ソフトバンクモバイル、ホワイトプラン発表


どうも、あまりにも衝撃を受けたので思わず急遽大学から投稿です。


月額基本料980円。
…例えば、ウェブをよく使うが、通話(他社と)はそんなにしないという方。その場合、単純計算で980円+315円+4410円(パケット使い放題)=約5700円で大満足だ。(6000円で足りる計算。さらに、そこまでパケットを使わなかったらもっと安くなる)

… 例えば、メールと電話は他社自社問わずよくするが、ウェブはあんまし…という方。その場合、980円+315円+ちょっとだけ使ったウェブ代金+メール送 受信料約3円ずつ、電話代(共に他社との場合を指す)だけでよいから…送受信平均200ずつ程度なら1200円なので、後は他社との電話次第で3000 円を切ることも可能。

極めつけは…ウェブをよく使わず、運よく周りがSBユーザーばっかりという方。東海地方や九州地方なら有り得ますが…。
その場合、980円+315円+ちょっとだけ使ったウェブ代金、他社とのメール送受信料、他社との電話料金だけでよいので…この時代に夢の2000円割れも可能である。


なぜこんな破格プランを設定したのか。
当然新規顧客を増やすのが主要因であろうが、もう一つあると推測する。
それは…
プラン変更による契約解除料目当てではなかろうか。
…疑いすぎ?(笑)

この会社は、さりげなく儲ける能力に長けている。
まぁ以前はやりすぎた感があるが…(苦笑)。

この会社に必要なのは、「アッと驚かす・一度立ち止まらせる」、柔軟に物事を捉えることのできる人間。
それが、たとえ少々オーバーになってもよい。…なぜなら、最も購買意欲をそそる要素である「イメージ」を、少なからず植えつけることができたのだから。

僕も加入しているゴールドプラン+スーパーボーナスは、衝撃であった。
そ れで僕を含めある程度の顧客がソフトバンクに加入(ここでは、ボーダフォンユーザーも一応「ソフトバンクへ加入」という形をとります)したわけであるが、 同時に、「この会社なら、もっとなにかをやらかしてくれる(いい意味で)のではないか」という期待をもたせることに成功した…。

…実際、僕はさらに「もっと、もっと」という期待がある。それを植えつけることのできた新規参入のソフトバンクモバイルは、少なからず順調に軌道に乗っていっていると思う。


実際に、「ヤフージャパン」として巨額の利益をあげているソフトバンク。
「なんだかんだで彼らの思うツボ」となる世界を、僕は結構楽しみに待っている。

…あっ、僕は別にまわしもんではないですよ(笑)。