2019年07月

2019年07月30日

【ピックアップWUUライブ!/9月】

♪沖縄の風、アルゼンチンの熱気、それから、それから? 9月も充実のライブが盛りだくさんのWUUです♪
(詳細は、WUUのHP「スケジュール」にてご確認ください→http://www.wuu.co.jp/)

*****
♪9月13日(金曜日)
南風の伝言 〜沖縄・島唄コンサート〜
出演=大工哲弘(うた・三線)大工苗子(琴・囃子・踊り)大城朝夫(太鼓)
●Open 18:30 Start 19:00
●予約/当日とも¥3500 +ドリンク代

主催者の熱き想いに応え、WUU初出演を果たす大工(だいく)哲弘さん。沖縄県八重山地方に伝承される八重山民謡の第一人者であり、沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者にも指定されている大工さんの豊かな声量、節回しには、聴き手を引きこむ力があります。その力や技術を支えているのが「民謡はひとつの地域だけのものではなく、全世界共有の財産である」という信念。だからこそ、日本のみならず世界各国で多くの人に支持されているのだなと、深くうなずいてしまいました。「朗々と歌うこと」を持ち味とする八重山民謡、大工さんの心を震わす歌声と三線の音色に、ぜひ触れてみませんか♪

*****
♪9月22日(日曜日)
〜Studio WUU 20th Anniversary
Tango Special Live presented by Studio WUU〜
Pablo Estigarribia TangoTrio=Pablo Estigarribia (pf) 北村 聡(bandoneon) 田中伸司(b)
●Open 14:00 Start 15:00
●予約¥4000 / 当日¥4500 どちらも+ドリンク代
※入場整理番号付き

WUUといえばタンゴ、タンゴといえばWUU。今回は、世界でもっとも注目を集めているといわれるピアニスト、パブロ・エスティガリビア氏が、ステージに登場です。パブロ氏は、タンゴの本場であるブエノスアイレスでクラシック教育を受けた後、ジャズを経てタンゴに目覚め、研鑽を積んだという経歴の持ち主。本格的なテクニックのもと、クラシックやジャズを融合させたタンゴ音楽が、高い評価を得ているといいます。パブロ氏の指からは、どんな音色が紡ぎ出されるのでしょうか。その音色に、バンドネオン、ベースは、どのように絡んでいくのでしょうか。ぜひ、ご自身の耳でお確かめください♪

文/フリーライター たいらくのぶこ
https://twitter.com/no_booko


studiowuu at 00:40|PermalinkComments(0)