スーさんノート

「スーさん」こと鈴木康友 昭和24年東京下町生まれの団塊の世代。 江戸前のハゼ釣り、渓流のフライフィッシング、カワハギ釣り、ヘラブナ釣りなど、いろいろな釣りに精通しているが、いちばん好きなのはアユの友釣り。 毎年夏になると全国各地にアユをもとめて飛び廻っている。つり人社会長。

バックナンバー(2011年6月29日以前)は
http://www.tsuribito.co.jp/su-san/
からご覧になれます。

天然鮎と熊鍋‼

image

image

image

image

 秋田県の米代川で天然遡上アユと遊ばせてもらいました‼
 今シーズン好調の情報が飛び交っていましたので、お盆に釣りまくられたようですねー。
 “いかにも”と思われるポイントで掛かるアユはほとんどいませんでしたが、視点を変えて狙うと入れ掛かりもありました。
 案内してくれた「秋田のマタギ鮎師』九嶋貴文さんが川原で作ってくれた熊鍋、絶品でした❗

『お父さん、めんこくなりました❗』

image

image

 最上小国川最上流部、赤倉温泉「いずみ荘」の女将さんはパッチワークなど手芸が得意で、至るところに“作品”が飾ってあります。
 「いずみ荘」さんといえば、小国川ダムが話題になると同時に反対運動の先頭に立ったオヤジさんの熱意に感動したことを思い出します。
 「オヤジさん、お元気ですか?」とたずねると、「お父さん、めんこくなりました❗」と、女将さん。「ボケた」とか「認知症になった」とか言わず東北人らしい、いい表現ですね。
 それにしても、山形県が強行するダム建設に対するオヤジさんの無念さはいかばかりか‼

網打ち場と友釣り場‼

KIMG2468

 “お盆サービス”の最上小国川、堪能しました‼
 網が始まっていて、“網打ち場”ではまったく掛かりませんでしたが、網が打ちにくそうな場所ではよく掛かりました。
 今年の天然遡上は膨大な数で、広範囲で掛かっていますので、まだまだ楽しめそうです。

漁協のサービス‼

image

image

image

 絶好調の最上小国川、大人気😆🎵🎵
 昨日、小型中心ながらそこそこに釣れ、楽しませてもらいました。
 今日は漁協の“お盆サービス”で入漁料無料なので更に混雑しそう。入川場所に悩んでいます。
 ところで、漁協は無料サービスよりダム建設阻止の努力をしてほしいですねー‼

“釣り好き作家”登場‼

KIMG2425

KIMG2428

 釣りの場面が度々出てくることで話題になっている、第157回芥川賞受賞作『影裏』。
 作者は岩手県盛岡市在住の沼田真佑さん(1978年生まれ)。盛岡近郊の渓流で釣りを楽しんでいるそうです。
 幸田露伴や開高健さんのような、釣りの文化レベルを向上させる作家になってくれることを期待したいですねー‼
 
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ