【HAL通信】

2017年4月。

40周年を記念して展示会を行った際、お客様所有のアイテムをお借りして、多数展示していました。

その時、撮影したのが、こちらのウォレット。

IMG_8729

IMG_8730
IMG_8731
IMG_8732
IMG_8733

レザーには、カーヴィングが施され、コンチョは金貼り。


撮影していて、とても楽しく、ドキドキしました!

カーヴィング部分に、ここまで寄って撮影したものを、観たことがなかったですから。


滑らかな革を、迷いなく切り裂いていったのであろう、流麗なカーヴ。

ねじれている革の繊維を眺めて、制作時の動きを想像する。


金貼りのコンチョは経年変化で、とても美しく、唯一無二の色を成していて。

けれども、革は、とても綺麗で、まるで新品のような艶と美しさで。


全体を収めた写真を観ていると『芸術作品』に見えてなりません。

ただただ、美しい。

それしか、出てこない。


現在、ショップでは【新品への、お任せカーヴィングのみ】受け付けているそうです。

コンチョは、金貼り&手彫りゆえ、同じものは存在していないですけれど、似た構成のウォレットを手にすることは可能なはずです。


もしも、こんな感じのウォレットを手にしようと検討している方がおられましたらば。


『財布/ウォレット』を購入する。

というよりも。

『作品』を手にして、自らの手で、美しさに磨きをかけていく。


そんな気持ちになれるアイテムを手にして、毎日、惚れ惚れと、眺めて、愛おしんでいただきたいなぁ、と思うのです。

それこそが『愉しみ』じゃないでしょうか。

毎日を、豊かにしてくれるパートナーのような存在だとも思います。


STUDIO T&Y のウォレットをカスタマイズして所有するってことは、毎日を『愉しみ』の中で過ごしていられる権利を手にすること。


そんな風に思うのです。


photo & text by HAL


HAL = 現在のSTUDIO T&Y Oficial site、ONLINE SHOP 、ロゴデザインなどのブランドコーディネートを一手に担当するデザイナー。