S T U D I O T & Y

創業41周年を迎えた老舗のシルバージュエリーブランド。

カテゴリ: ヒストリー


*だいぶ間が空いてしまいましたが…3/10投稿の北海道編からの続きです。



国鉄を辞め、生まれ育った北海道を出て、布団と画材とわずかな衣類だけを背負い汽車で上京した父。

国鉄時代に貯める筈だったお金は結局貯まらなかった。貯金はほとんどない。

先ずは、一足早く上京していた知人のアパートに転がり込んだ。

札幌のデッサン教室で知り合った翼夫(ヨクヲ)さんは桜ヶ丘に六畳一間の部屋を借りていた。

六畳一間。

ヨクヲさんもよく転がりこませてくれたものだと思う。

ヨクヲさんはマネキン会社「七彩」の試験採用中だった。遅れて上京した父は、自らもこの試験採用に無理矢理潜り込んだ。

(*七彩=今年で創業73年を迎える老舗かマネキンメーカー。初代社長の向井良吉氏は彫刻家でもあった。)

試験採用期間は半年。

マネキン会社で働きながら、日々画廊を回った。

ときわ画廊、田村画廊、シロタ画廊、ルナミ画廊、南画廊、東京画廊、南天子画廊、村松画廊、荻窪画廊

60年以上経った今でも父の口からは当時の画廊の名前が次々と出てくる。

その大半は、今はもうない。

村松画廊で父は、のちに世界的な現代美術家として活躍する真板雅文さんに出会う。

下駄履きに風呂敷というこ汚い格好で画廊巡りをする父を真板さんは面白がり、何かと面倒を見てくださったと言う。


七彩での半年の試用期間はあっという間に終わり、父とヨクヲさんは不採用となった。

「油粘土でマネキンの試作やらされたんだけど、筋肉質で不細工なのが出来てなこりゃダメだと思ったよ。金内は道連れでクビになったようなもんだな」

と父は笑った。

六畳一間に押しかけられた上に道連れにクビになるとはヨクヲさんもとんだ災難である


七彩をクビになった後、父とヨクヲさんは横浜港で沖仲仕(おきなかし)をして食いつないだ。

沖仲仕とは

港に着いた貨物船からの荷下ろしや荷揚げをする人のこと。朝、指定された集合場所に行くと、手配師が居て、必要な人数だけトラックに乗せられて現場に運ばれる、要は日雇い労働者である。


船は、憧れの国の匂いを運んできた。

ゴミ箱に捨てられたカチカチになったフランスパン。麻袋からこぼれたカカオ豆やコーヒー豆。


沖仲仕の日は沢山ポケットのついた服を着て行って、床にこぼれた豆やカチカチのパンをポケットいっぱいに詰めて帰った。



住込みの新聞配達もして、個展を開く為の資金を貯めた。

一年間かけて貯めた個展資金を持って、父はある画廊に予約申し込みに行った。

その日受付にいたのは、武蔵美を出たばかりの笹山由美子(後の母)だった。

持って来たお金を払おうとしたが、見つからない。

部屋に置き忘れたのか、と思い寮に戻って探したが見つからなかった。

その日の夕方から同僚が消え、それきり帰って来なかった。


一年間の蓄えを全て失った父は、友人知人から借金をしてなんとか個展の申し込みをした。

村田高詩22歳、笹山由美子21歳。

そんな風にして二人は出会った。

FullSizeRender


申し訳ありませんが今週は村田朋未出張のため不在となります。


とりあえずお気に入りの家族写真載せときます。

母がゴローさんのナジャネックレス着けてることに気付きました。母はこれ、今でもずっと着けてます。

因みにかつて雑誌でゴローさんの写真を見て「この人のところに行ったらいい!行くべき!」と父に猛烈に勧めたのは母だそうです。


それで父はとにかく履歴書を送ったものの、気後れして電話することが出来ないままに一年が経ってしまっていたそうです…引っ込み思案か!!

そういうとこ、似ちゃった気がするよなあ、と思いつつ。

IMG_7880


 text by Tomomi 

IMG_8520

IMG_8521
IMG_8522


村田高詩HISTORY、始めます。

第1話は北海道編。


*写真は上京したばかりの頃。20代前半。



私の父、村田高詩は北海道は滝川で生まれ岩見沢で育った。

未熟児で生まれ、体はあまり強くなかったものの手先が器用で、雪で二階建ての城を作ったり、柳の枝で弓や木刀を作っては友だちに配るような少年であった。

まだ小学校に上がる前のこと。

仲良くしていた向かいのお家の倉庫の中から幼い父は画集を見つける。

それは西洋の名画集だった。

「こんなのが描けたらいいなあ、って思ったんだ」


それからはチラシの裏にマンガから写実画まで何でも描いた。

美術の時間だけ、人気者だった。


土器や石器を拾い集めるのも好きだった。

「春になって畑を耕すとな、いっぱい出てくるんだよ。」

時折、珍しい石も見つけた。

「変な石拾ってな。調べたら『タカシコゾウ』って名前で。小学校の校庭から出てきた。」


( *夢かな…?と疑いましたが、本当でした。

高師小僧=土中で生成される褐鉄鉱の固まり。代表的なのは愛知県豊橋市ですが、北海道からも出ています。下手したら天然記念物。)


決して裕福な家庭ではなかった。

母親の希望で農業高校に進み、国鉄に就職した。

当時の国鉄職員は公務員であり、安定していたが仕事は厳しかった。

とりわけ、狭い足場を飛び移り、列車を連結する作業は危険で、運動神経のあまり良くない父にとっては心底恐ろしかったという。


そんな国鉄時代も、父は絵を描き続けていた。

駅前に古本屋があり、「美術手帖」を読み漁った。

美術の中心は東京だった。

東京に行きたい、現代美術がやりたい、と思った。


当時高校職員で、札幌で頻繁に個展を開いていた、「タムラヒロシ」さんという人がいた。

( * 2005年に亡くなられた画家であり彫刻家の田村宏さんのことだと思われる。戦後の北海道美術の歴史を画する前衛グループ展の多くに参画しておられたという。)


「タムラさんに、『絵を見てください』ってな、絵、描いて見せに行ったんだよ。札幌に。」

「そしたら『全道展に出してみたら?』って言われて…その頃は画材が高くて買えないからさ、ベニヤにペンキで描いてたんだよ。

だけど全道展出すのにベニヤにペンキって訳にいかないから、油絵の道具を初めて買って、ペンキの絵を描きなおしたんだけど、上手くいかなくてな。

締め切りに間に合わないし焦って、仕方ないからその時描いてた50号の絵、まだ乾いてないのを二枚合わせて、剥がして、ちょっと直して出したら入選しちゃった。国鉄入ってすぐの頃だな。」 


当時札幌には「しの(字は不明)」という有名なジャズ喫茶があり、そこで何度か個展を開いた。

「(しのの)ママがカッコよくてな。いっつもスケッチブック持って行って、絵、描きながらコーヒー飲んで帰って来てた」


長男である父は、祖父母の希望通り国鉄に就職したものの、ずっと勤め続けるつもりはなかった。

「3年間、国鉄に勤めている間に絵の勉強をして、お金貯めて東京に出る」

それが父の計画だった。

三年経ったがお金は貯まらなかった。

画材が高いし、絵を描いて個展やってたらお金なんてちっとも貯まらない。

でも、もう限界だった。

東京に出たい思いも、列車から列車に飛び移る恐怖も。

「もういいや、貯まったことにしよう、と思って」

父は東京行きを決めた。


1960年代に、北海道の貧しい家庭の長男が公務員の座を捨てて、現代美術を志して東京に出る。


祖父は意外にも反対しなかった。

NHKの集金人だった祖父は、職業柄バイクの振動で胃をやられ、定期的に入院していた。

「入院すると、親父、絵ばっか描いてたんだよ。親父も本当は何かやりたかったんじゃないかな」


祖母は父が幼い頃に結核の治療薬、ストレプトマイシンの副作用により聴力を失っている。

父は決意の程を手紙を書いて祖母に渡し、国鉄の仕事に出た。

帰宅すると、「絶対ダメ!」と言われた。

一年近くかけてこれを四回繰り返したところで祖母も諦めた。


そうして三年勤めた国鉄を辞め、布団一式と画材と、僅かな衣服と共に汽車に乗り、父は上京した。


つづく。


IMG_8322


UNCLE TOM→WHITE WHALE 時代まではレザー商品中心でした。

何気に営業時間が…11:00AM〜11:00PM…!

カバン屋が夜11時まで開いてるとか一体。

ご飯はどうしてたんだろうか…交代で食べてたんだろうか。

ご飯のことは思い出せませんが、夜中2時くらいまで仕事してるのがデフォルトでした。

私はもちろん寝てましたけど、仕事する両親をうさぎのクロベエがいつもウトウトしながら見守ってました。


普段は休みなく働いて、夏に思い切り一カ月くらい休むというスタイルを6年くらい、やっていたと思います。

text by Tomomi 

↑このページのトップヘ