雑誌「FERRET VOL.1」読了。次号は3月予定だそうです。

  • author: su_da_chi
  • 2008年10月21日

FERRET(フェレット) Vol.1―MAGAZINE FOR SMALL PET LOVERS (1) (OAK MOOK 1 小動物シリーズ No.)
FERRET(フェレット) Vol.1―MAGAZINE FOR SMALL PET LOVERS (1) (OAK MOOK 1 小動物シリーズ No.)

雑誌「FERRET」 VOL.1 オークラ出版・刊を読了。

個人的には、フェレットブームってかなり下火だと思っているので、思い切った雑誌を創刊するなぁ〜という印象でしたが、とりあえず1号だけでもとチェックしました。
お値段は1470円(税込)なので、ちょっとお高いのですが、まぁ新書2冊買ったと思えば...という気持ちで購入(でも同時に新書も2冊買ってしまって意味無し(^^;)

印象としては

魅力的な写真が多くてフェレがとてもカワイイ!!!

というのが最大かな?
雑誌なので、写真メインで、文章も飼育書のようにこまごまと書かれてなく、ゆったりした感じなので、とても良いですね。
最近うちの子がフェレどもに大変興味を持って、溺愛し始めたのですが、うちの息子的にも写真が多くて嬉しいようです。

内容に関しても、飼育書と違ってやっぱりゆったりした印象があり、
飼い主さんのおうちを訪問しているところも、飼い主さん達の生の声、飼われているいたーちさん達のかわいらしさも全開で素敵ですね。

あとはイタチ族を特集してあるのが面白いですね。
日本のイタチの赤ちゃんの姿であるとか(超かわいらしい!)、流行り(?)のコツメカワウソ君であったり、ヨーロッパケナガイタチ(これはもうちょっと写真見たかったなぁ)まで、まぁほかにもいろいろいるんですが、ピックアップして載っているのが何か良い感じです。

他にちょっと良いかなと思ったのは、
フェレットトレーニングの全て...トレーニングする気はないんですが、まぁ参考になるかな?という感じです。フェレットに特化して書いてあるわけではないので、ちょっと物足りないような気もしますが、まぁこんなもんでしょう。
フェレットを孫にしてみませんか?...孫、という言い方はさておき、これから飼う予定にしている人対象の紹介ページとしては、遊び心もあって良いかな?という感じ。

あと、パスバレーファームのページ、着眼点は良いけれど、飼い主としては「ファームそのもの」の姿を知りたいので、このへんはファーム自体の写真とか、ファームで育つ赤ちゃんの様子とか、そういうものが見たかったですねぇ...そういうのは難しかったんでしょうか?これは今後充実して欲しいところですよ。


こんな感じですが、これ以降はちょっと小言を。

まずは、1冊目なので、あまり文句は書きたくないのですが、どうも、専門誌のわりには、知識の少ない方々が作った雑誌なのかな?という部分がちらほらあってですね、う〜ん...と思う部分が。


まずは、飼育の要「床材」なんてなページが!!
「床材」?!とかなり驚いたんですが、最初にいわゆる床全面に敷くのと、トイレのみに敷く場合と書いてあって、トイレ砂ならわかるけれど、

床下に床材として猫砂や(まさかウッドチップも?)を敷いている飼い主さんが本当にいるの?!

という驚き。
冒頭に訪問した方々のおうちで使用されているところでもあったんでしょうか?(写真を見る限りだとどこも大きめの布とかハンモック状の布を敷いてらっしゃいますよ!普通はそうします。)

私の認識では、いたちにいわゆる床材は必要ありません。
というか、ホコリっぽくなって器官に入ったら大変だし、ウッドチップなんかはアレルギーが怖いし、何より誤食が恐ろしい。

この項目では、結局イエスタデイズニュースが優れている!と書いてあるわけで、一応結果がそうなっているので、まぁ不幸中の幸いかなとは思うのですが、ついでにちょっとツッコミ入れたくなるのは、比較対照がウッドチップは置いておいて、もう1つを「ネコ砂」と大きくくくってますが、

その「イエスタデイズニュース」もネコ砂ですから。

外国ではフェレ用「イエスタデイズニュース」もあったりしますからね。念のため。
サンコーのフェレット・リターならツッコみようもなかったんですけど、イエスタデイズニュースはフェレット専用製品ではないですからね(^^;

これが一番気になって???となった部分です。

他は、獣医師さんに話を聞いたページに関して。これは問題があるわけではないんですが、
獣医師さんが、飼い主さんには病気を調べて詳しい人が多いって言っているように、フェレ飼いとしては病気の話は非常に興味深い部分なんですよ。
それが、結構上っ面な部分だけ聞いてある感じで、ちっとも為にならない☆
どういう理由で来る人が多いかとか、飼い主はどういう人が多いかとか、そういう話を聞くならば、

フェレに最近多く見られる病気とか、
罹りやすい病気(怪我)の傾向やその対策とか、
迷惑な飼い主とか感心する飼い主とか、
飼い主が特に病気に対して心がけて欲しいこととか

そういうことを聞きたかったですね。
特に私の通っていた動物病院ではフェレのホテイにとても手間取っていましたから、そういう苦労談でも面白いと思うんですが...何にしても読み応えのないページに感じましたねぇ。
特に最後のしめくくり、
「フェレットに詳しい病院が近所にあること」
簡単に言ってくれますが、案外難しいですよ?
ついでに言うと、最初に、この病院に愛知県から通って来るという話も聞いているはずなのに、配慮が足りないように思いますが。
飼い主さん訪問のページの荒井さんのページを再読して欲しいもんです。詳しくなくとも、通ううちにだんだん詳しくなって貰うようなそういう信頼関係を築ける動物病院を近くに探すというのが何より重要になっているんですよ。
そういう見極めポイントを挙げてもらうってのも良いかもしらんですね。
このへんの病院関連は、フェレ飼い(少なくとも私)は注目していますから、気を引き締めて、今後、改善を期待したいですね。

このほかは、我が家はフェレを外で散歩させることには否定的なんですが、前に読んだ本でも薦めてあったり、今回も魅力的に書いてあったりするんですが、そういう傾向なんでしょうかねぇ...。
フェレを洗うのもあまり頻繁だと良くないと聞くのですが、外出後に毎回ノミ取りシャンプーをするという話やら
呼んで戻って来るフェレばかりでもないでしょうに茂みに隠れる姿がかわいらしいと書いてあったり(気持ちはわかりますけどね)
何より公園では犬と遭遇してしまうのでジステンパーやらの病気はもちろん、不慮の事故(踏み潰しとか)が心配なんですが、そういうのはとり越し苦労なんでしょうか?そうであれば、こうすれば大丈夫というコツとか、そうでなければ、もう少し注意を喚起するようなことも書いておいて欲しいんですけどねぇ...。

あとは細かいことですが、フェレットを「生産」→「繁殖」くらいに表現して欲しいなとか、おやつに果物とか薦めないで欲しいなとか、フードの原材料にも注目と書くなら原材料もそれぞれ載せてくれよとか、写真は何でコスプレ写真だけなんだとか、そういう細かい部分へのツッコミはいろいろありますが...


まぁ、細かい部分大きい部分、いろいろ思うところはありますが、なんにせよ1冊目の専門誌、次回にあれこれの改善は期待しておくとしましょう。

できれば次回から、フェレットに詳しい人の全面監修とかもお願いしたいところかなと私は感じました。

ただ、写真が豊富で迫力があってかわいらしいのが最大の魅力なので、中身の文章は大目にみて流し読みだけすれば良いかな?とも思いますけどね。
あんまり専門誌!と思わない方が良いのかもしれません。

とりあえず3月号に期待...。

※6/7追記。
出ませんね、3月号(^^;
やっぱり思いのほかこの雑誌売れなかったんじゃないかと邪推中ですけれど。
内容を充実させるために鋭意製作中と信じたい気持ちもありますが、とりあえず、この1冊で終了の可能性大かなぁ?と思っておいた方が良いのかも。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

その雑誌見てみたいです!!
明日書店へ探しに行ってみようっと。

1. Posted by ぇぅ 2008年10月25日 21:28

>ぇぅ様

コメントありがとうございます〜。
上の記事、ちょっと厳しく書きすぎたかなと反省しているんですが、
この雑誌は本当に写真がかわいくて良いですよ。
フェレット写真の鑑賞にはかなりオススメです。
(ちょっとお値段高めですけどね)
パラパラしてみるだけでも結構楽しいと思うので、
ぜひ書店でチェックしてみてください♪

2. Posted by Bongo 2008年10月25日 22:03

ふらりと辿り着きました。
魅力的な写真が多く可愛い雑誌ですよね。

お小言の内容も大変に共感できる物で
参考になります。
こちらのエントリも大変素敵な内容だと思いました。

3. Posted by aaaa 2009年01月27日 13:04 5

> aaaa様

コメントありがとうございます。
素敵とか言われるととても恐縮してしまいます☆
(でも、ありがとうございます!!)

この雑誌、可愛い雑誌ですよね。
今回挟まれていたアンケートは結構細かいものだったので、
この反響で、第二弾はもっと読み応えのあるものになるか?と
ちょっと期待しているんですけれどね。
また二号が出たらチェック予定です。
せっかくのフェレット雑誌なので、がんばって欲しいものです。

4. Posted by Bongo 2009年01月27日 18:27

この記事にコメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

ページトップに戻る▲