岩手の田舎の石屋です。

 極寒の地葛巻、

 氷点下二桁台は当たり前になってきました。

 さむ〜

 しばかれる・・・

 じゃなく

 しばれる〜・・・

 と

 先月完成した空間を紹介

 それは葛巻町の民家の玄関に登場。

 玄関に立つとこの寒い冬なのにここちいい水の音

 ついつい見入ってしまう空間。

 お客様を優しくおもてなしする心が表現されています。

 その空間がこれ
P2217016


 石は六方石と言って

 六角のまま山から取り出される不思議で価値ある石です。

 それを輪切りにし、

 肌とのコントラストをつけるため磨きも入れ

 水鉢として完成

 その上を水が伝わり流れ落ちる、

 溜まる水・伝わる水、

 その表情と何とも言えない音。

 それぞれの季節も迎えてくれそうです。

 優しさの音と表情は

 家の方の大切なお客様への

 「おもてなしの心」が

 溢れているようにも感じられます。
P2217018P2217017


 ホッとする空間

 安らぎの空間

 ちょっとの演出で大きく表現されてきそうですね。