観光地でも有名な古都・鎌倉。


鎌倉全体が桜の名所とも言える注目の集まる地域。古都・鎌倉の由緒ある建物たちと桜を楽しもう。
長谷寺の桜












今年もサクラの季節になりました。日本人に生まれて良かったと思うことの一つに、この季節の美しい桜を楽しむことがあるのではないでしょうか。温暖化や異常気象が叫ばれる昨今だからこそ、桜の花のその儚い美しさが、よりいっそう私たちの心に響いてくる気がします。(通年3月下旬か ら4月下旬)

古都・鎌倉桜スポットを堪能


鎌倉葛原岡神社の桜―周囲は、源氏山公園から続いている桜の名所。

鎌倉薬王寺浄光明寺の桜―円覚寺を出ると、程なくして道沿いに桜が植えられている。

鎌倉山の桜―常磐口から鎌倉山で道路沿いにある桜並木は、桜の時期にはまるで桜のトンネル。

鎌倉浄智寺の桜―鎌倉浄智寺境内には大きな桜がある。また、背後には山桜が広がっている。

鎌倉鶴岡八幡宮の桜―鶴岡八幡宮の参道にある参道は桜並木で覆われる。

鎌倉源氏山の桜―広い公園の敷地内のいたるところに桜が植えられている。

鎌倉広町の山桜―山深い場所に位置しているものの、かなり歴史のある山桜には樹齢が長いことを思わせる太い幹と面いっぱいに広がる桜に圧倒される。

古都・鎌倉桜の歴史をたどる


さかのぼること鎌倉時代源頼朝(みなもと の よりとも)が鎌倉幕府を開き、政治の中心が関東に移り、桜の東西交流がすすめられた。

霞桜(カスミザクラ)












(霞桜)
この鎌倉時代に桜の花の変革が訪れた。ごくごく狭い範囲に自生していた大島桜(オオシマサクラ原種)と近畿地方に多くあった山桜(ヤマサクラ)や霞桜(カスミザクラ原種)の交雑で鎌倉時代後半より、桜の種類は大幅に増えた。

古都・鎌倉では、種から育てることにとどまらず、桜の栽培技術も進んだ。江戸時代になると平和な時代背景で文化も発展して桜をはじめとする鑑賞を目的とする植物の品種改良がおこなわれた。それに伴い、桜の種類が急速に増えた。

古都・鎌倉で始まった桜の東西交流が、時代とともに文化とともに発展し、桜の需要も広まってきたのだろう。時代は変化しても、鎌倉は時を止めたかのように桜とともによき日本の風景を守っている。
 

鎌倉桜の見どころ

河津桜(カワヅザクラ)












(河津桜)
日本の桜の種類の一つで河津桜(カワヅサクラ)という桜がある。そもそも、静岡県賀茂郡河津町で原木が発見され、樹齢50-60年。

河津桜(カワヅサクラ)は、1月の終わりごろから2月にかけて開花する早咲きの桜である。桜の特徴は、ソメイヨシノより色が濃く、花期は1ヶ月早い。その河津桜(カワヅサクラ)が鎌倉の鶴ケ丘八幡宮の境内にある。鎌倉祭りの時に流鏑馬の騎馬が疾走する参道と交差する道に沿って河津桜(カワヅサクラ)がある。

鎌倉五山第一位の建長寺にある桜は、河津桜(カワヅサクラ)とは異なる。河津桜(カワヅサクラ)に似てはいるが、おかめ桜という英国産の桜が美しく咲き乱れている。 

鎌倉五山第二位の円覚寺には桜が咲き乱れているが、八重の枝垂れ桜(シダレサクラ)が見もの。

鎌倉五山第三位の寿福寺には、桜の並木道を通り寿福寺、にたどり着く。

鎌倉五山第四位の浄智寺にはタチヒガンザクラやヤマザクラなどが咲いている。

鎌倉五山第五位の浄妙寺には桜の並木道が際立っている。
 

鎌倉のお寺や旧跡,自然公園など,鎌倉の桜の名所


源氏山公園の桜
源氏山は,山頂付近をすべて切り開いてなだらかにした,広い自然豊かな公園で,中心には大きな源頼朝像があります。ここは鎌倉随一の桜の名所で,500本近い桜を楽しむことができます。3月下旬から4月下旬まで,早咲きの彼岸桜から,八重桜まで長い期間,花見を楽しむことができます。入園は無料で,鎌倉駅からハイキングをたのしむように30分ほど北西に歩けば到着します。

 鎌倉山の桜
鎌倉山は,その名の通りやや小高い山になっている別荘地で,多く芸術家や文豪が住んでいます。ここの桜はバス停常盤口から鎌倉山へ登る道路沿いに,見事な桜並木を見ることができます。約2キロ近くある桜並木は神奈川県でも有名な桜の名所です。桜の木はおもに道路沿いにあるため,敷物をしいて花見をするというよりは,道路を歩いて見物する自然の山です。大船駅や鎌倉駅から,鎌倉山行きのバスに乗れます。

若宮大路

鶴岡八幡宮から海岸線まで続く,真っ直ぐな大通りで,二の鳥居から道の中心には一段高くなった段葛(だんかずら)と呼ばれる見事な桜並木の歩道が続いています。ここの桜は主にソメイヨシノで,3月下旬から4月初旬に満開になり,訪れる人の目を楽しませてくれる桜の名所です。場所は鎌倉駅東口広場を抜けるとほぼ目の前です。

 建長寺
鎌倉五山第一の由緒ある寺院で,禅宗の流れをくむお寺です。総門とよばれる最初の入り口から三門とよばれる高さ30メートルに及ぶ木造の門までの参道には見事で大きな枝振りの桜並木があり,鎌倉らしい桜の名所を楽しむことができます。桜が満開の時期には,安永時代に建造された三門と桜が,美しい日本的な風景を織り成します。拝観料300円。アクセスは北鎌倉駅から南に徒歩15分てす。

長谷寺

鎌倉幕府が開かれる400年以上前からある,四季折々の花が美しいお寺です。比較的狭いお寺ではありますが,3月下旬から4月まで,桜の花見を楽しむことができます。同じ時期にはボタンも見ることができ,鎌倉の風情を美しい花々と共に楽しむことができます。拝観料300円で,江ノ電の長谷駅から徒歩5分とすぐです。

光則寺

全国的にはあまり知られていませんが,鎌倉有数の花寺です。4月には,桜の古木が美しい花を咲かせ,境内は桜の満開と共に華やかさを増します。市の天然記念物である樹齢170年のカイドウも4月に濃い桃色の花をつけるので,桜との共演を楽しめます。通年,3月下旬からシダレザクラが満開になり,4月上旬にソメイヨシノが満開になりますが,今年2009年は一度に咲くという予想もあり,その頃にはカイドウも咲くため,たいへん見ごたえがある時期が訪れる可能性があります。場所は上記の長谷寺のすぐ裏手にあり,拝観料は100円です。

鎌倉五山

どの寺も自然が豊かです。参考までに第一位から順にあげると,建長寺,円覚寺,寿福寺,浄智寺,浄妙寺の順になります。建長寺のほかに浄智寺には鎌倉市指定のタチヒガンザクラの巨木があり,4月初旬に多く花を咲かせます。北鎌倉駅から徒歩6分,拝観料は200円です。


鎌倉市の木


ヤマザクラ












(山桜)
鎌倉市の木は何と「ヤマザクラ」(オオシマザクラを含む)となっています。ちなみに市の花は「りんどう」だそうです。
市の木・市の花は、緑化に対する市民意識を育て、郷土愛を培うことを目的として、昭和50年に制定されました。

オオシマザクラ









(大島桜)
備考:ヤマザクラは、春になると新葉とともに白い五弁の花を開き、昔から和歌などにおおく詠まれ、日本人に愛されてきました。かつては鎌倉の山にもたくさんあり、薪・炭材として使われてきました。今も山のあちこちに残っていて春になるとみごとな花が楽しめます。(『鎌倉市緑の基本計画』 鎌倉市の参照してください)。

鎌倉には源氏から北条氏時代に建てられた神社仏閣が100以上あります。そのなかには美しい桜が植えられていることが多く,訪れる人の目を楽しませています。特に鎌倉五山と呼ばれる代表的なお寺の桜は見事です。

古都・鎌倉サクラのまとめ



鎌倉は「桜の町」
古都・鎌倉は「桜の町」といってもよい町である4つのポイント。
①「桜の名所」といわれるところが多く、訪れる観光客も多いこと。
②鎌倉市の木は、「ヤマザクラ(オオシマザクラを含む)」であり、里山には昔からヤマザクラが栽植されていたこと。
③鎌倉市内では桜の木が生えていない地区(丁目、字)はないといってもよい、総数ではほぼ1万5000本程度と推定されること
④このため、知られざる「桜の名所」も数多くあること