岩手葛巻の田舎の石屋です。

 今回は、

 ちょっと一服〜

 カルチャー情報を!!

 葬儀における返礼品とは、通夜や告別式に訪れた方に対して、

 お礼の気持ちを込めて贈る品物のことです。

 ただ、ひと口に返礼品といってもいくつかの種類があり、

 葬儀マナーとしてそれぞれの意味をおさえておく必要がありそうですね。

 −葬儀の返礼品とは?ー
mainImage






 ●状況に合わせた返礼品を

  返礼品は、3つの種類に大別できます。それぞれご紹介しましょう。

  ・会葬返礼品ー会葬者全員にお渡しする返礼品です。香典の有無は問いません。

  ・通夜返礼品ー通夜に訪れ、通夜後の会食である「通夜振る舞い」に
            出席しない方にお渡しする返礼品。

  ・香典返しー香典を頂いた方にお渡しする返礼品です。四十九日を過ぎたあと、
          忌が明けてから送ります。

  葬儀の返礼品は基本的に、上記いずれかに該当します。

  ただ、近年は状況が少し変わりつつあり、会葬と通夜に違いを設けず同様の返礼品をお渡しし、

  香典を頂いた方には忌明けに香典返しを行う、というケースが増えてきました。

  また香典返しを葬儀当日に行う、「即日返し」も徐々に広まっています。

 ●返礼品の平均額

  返礼品1つあたりの金額は、

  2分返し(頂いた金額の半額)と3分返し(頂いた金額の3分の1の額)が一般的です。

  ちなみに即日返しの場合、3,000〜5,000円程度が相場と言われています。

  葬儀の負担を減らしたい、渡し忘れを防ぎたい、と考えるならば即日返しを採用し、

  上記の金額で返礼品を揃えるといいでしょう。

  葬儀の返礼品は多様化が進んでいますが、どの方法を選ぶにしても、マナーが存在します。

  葬儀をスムーズに終えるために、返礼品における基本事項をあらかじめおさえておきましょう。
 
  ご列席頂いた事への感謝のお気持ちを心がける事が肝要ではないでしょうか。