S T U D I O T & Y

創業41周年を迎えた老舗のシルバージュエリーブランド。

カテゴリ: 一点モノ

IMG_4560
IMG_4558
IMG_4595

やっとやっとお届けすることが出来たマリッジリング。
北の大地のお客さま。
昔、父の代の頃、北の大地にも取り扱い店がありました。その時にT&Yを知って頂いたお客さまです。
お問い合わせいただいて、メールや電話で打ち合わせを重ね、サイズ確認やフィッティングはテレビ電話で。
スマホの画面越しに、初めてお二人のお顔を拝見した時は嬉しかったです。

縁潰しの半面唐草彫りリング、奥様はシルバーのみでダイヤ留め、旦那様は金貼り。
ペアでありながらもそれぞれの好みを反映したマリッジリングになりました。
無限につらなる唐草のように、末長くお幸せに。
いつか、お会い出来たら嬉しいです。

photo & text by Tomomi 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4570

IMG_4568
IMG_4569
IMG_4567


長財布を求めてご来店のお客様。

コンチョはオンラインショップで検討し、ほぼ決まっていたのですが、ショーケースに置いてあった手彫りの極厚コンチョに一目惚れして即決。ハトメもT&Yハトメにカスタム。

重厚な存在感。


photo & text by Tomomi 

このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

IMG_3425


「ヘドウィグ&アングリーインチ」で歌われる愛の起源のようなトップ。

父がこのデザインを考案したのは奇しくもジョン・キャメロン・ミッチェルがオフブロードウェイでミュージカル「Hedwig and the angry inch」を発表した頃。もちろん父はそんなことなど知る由もありませんでしたが

それからずっと後。

私はパフォーマーとしてヘドウィグを題材にした作品に参加し、かたわれの物語を演じました。

不思議な縁を感じると共に、改めてこの物語のテーマの普遍性を感じます。


*金貼りペアトップは全て一点ものです。唯一無二のかたわれ。


The Origin of Love

 

昔々、この地球がまだ球体ではなく、まっ平らだったころのお話よ。空に浮かぶ雲は炎で創られ、山々は天まで伸びて・・・・時々、突き破ったりしてたんですって。まぁ、大体そんな頃のお話し―――――――この地上をぶらつく人間は、まるで転がる大きな樽のようだった。二組の腕と二組の脚を持ち、つまり腕が四本に脚も四本、それと二つの顔がくっついたようなでっかい頭を持っていたんですって。だから、本を読みながらおしゃべりもできたし、同時に360度グルっと見渡すこともできたわけ。今の私たちからすると、万能な生き物だったのね。まぁ、道具を使い始めた私たちは、またこの万能とやらに逆戻りしてきているのかもしれないけど。でもね、この頃の人間といったら、愛のことなんて何にも知らなかったの。だってこれは、まだ愛が生まれるずっとずっと前のお話し。

 

When the earth was still flat,

And clouds made of fire,

And mountains stretched up to the sky,

Sometimes higher,

Folks roamed the earth

Like big rolling kegs,

They had two sets of arms,

They had two sets of legs,

They had two faces peering

Out of one giant head

So they could watch all around them

As they talked while they read

And they never knew nothing of love,

It was before the origin of love

The origin of love

 

そんな時代には三つの性別があったんですって。ひとつは、二人の男が背中合わせにくっついたような形。これは太陽の子って呼ばれていたの。それとよく似たもうひとつは、地球の子って呼ばれてた。それは二人の女がくっついたような形。そして最後に、月の子供っていうのが、まるでフォークスプーン。半分太陽で半分は地球。つまり、男と女の組み合わせ。

神様は、この万能すぎる図太い人間の反乱をとても恐れるようになったの。あるとき、雷神トールがこう言ったそうよ。「巨人たちを始末してやったように、私のハンマーで人間どもを皆殺しにしてやろう」すると、大神ゼウスが割って入ってこう言ったの。「いいや、わしのこの雷のハサミを使ったほうがいいだろう。クジラの脚をちょん切って陸では生活できなくしてやったし、恐竜も小さく切り刻んでトカゲにしてやったのだ」そういうと、稲妻をつかみあげ笑ってこう言ったそうよ。「真っ二つに引き裂いてやる」


すると、天にはたちまち雨雲が立ち籠め、炎のボールができあがった。そして次の瞬間、ゼウスの手によって、その炎の塊が天空から地上めがけて撃ち落されたの。それはまるで、光るナイフの鋭い刃のように、太陽の子供、地球の子供、月の子供の肉を引き裂いた!

 

And then fire shot down

From the sky in bolts

Like shining blades

Of a knife

And it ripped

Right through the flesh

Of the children of the sun

And the moon

And the earth

And some Indian god

Sewed the wound up into a hole

Pulled it round to our belly

To remind us of the price we pay

And Osiris and the gods of the Nile

Gathered up a big storm

To blow a hurricane

To scatter us away

In a flood of wind and rain

And sea of tidal waves

To wash us all away

And if we don’t behave

They’ll cut us down again

And we’ll be hopping around on one foot

And looking through one eye

 

Last time I saw you

We had just split in two

You were looking at me

I was looking at you

You had a way so familiar

But I could not recognize

Cause you had blood on your face

I had blood in my eyes

But I could swear by your expression

That the pain down in your soul

Was the same as the one down in mine

That’s the pain

Cuts the straight line

Down through the heart

We call it love

So we wrapped our arms around each other

Trying to shove ourselves back together

We were making love

Making love

It was a cold dark evening

Such a long time ago

When by the mighty hand of Jove

It was a sad story

How we became

Lonely two-legged creatures

It’s the story of

The origin of love

That’s the origin of love

 

その後の人間がどうなったか、もうみんな知ってるわよね?そう、自分の片割れを探し始めたわ。誰かを求めてはひとつに戻ろうとするわけ。それが、セックス。愛を創る行為―――――メイキング・ラブ……こうして愛は生まれたんですって。


Lyrics by STEPHEN TRASK

Translation:Yusuke Hayashi 


photo & text by Tomomi 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3519

先週とは雰囲気の違うペアリング作ってみました。
こちらもまだいろいろ加工しなければいけないのですが、かっこいいなー、と自分にもつくってみたくなりました。

photo tetsu
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1097
IMG_1100
IMG_1101
IMG_1091
IMG_1090
FullSizeRender



金貼りトップと革紐、ビーズカスタム。
先日のインスタライブを観ていただき、お客様のご希望を伺いながらのリモートカスタムで作ったネックレス。
左右が微妙に違うアシメデザイン。
#ステイホーム が終わっても、ご来店が難しい遠方のお客様とのカスタム相談にはオンライン配信やビデオ通話が非常に有効だと思いました。
配信は週一くらいのペースで続けたいと思います。
わいわいしながら作ってゆくT&Yのカスタムの雰囲気を体験して頂けたら。
一方通行ではない、相互のコミュニケーションから生まれるアイデアがT&Yの醍醐味のひとつだと思います。

photo & text by Tomomi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ