一生、こんな感じで〜第2の生活〜

元々ブログはやってたんだけどさー…。 題名を引用しての第二弾。 誰も待ってないけど、みんなお待たせ!

考える

深みにはまるほど、人はあがく。

あがけばあがくほど、人は深みにはまる。


自然に受け止めるのが一番いいね。



あ、「一番いい」というのは、「デメリットが全く無い」ではない。みんな間違えやすいから気をつけましょう。

約という言葉は、何かと便利だ。

約100メートルと言えば、95メートルかもしれないし、105メートルかもしれない。
約100グラムでも同じである。


ただ、この「約」という言葉を付けてはいけない気がする単位がある。


名。


そう、つまり人数である。


約1メートルといったら、0.95メートルかもしれない。
約1グラムといったら、0.95グラムかもしれない。

では、約1名とは、0.95名のことなのか。


足りない0.05は何を意味するのか。

そして、約1名は最早人外の何かを示すのではないだろうか。



そんなことを考えた夏の日の午後。

駆け込み寺

駆け込み乗車という言葉をご存知だろうか。
その名の通り、電車の発車間際に乗車することである。

だが、「駆け込み」という言葉のニュアンスとしては、走り込む、が正しいだろう。


では、駆け込み乗車は「電車の中に、走り込みながら乗車する」ことなのではないだろうか、と私は考えた。

そこで、私は電車に乗る際、いくらギリギリで、かつ階段を駆け上がっている状態でも必ず「一度電車の手前で停止し、歩きながら乗車する」ことを心掛けている。

だが、これについて疑問が生じた。

これは本当に駆け込み乗車ではないのか、と。


これについて姉に意見を求めたところ、すんなりと解決に向かいそうな回答をいただいた。


ギリギリに入ってきたら駆け込みなのではないか。


確かに、駆け込み寺というものに実際に走り込み人は見たことがない。
駆け込みは、走り込むことではないように思えた。



こんな記事を、私は駆け込み乗車をした電車内で書いている。
楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ