バルログ

2010年04月27日

スパ4バルログ 変更点  1.01

こんばんは。U+です!


いよいよスパ4発売されましたね!

ちょっと気になるバルログの変更点についていくつかまとめてみました!

細かいダメージやフレームはすぐ本がでますので割愛。個人的に感動した変化だけ書いてます。

間違ってる点もあるかもしれませんが・・・



―ウルコン―

新ウルコン「スプレンディッドクロー(以下ウルコン2)」

 ダメージ(MAX)         450(150+150+150)
            爪なし    435(150+150+135)
            仮面なし  495


            相手仮面なし 495

・爪なしの攻撃力ダウンは技によるようですが、あまり変化はないみたいです(約10%?)。

・ウルコン2は三段技のラストしか爪使わないので、爪がとれてても気にせず出せそうです。

・仮面なしの時は防御10%減、攻撃力10%増

・ソバットからは入らないが対空で決めた時は入る(ソバット対空に期待)



○ウルコン1「ブラッディーハイクロー」

・ダメ480 (膝30+90×5なので膝なしでは450)

・爪なしダメ405 (30+75×5)

・飛びつく角度はかなり高い(バルセロナを強キックで出したくらい)
 
・ソバットから膝は当たるがフルヒットは無理?


―基本技―

・3中Kが中段技に。

・ソバットの出が早く。



―必殺技―

・バルセロナの壁とびつきまでの角度がボタンにより変化。強はかなり急角度で上の方に張り付く。

・EXバルの膝判定が大きくなった?端―端で立ちのリュウやいぶきに当たる。近大P→屈中P→EXバルがリュウに当たる!!!


―スパコン―

ダメージ変化。もうネタスパコンとは言わせない!?

 バルセロナ  4HIT 280
 イズナ          400




su0003u at 16:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年04月12日

リュウ戦を見直したいログ


こんばんは。U+です。

いまだ毎日のようにスト4をしていますが、

『閉店までプレイ→30分~1時間スト4談義で盛り上がる→帰宅』

となると、次の日の仕事も考えるとなかなかブログを更新できない毎日です。

もちろん『』内に余分な要素は全くありません!どれか省略なんてナンセンスッス!

毎日書きたいことはあるのですが・・・(新ネタはないのですが


ハイ!遅筆の言い訳終わり!w


そして今日はリュウ戦を見直したいと思います!

というのもこのところライバル視するさざ○さんリュウにまったくバルログで勝てていないのです!

(○ に入る答えを次のうちから選びなさい――)

  1、エ
  2、波
  3、かわせない。現実は非情である


                 --------答え  3

                              答え  3

                              答え  3



 ・・・ジョジョ知ってる事を前提にブログを書くのはどうかと思いますが



 リュウ戦で重要なこと・・・おさらい

 ・迂闊に飛ばない。飛ぶならけん制で相手の動きを止めて中PKがギリ届く範囲(昇龍がスカる距離)。この距離なら空ジャンプも生きる(大足反確、かぶせてくるジャンプを前ダッシュでくぐる、など)。

 ・基本位置は屈中爪が届くギリギリの距離でウロウロ。けん制に中爪さし返し、常に上を見て対空を完璧に。

 ・あまりけん制をふらずじっとしてる時はソバット要注意。空振りからの反撃が痛すぎるので持続当てでなく、最低でもしゃがみリュウにガードはさせる位置で打つ。割合的には投げ多めの方がいい。

 ・追い詰めたらとにかく壁から逃がさない。

 ・相手側EXハイクロー、ロリ削りや強引なスラなどはローリスクな間(ゲージがたまる前)に一度は見せておいて警戒させたい。引き出しをすべて出し切って意識を分散させ初めて勝てる相手と思うこと。

 ・99秒ひたすら粘り、じらす。ジャンプをバクステでかわす、グラップ成功、などの痛み分け状況はプラスと考えて粘る。

 ・上記の条件が満たされて初めてぶっぱバルセロナも使えるようになってくる。


・・・なんだか当たり前のことばっかりですが、一から意識しなおして頑張りたいと思います!

 滅がらみでの終盤の一発逆転の多いこと多いこと・・・滝に打たれてでも精神力を鍛えなおさねば~

では今日はこのへんで!
セビ空バックダッシュ→生ウルコンを当てるポイントを模索中です。
ネタというほどでもないですが、まとまったらまた書きますので!

    



su0003u at 01:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年02月17日

Ψバルログvsベガ

 こんばんは。U+です。

 今日は以前からお話のあったベガ対策について考えていきたいと思います。


 まず、ベガ側からから見たバルログはこんな感じです。

 
 『ベガのキモチ』

 ・お、やりやすい相手がきたぞ
 ・ガンガンニープレスで押して追い込んでやろう。ガードされても爪と仮面取れるしラッキー♪
 ・一度こかせばどうせ無敵技ないしジャンプ大Pで安定ゴリ押しできるぜ
 ・タメなけりゃ多少ぶっぱしてもリスク低いしOK!

 このようなベガに対して「苦手なバルログの動き」はどうすればいいでしょうか?


○間合いについて

 大事なことは、

 ・壁に追いつめられないように立ちまわる
 ・ぶっぱをもらわないようにガード固めて確定反撃をとる
 ・弱ニープレスが2段当たる位置はベガ圧倒的有利

 ということです。弱ニーが多い相手には1段しか当たらない距離でセービングを見せていけばベガもやりにくくなるので、そこからが読みあいです。 
 ただしセビはベガも見てからサイコ、中大ニーで割れるので多用は禁物。
 (この間合いから垂直跳びで空対空もできるしもしニーをすかせればフルコン入ります)
 たまには中ニーが一段になる距離でセビもいいでしょう。先端当てスラも取れます。


○壁に追い詰められたら?

 ニープレスハメは安定脱出がないためかなりきついです。ガード後互角の上ベガの小足は3フレなので、ジャストで出されるとジャンプもできませんし、バルログの基本技は全て負けます。

 ひたすらガードで距離が離れるのを待ちましょう。しゃがみグラップも忘れずに。

 ニープレスガード後ベガ小足がとどかない距離の場合は・・・
 歩いてきたらグラップ
 ヘッドプレス見てからスラで脱出
 三角飛びで逃げる

 などがあります。立大Kやテラーでのあばれもいいですが、ガードされたらやばいので
U+は同じ4フレなら屈中爪→バルセロナでの壁脱出をおすすめします。
 苦し紛れのジャンプや三角飛びへの対処はベガ側も慣れてる事が多いので、ヘッドプレスやJ中P→ウルコン
で負けやすいです。


 ちなみにこの時ベガ側の選択肢は
 再度ニープレス
 小足→弱ニー
 前ダッシュ
 前進投げ
    立大K
 ヘッドプレス

 などです。

 

○攻めパターンについて

 ベガは対空が弱いので倒せば色々起き攻めができます。
 動ける状態のベガは空対空に注意して飛び込みましょう。

 ダウンをとることができたら、ソバット等で裏周りしてタメ解除が最重要ポイント。ここから屈弱Kや投げ、ソバットなどお好きなように。

 ワープを常に意識して。ベガ後方画面端に出ることがほとんどなので、読めたときはスラかEXバルを当てましょう。

 J大P→立大P→屈中P→EXバルのコンボは、最後のEXバルが繋がらないですがめくりヒットします。ガードされても出し切って対応できるかどうかまず確認しましょう。対応できないベガには同じように距離合わせた屈中P→EXバルもヒットするのでおいしいです。

 ソバットをガードさせた後の投げはリバササイコや各種ニーを投げれる・・・はずです。負ける事がある気がするのは気のせいでしょうか?
 ちなみにデビリバは即空中判定になるため投げれません。読めたら空中投げもアリ?

 

○バルセロナすかしでのゲージタメ

 ベガにクルージングされるとついやりたくなりますが、絶対ダメです!ほぼ画面端ー端でEXサイコに刺されます。

○対クルージング

 クルージングには積極的に手を出さないほうが無難でしょう。壁に追い詰めれてラッキーくらいに考えて、ガード固めながら陣取りしましょう。
 もちろんデビリバが頭上におりてきたらセビでいただきましょう。

 U+は好き勝手飛ばれるのがイヤなのでタイミング合わせてバルセロナアタックの爪を横から当てたり、EXバルセロナを落ちてくるベガの足にひっかけたりしますが、おすすめできるほど成功率は高くないです・・


 どうでしょうか?まとまりなく書いてしまったのでまたネタがあれば追記します! 



su0003u at 22:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2010年02月09日

Ψバルログのスタン狙い連携


 前回コンボについて書きましたが、最近こんだてさんやバルlogといったより上級者による分りやすい攻略が始まってきたので、あまり目を付けられてないところから始めようと思い、「ソバテラが2回通った!次の起き攻めは?(スタンを狙った連携考察)」というタイトルで始める予定だったのです。

 しかし、wikiにコンボダメージ値も載ってなかったのでより基本から、ということで使用頻度の高いものだけダメージ値とスタン値を調べてみました。

 というわけで今回がスタン考察です。


スタンの原則(`|´ )Ψ


 1.与えるスタン値の計算式は、攻撃力と同じ(ガード時は蓄積されない)
 2.貯まったスタン値は、攻撃を受けていない時間が1秒をすぎると、1フレームごとに6ずつ減少
 (ヒット効果中、ガード中、起き上がり中はカウントされない)
 3.スタン値が各キャラ気絶耐久値ぶん貯まるとスタン状態になる
 4.スタン中はスタン値はたまらない(コンボが途切れるまで有効)
 5.スタン状態から復帰するとスタン値は0となり、スタン耐久値が20%増加


 ・・・となっています。
 スタン連携を考える時難しいのが1で、相手の残り体力によってスタン値が減少するのです。
 だから、体力満タン状態からならスタンになるコンボでも、ラウンド後半で決めたときはならない、なんてことがよくあります。
 ただ、その時もスタン目前なのは確かなので、ゴリ押しでいくべきなのでしょうが・・・。

 そして2についてですが、意外とスタン値は継続しています。
 家庭用持ってる人はトレモで試してもらったら分ると思いますが、ダウンしてる間もスタン値減少しないので意外と逃げられてもスタン狙えることが多いです。
 バルログの場合は自分のスタン値回復考えるほうが重要かも?
(´|`;)

 バルログを使っているとあまり見かけないスタンですが(僕だけ?)基本的には前回のAやB、Eのスタン値500オーバーを確保できた時に次の起き攻めで意識していくことになると思います。(キャラ限定コンボが多いのが痛いですが)

 起き攻めでJ攻撃が入ればいいのですがさすがにそれは難しいので・・・
 U+の起き攻めでよくあるパターンといえば

 ソバテラ(240/300)
 ソバEXテラ(260/350)
 投げ(120/120) 

 です。このへんでコツコツ稼いでいくことになります。投げの120も馬鹿にできないですよ!

 ちなみに満タンからソバテラ→投げ→投げ→ソバEXテラーでゴウキがスタンする850になります(順不同)。ゴウキにソバテラ投げ投げソバが通ったら最後はEXで決まりですね!!

・・・そこまで決まるパターンがあればですが;;

 もしくはEのコンボJ強P>屈中K>EXテラーで締めてソバEXテラーの2セットでも850です。これなら多少現実的??


 ザンギやルーファスは一見スタンを狙いにくそうですが、めくりのセットプレイがあるので通れば狙って行きたいですね。

 心と体力に余裕があれば・・・w


su0003u at 13:51|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

Ψバルログ基本コンボ(ダメージ値/スタン値)

こんにちは。U+です。
今日はバルログ基本コンボについて見ていきましょう。
なお、カッコ内は(ダメージ値/スタン値)で、文章は大半wikiより抜粋させていただいております。
ダメージ値はすべて爪ありの状態になります。


A:J強P>屈中K>屈中P(>EXバルセロナ>イズナ) (351/505) 
 キャラ限定

懐かしの基本3段。屈中Kから屈中Pは目押しで繋げる。
近立強P>屈中P>EXバルセロナが入る相手には、基本的にEXバルセロナが繋がる。


B:J強PorSA(LV1カウンターorLV2以上)>近立強P(2HIT)>屈中P(>EXバルセロナ>イズナ)  (381/505) 
 キャラ限定

基本コンボの中では最大ダメージ。
入るキャラは、春麗、ガイル、ザンギエフ、ダルシム、バイソン、サガット、ルーファス、ヴァイパー、アベル、キャミィ、ローズ、セス
(ルーファス、春麗は画面端以外)。
ルーファス、春麗が画面端時は、屈弱Pを使用。本田は画面端時のみ屈弱PでEXバルに繋がる。
バルログ、ベガ、剛拳は屈中Pを屈弱PにするとEXバルまで入る。
バルログ、ベガはEXバルセロナが連続ヒットしないが屈中P後にしゃがみガードされるとEXバルセロナの膝がめくりヒットとなる。


C:J強P>近立強P(1HIT)>強ローリングクリスタルフラッシュ(>EXセービングアタック) (286/394) EXSA込(322/454)

難度は若干高いが覚えておきたいコンボ。
状況によってはEXセービングで追撃してダメージを稼ぐ。セービング後はバクステ安定。


D:J強P>屈中K>EXバルセロナ>イズナ (315/445)

上記のコンボが入らないキャラにはこちらで。


E:J強P>屈中K> 強テラー (298/460)

              EXテラー 締めなら (314/500)
              弱テラー→EXテラー (327/525)  
              屈弱P →強テラー  (306/480)
              屈弱P →EXテラー  (320/515)


F:コズミックスマート(3強K・別名ソバット)>下記参照

強テラー(240/300)<EXバルセロナ→イズナ(250/270)<EXテラー(260/350)<弱テラー→EXテラー(268/370)

コズミックヒット後、主にこの4つを追撃に使う。
強テラーはノーゲージで最大ダメージ。EXバルセロナはダメージで若干劣るものの、起き攻めに行ける利点があるので状況に応じて使い分けたい。コズミックスマートが地上HIT時の追撃は、コズミックの後半を当てていないと弱中テラーでは間に合わない。
通常技で連携を終わらせる場合はスラ(110)を使用した方が起き攻めができて高威力(特に爪が無い場合)。バルセロナorテラーの溜めを確保したい場合は屈強P(拳100/爪110)。
その他、スラで追撃して弱中テラーで相手の裏に回る等のトリッキーな攻めも出来る。



いかがでしょうか?



su0003u at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)