S T U D I O T & Y

創業41周年を迎えた老舗のシルバージュエリーブランド。

カテゴリ: ロックアート

IMG_2638


IMG_2613
IMG_2614


NRO03 K2402 ¥11448税込


皆さん、ヤギはお好きですか。

写真撮りながら「これ紹介済みな気がする……」ともやもやしつつ「気のせいだろう」と編集作業全部終えて投稿用画像ファイル揃えて眺めてたら「やっぱ紹介してたわ」と思い出したヤギのペンダントトップ。

再び気になって手にとったということは僕ヤギ好きなんかな……。

あんまり日常でヤギについて考えたこと無いので好きなのかとか聞かれても困っちゃいますよね。

「ヤギは気性が荒い」と聞くことはあるのですが、実際にヤギの方と交流させていただいたことも無いのでそんな風評に流されるのも悪い気がします。


いい加減、ちょっとヤギから離れてペンダントの紹介しましょうね。

メタルプレートに、えーと偶蹄目の、なんかどうぶつがあしらわれてるのですが、

……

…………

皆さん偶蹄目って今無いってご存知でした!?

検索したらくじらぐうていもく?って出てきたよ?

え?ヤギとクジラって同じ目なの??

なんか、特にカバがそうみたいだけど、クジラと似た特徴をいくつか持っていてそれはたまたま似ちゃったんだねって従来説明されてたのが間違いで、分子系統解析によってこれらの特徴が実際に同一起源で、海棲適応がクジラ目、陸棲適応グループが偶蹄目だった事が判明して近年「鯨偶蹄目」に統合されたのだとか。

マジで?ヤギってクジラなの?(違う……)

ものすごい混乱しているのですが、ヤギの腰を覆う様にちょこんとのった24金のポイントがラクダの荷物みたいでかわいらしいです。

ヤギレリーフの印象の強さで小さなポイントでもちゃんと全体にバランスがとれてます。

チェーンはCL404C45、T&Yブランドで一番細いチェーンです。

そんな繊細なチェーンにぶらさがる表面とくるっと異なる背面はイーグルの編隊に天を裂く巨大な稲妻という、意味を調べなくてもどちらも空を疾く駆け抜ける方々で荒々さが叩きつけられる様なイメージです。

とてもヤギが生き延びられる環境じゃないと思いますが、でもクジラ……クジラかあ……。 それとこの丸カンのロウ付けは大変な気がします。トップの穴がタイトで、ロウがちょっとでも崩れるとひっかかるからです。

ものすごくまとまりなく混乱した紹介になりましたが繊細さと24金の豪華さ、ゆったり感と疾走感、相反する要素がまとめられている面白いペンダントです。

最後には素敵アイテムだとわかって良かったのですが書き始めた時は本当にどうなることかと思いました。


あと自分の過去記事確認しなおしたらやっぱりこれ紹介してませんでした。

なんだそれ。

インディアンモチーフでヤギがなんなのか知りませんが僕にとっては「混乱」です。


photo&text by Shige-kun


このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の閉店滑り込みで書かれたしげにっき 。

アップが遅れてしまいましたが…


昨日の夜のテンションで読んでやってください。

by Tomomi 

IMG_8588

IMG_8590

IMG_8591


【北口店通信】


今日は平日にも関わらずお客さんに沢山来ていただきました。い、忙しかった(嬉しい悲鳴)。ありがとうございます。

現在20:30、閉店まで30分。商品紹介記事、今日はもう無理だ間に合わない……

いや……

いや無理じゃない!

春だから!

春だ!

ビーズの季節だ!

誰が決めた?

お客様、あなたたちだ!

君たちがビーズを手に取る!ホワイトハートの白がクリアガラスに透けて春の陽光に美しく輝く!ビーズの季節が来たと思い出す!

トップのお馬さん親子なんか親の方が明らかに浮かれている程に――春だ!

お馬は走る!

君たちも走る!

さあ、T&Yへ!

店舗は狭いけど支店の方がネックレスのセットアップは多いんだ!

※全体的に勢い余る敬称(?)略

春って胃の底あたりから良い意味でムカムカと浮かれて来ませんか?

僕はそうです。草花の香りが空気に混じり始めるともうウキウキが止まりません。

ネックレストップ、裏側には昨日の鳥さんが居るじゃないですか。

朋未さんに昨日「村田高詩初期のイーグル」だと教わりました。

イーグル、お前だったのか…

BN12WT ¥17,496税込

IMG_8589


photo & text by shige-kun



このエントリーをはてなブックマークに追加

【北口店通信】

IMG_8345

IMG_8346

NRO01 HPX16050 ¥32400税込


前回がNR02でしたね。
今回はNRO01です。目が滑りそう。
さてNecklace Ring、NRのどんなバリエーションなのだろうと思ったら
NRO
「N」ecklace「 RO」ck art。
NRのRとなんの関係もなかった。
自由ですね……

半人半獣の奇妙な姿が高インパクトですがこれが「メディスンマン」と呼ばれるインディアン社会での呪術師・祈祷師であることは僕も予習済みです。
つまり岩に彫りこんだ絵って事ですね。元ネタを検索してみました!
いっこも同じ絵が引っかからない……
もしや国会図書館とか大学所蔵文献にでもあたらないと出てこないのかしらんとオーナー朋未さんに聞いてみたら
「村田高詩の創作」
自由過ぎでしょ……

でも神秘的ですね。たしかに岩絵の様々な特徴の延長にあるモチーフで本当にあってもおかしくありません。
で、体の各部位が動物になってるみたいだけどこれはそれぞれなんでしょう?
蹄が鹿っぽいから頭のは鹿の角じゃなくて、羽根飾り?
「それは鹿の角」
うええ?じゃあ右手のは鹿じゃなくてコヨーテかな?
「うんコヨーテでいいや」
いいやってどういうことやねん。
「だってお父さんに聞いたらみんな『どうぶつ』って答えるんだもん」
自由かよ!

僕が妄想するに要素を分析的に組み合わせたのではなく様々の要素の膨大な知識を背景として総合的に「あり得るだろう岩絵」を想像したら本質を創造してしまったのかな、と。
造った本人にさえ分析対象になり得る。それはもはや本物と変わらないかも。

裏面にはインディアンモチーフが17個も彫られています。幸運だらけです。勿論最上級の幸運モチーフサンダーバードも頂点に居ます。
あと平たくずっしりしているのが銀貨っぽくて「おっと、これだけありゃ今夜の宿には困らなそうだぜ」みたいな遊びとかもできます、しました。
自由ですね。

IMG_8347



photo & text by shige-kun

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前のカスタムネックレス。

IMG_2939


卵型のロックアートトップをホワイトハートと銀ビーズで組み、バックにナジャを垂らしました。

ナジャを垂らすチェーンにはアジャスターチェーンを使用。長さの微調整が出来ます。

IMG_2940


サイドと首の後ろに入れた白のホワイトハートがアクセント。

トップの古美に合わせた燻し銀ビーズが全体を引き締め、小振りながら存在感あるネックレスに。

IMG_2942

IMG_2938

STUDIO T&Y 
代表 村田朋未
【本店】
166-0003
東京都杉並区高円寺南2-37-14
クレシェンド高円寺 1F
03-6310-0770
【高円寺北口店】
166-0002
東京都杉並区高円寺北3-2-14
(甘味屋あづまさん隣)
03-5327-8698

Official site
ONLINE SHOP 
Mail
Yahoo shopping 






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ