まだまだ修行が必要ですね。

<コマエでハッと!フッと!ホッと!アート!!!>
新井英夫 パフォーマンス 13:30〜14:30 狛江駅周辺

浅井真理子 映像展示 エコルマホールロビー

新井英夫+ストリングラフィ ワークショップ 15:00〜16:00 エコルマホールロビー

ストリングラフィコンサート 19:00〜20:30 エコルマホール
美しく青きドナウ、大きな古時計、忍たまらん太郎、戦場のメリークリスマス、もののけ姫、アイネクライネナハトムジーク、佐渡おけさ、森の記憶、トカトカ、Fading Autumn、パレード、ジュトゥヴ


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/studioeve/13792219
この記事へのトラックバック
戦場のメリークリスマスの最新情報をチェック!ad2();        ...
戦場のメリークリスマス【[TW] HOTWORDS】at 2005年08月29日 01:54