カテゴリ: 現場

 岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  戒名(法名)や文字彫刻などの石材彫刻は大切で大変な作業です、  アフターケアとして大変重要な作業にもなります。  最近では本体工事はするが戒名(法名)追加彫刻にはしてくれないという  石材業者さんの話を聞き ...

 岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  迷いがあり、  悩みがあり、  気になり・・・  お墓をどうしたらいいのか・・・?  直したいのか?綺麗にしたいのか?・・・  守らなければいけない使命感もある。    背中を押すのはなんでしょう?  後でいいか ...

 岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  近年、  お墓の多彩なカタチ、  納骨の多様化など、  時代の変化により、さまざまな選択肢と変化が起きています。  樹木葬や海などへの散骨、  合祀墓への埋葬などなど・・・  日本人の心も大きく変化しているので ...

岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  その日は突然訪れた・・・  「浜ちゃんみたいに、優しく、強くなりたいと」  男の子は必ず夢見るはず、  強いロボットになりたいと・・・(笑)  『マッスルスーーーーーーーーツ』  『そうちゃーーーーーーーーーく』 ...

 岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。    「墓地の点検をお願いします。」  「ちょっとお墓がズレて気になってるんです・・・」  そんなお電話から始まった、   今回の『墓地点検』。  そして、墓地リフォーム・修理。  現在の状況は言葉で表現しにくいも ...

 岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  藩政時代から明治後半、  野田塩を盛岡まで運んだという「塩の道」があります。  沿岸と内陸をつなぎ、重要な経済交易を行った「塩の道」​。 その昔、塩や海産物を内陸に運ぶのに使われた『塩の道』!!葛巻町塩の道石柱 ...

岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。    子供たちの『心』が輝き始めました  それは墓地工事での再火葬の時、  幼き心が、  「曾お爺さんと曾お婆さんのお骨は私たちが持つ」  と・・・  今回はそんな子供たちの物語です 子供たちの背中に、優しさ・思いや ...

岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  もう、8月ですね〜\(◎o◎)/!  猛暑日が続き、  熱中症には十分注意してください。  今回は田野畑村記念碑ー後篇ーです。  納期には間に合い、  想いがかたちに変わる時がやってきました 『無医村に花は微笑む』 ...

岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  朝の出勤で、  新緑の心地よさ、においや景色、感じる事が増えてきましたね(#^.^#)  体にも良さそうななこの時期は、  心も癒してくれそうな・・・ 新緑の気持ちがいいこの時期、さまざまな効果も期待できるようです!! ...

岩手の田舎の3代目石屋、トラベリングです。  墓石・記念碑などの石材料の始まり、  それは、石山(丁場)から採掘した石を  人の技術に寄って石を割り、  小割にしていく事!!  その作業は危険で過酷な条件のもと行われている。  みなさんが知らない、  墓石が出 ...

↑このページのトップヘ