S T U D I O T & Y

創業41周年を迎えた老舗のシルバージュエリーブランド。

カテゴリ: 高円寺北口店

北口店通信

高円寺北口店は棚卸し作業の為、次の3日間臨時休業とさせて戴きます。

9月16日(水)
9月17日(木)
9月18日(金)

3 (4)


-Text and photo by Shige-kun

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0394


親子三代揃ってお出掛けジュエリーショップ。

仲良し!

写真右のご本人は国立時代に学生で、これはその時のタタキペンダントだと見せていただきました。本当だ……太陽の金付きにライトニングの刻印ですね。

おそらくNS04-K2402だとオーナー朋未さん情報。「国立時代は学生で久しぶりにT&Y(北口店)に来た。まだ高円寺本店には行ったことない」というお客様は以前からかなりいらしてて、例えば前回の記事とは連続ですね。

考えてみるとこの世代、働き盛りで「駅前数分なら」「高円寺の商店街に遊びに行くついでなら」ちょっと寄れる、という忙しい方も多いようです。


娘さんはタトゥーチョーカーにリボンというセレクトでかわいいやらクールやらで、考えるより先に「かわいいいい」と声に出てしまいました。

でも三人の一番の装いは溢れる笑顔。こんな家族関係良いですね。 (ご本人の「顔出しまかりならぬ」に気を取られて娘さんとお母様の了解をとり忘れてしまい、涙のぼかし処理。笑顔、お気に入りです。

約二十日遅れでお写真を頂いた方々のご紹介をし終えました……と、思ったらまたお二人。ありがとうございます)


photo & text by shige-kun

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9460



IMG_9462



北口店で売れ行きナンバーワンを誇る、「北口のエース」こと、リングフェザーのチェーンネックレス(NFRU01-CL604C)がオンラインショップでもお求め頂けるようになりました。

チェーンの長さも40㎝、45㎝、50㎝、60㎝からお選び頂けます。


しばらくの間はトップページのpick upのトップに置いておきますね。


NFRU01-CL604C 45㎝

¥8,316-税込


photo & text by Tomomi 

このエントリーをはてなブックマークに追加

【北口店通信】


IMG_8531



画像が全てですが……こないだほのめかした #お客様は驚愕のカスタムをされ、のお話です。

「ええ……このネタ記事にして良かったの?」2月21日の本店投稿「先日のびっくりカスタム」を読んだ僕は、オーナーぶっ飛んでるなあってドキドキしました。


これ、やってる最中頭の中が「???!??!?」で、「なにか法に抵触してないのか??」とか、違和感の塊というかジョウロでコーヒー淹れるはめになるとか新品の300円の歯ブラシでシンク掃除しちゃったとか、そういうチグハグな感覚。

 お客のピアスホールに、巨大な針金(銀です)の輪を通して、ペンチ2本で掴んで、眼前に柔らかな耳たぶ、金属の塊、ごつごつとした工具、汗、強く挟み込み、滑りそうな手、めき、めきっ……

 僕は今どこで何をしているんだこれ?


こんなの絶対おかしいよ。


そんなわけでT&Yでは本店・支店共に細かなカスタムパーツをおひとつから販売しております。皆様もこんなアイデアを参考に…………参考になるのかしら。上級者への道が霞んで遠い。


丸カン PMK01 ¥1,780税込 

丸カンです……ピアス……そりゃなんだって通せばピアスだけど丸カンです……多分(常識が揺らいできた)。


photos & text by Shige-kun, “PMK01” photo taken by Tomomi





このエントリーをはてなブックマークに追加

【北口店通信】

IMG_8345

IMG_8346

NRO01 HPX16050 ¥32400税込


前回がNR02でしたね。
今回はNRO01です。目が滑りそう。
さてNecklace Ring、NRのどんなバリエーションなのだろうと思ったら
NRO
「N」ecklace「 RO」ck art。
NRのRとなんの関係もなかった。
自由ですね……

半人半獣の奇妙な姿が高インパクトですがこれが「メディスンマン」と呼ばれるインディアン社会での呪術師・祈祷師であることは僕も予習済みです。
つまり岩に彫りこんだ絵って事ですね。元ネタを検索してみました!
いっこも同じ絵が引っかからない……
もしや国会図書館とか大学所蔵文献にでもあたらないと出てこないのかしらんとオーナー朋未さんに聞いてみたら
「村田高詩の創作」
自由過ぎでしょ……

でも神秘的ですね。たしかに岩絵の様々な特徴の延長にあるモチーフで本当にあってもおかしくありません。
で、体の各部位が動物になってるみたいだけどこれはそれぞれなんでしょう?
蹄が鹿っぽいから頭のは鹿の角じゃなくて、羽根飾り?
「それは鹿の角」
うええ?じゃあ右手のは鹿じゃなくてコヨーテかな?
「うんコヨーテでいいや」
いいやってどういうことやねん。
「だってお父さんに聞いたらみんな『どうぶつ』って答えるんだもん」
自由かよ!

僕が妄想するに要素を分析的に組み合わせたのではなく様々の要素の膨大な知識を背景として総合的に「あり得るだろう岩絵」を想像したら本質を創造してしまったのかな、と。
造った本人にさえ分析対象になり得る。それはもはや本物と変わらないかも。

裏面にはインディアンモチーフが17個も彫られています。幸運だらけです。勿論最上級の幸運モチーフサンダーバードも頂点に居ます。
あと平たくずっしりしているのが銀貨っぽくて「おっと、これだけありゃ今夜の宿には困らなそうだぜ」みたいな遊びとかもできます、しました。
自由ですね。

IMG_8347



photo & text by shige-kun

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ