2005年02月23日

まいった

最近すっかり読むだけになっていた詰パラなんですが、たまたまトイレに持っていったわけです。学校は盤に並べないと詰まないから、保育園(3,5手詰のコーナー)あたりをひまつぶしにちゃちゃっと解いてしまおうかと。

んー、詰まないのですよ。保育園の3番が。保育園レベルはすらすら解けないとやる気をなくす、とか言い訳もできますが、解けてないものは解けてない。盤に並べましたよ、ええ(あ、出てからね、もちろん)。でもこの時点で思考が堂堂めぐりに入ってしまっていて、やっぱりわからない。

初手は飛車打ちしかないよなあ、4手目の捨合がなあ、3手目が鍵なのはわかってるんだけどさ、誤植じゃないのかなあ(ホームページで確認までした)、誰にも知られなくても解けないのはかっこ悪いよなあ、ブログに「短大までは全部解けた」とか書いたこともあるしなあ、とか妙な自意識まで発生する始末。

結局、柿木先生にお伺いを立ててしまいました(これがいちばん恥ずかしいな)。その間0.03秒。
そういうものだ。

たしかにね、盲点の手ではありましたけどこれは解かないといかん。少なくとも毎日勝手なことを書かせてもらっている宗桂先生に申し訳が立たない。鍛え直さないといけないなあ。

でも、あれは保育園にしてはレベル高いんでないかい、と最後まで言い訳。


ちなみに詰パラを購読してない方のためにその配置。
玉方 2三玉、3二角、4三銀、4一歩
攻方 1五馬、3一銀
持駒 飛車

Posted by stutmhr at 00:22│Comments(2)TrackBack(0)詰将棋 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/stutmhr/14891957
この記事へのコメント
確かに3手目がカギですね。
Posted by Ryu at 2005年02月23日 13:03
最近更新がないようですが?
Posted by 舞玉FAN at 2005年07月03日 19:31

コメントする

名前
URL
 
  絵文字