2010年06月25日

朝からハプニングじゃい!!

「ふぅ〜」

時差ボケなのか眠りについても2時間おきぐらいには目が覚めてしまう。

「まだ5時かよ」

冬の南アフリカの日の出は遅く、外はまだ真っ暗。

ヨハネスブルグは標高1753mの高地にある為、朝晩はめちゃくちゃ寒い。
(ちなみに今大会のW杯開催都市の中で一番標高が高いのはヨハネスブルグ)

よく見ると車には霜が貼っていた。。

ドバイは40度あったのにこっちは真冬だなほんと。。


とりあえず寝付けないのでテレビでどこの試合か忘れてしまったが

ワールドカップの試合を見ていると…

「うぃ〜〜」

ムクッとすーちんも起きた。こいつも寝付けないのだろう…


とりあえず電車の件をどうするか緊急対策会議を開く。

すると、すーちんがこの旅始まって以来のスーパープレーを魅せる!!

「在南アフリカ大使館はこの時期24時間体制でサポートするって言ってたべ!!」

とりあえず電話をするすーちん。

す「あ〜そうですかぁ。はい。はい。あっわかりました」

俺「どうだった?」

す「ほんとに危ないので早めに行ってサポーターの群れに紛れるようにしてくれだってよ」

結局乗るんかい!! 完全なオフサイドであった…



する事もないので家の周りを散策する事に。。
IMG_5194
入口の看板

IMG_5204
俺らが宿泊した「The Moore Place」の外観。ちなみに一番左の窓が俺達の部屋。

IMG_5210
こんな平和で静かな住宅街でも監視カメラと有刺鉄線が南アの治安を物語る

IMG_5236


本当に俺達が宿泊した周り一帯は富裕層が暮らす高級住宅街で安全だった。

この住宅街に入るにもゲートを通過しないと入れないようになっていて

この住宅街自体がセキュリティー会社と契約していた。

正直、南アに来るまで一番気になっていたのは宿の部分だった。

高級ホテルなどは高いし、既に予約もいっぱいの中、

価格もホテルに比べて遥かに安くて(1泊2人で15500円程)、送迎等もしてくれるから

「The Moore Place」を選んだが正直セキュリティーとか大丈夫なのか不安に

思っていた事もたしか。だけど俺もすーちんもここでよかったなと思える事が

これからたくさん起きるのだ…



部屋に戻りだらだらしたり

そろそろ出発支度しようかなぁ〜なんてしていると…

す「おい!!」

俺「どうした!?(超新塾風に)」

す「門のところに怪しい黒人がいるぞ!あっもう一人来た」

俺「ほんとだ。あっもう一人来たぞ」

怪しい黒人が計3人俺達の宿の門の前をウロウロしている…

IMG_5229



しばらくして…

す「あっ!?」

俺「どうした!?(超新塾風に)」

す「入って来ちゃった!!入って来ちゃった!!」

俺「まじかよ!?」

す「やべぇ上まで登ってくるんじゃね!?」

俺達の泊まっている部屋は2階だったのだが

黒人が敷地内に侵入後も俺らの部屋に侵入してくる気配はない…

俺らの部屋の窓からは角度的に黒人の行方は追えなくなっていた…


しばらくして…

す「ひ、ひぃ!?」

俺「どうした!?(超新塾風に)」

す「あいつらここの家の作業員だわ。がれき運んでるもん」

俺「なんだよ」

たしかにムーア家の庭は現在リフォーム中でがれきや土やレンガなどが積み上げられており

その黒人たちががれきを運んだり、土を掘り起こしたり、レンガを削ったりしていた。。


俺「おい!!」

す「ひ、ひぃ?」

俺「もう8時50分じゃねーか!!まだシャワーも浴びてねーよ!!おまえも早く支度せいや!!」

す「ひいぃぃぃぃ〜」


せっかく早くから起きていたのにもかかわらず

黒人不審者騒動の影響で結局、時間ぎりぎりになってしまったふたりは

無事サッカーシティスタジアムに辿り着き、アルゼンチンx韓国戦を観戦できるのであろうか…

<次回 サントンでの奇跡 につづく>




2010年06月24日

すーきん南アの大地に立つ!!


「ブォア〜〜」

耳をすませると遠くから早速ブブゼラの音が聞こえてきた。

広告や看板もサッカー関連の物ばかり…

IMG_4829



IMG_4833


6月16日 20:30

そう、それは俺達が遂に南アフリカはヨハネスブルグのオリバー・タンボ空港に

辿り着いた事を意味していた。ドバイを離れてから実に10時間、合計20時間の

ロングジャーニーであった。

ドバイ‐ヨハネスブルグ間のフライトで、すーちんは何故かアリス・イン・ワンダーランドを3回も観ていた。

2回日本語版を観たあと、英語版を観ていた。セリフを覚えたと自慢していた。

俺はその間に3本映画を見て、ワールドカップ1試合を観た
(エミレーツ航空はFIFAのスポンサーなので前日の試合を録画で流している)


そんな話はどうでもよいのだが、さすがに渡航前に日本でも過剰なまでの治安に

対する報道を目にしていたので緊張と覚悟を持って入国手続きをする。

となりのロボットをみると彼も一応そんな感じの表情はしていた。

でも俺たちはワールドカップを観に、バカンスに来たのだから

南アフリカワールドカップを楽しもう!!二人でそんな話をしたような気がする。

米ドルを南アフリカの通貨「ランド」に換えて、いざ到着ゲートへ!!

IMG_4839


ゲートにはいろんな人のネームプレートを持った送迎の人達の姿。

俺たちも宿泊するゲストハウスのオーナーが迎えに来ているはずなので探した。

しかし顔はわからないし、宿の交渉も代理店に頼んでいたのでどんな人なのかは

わからない…(当然向こうも)メル友にでも初めて会うようなドキドキ感であった。

俺「Hey! Mr.Moore?」(ムーアさんですか?)

M「Yes.」(そうだ)

俺ら「Oh! Nice to meet you!!」(はじめまして!!)

とりあえずひと安心である。

IMG_4843


しかもこのオーナーがかなりいかつい。

俺は「こいつといれば安心だけどこいつがもし悪い奴だとしたらこの旅はもう終わりだな…」そんな風に思った。

空港でドリンクを買い、オーナーの車に乗り込みハイウェイを1時間ほど突っ走る。

途中、警察車両にガードされながら走行するスペインを撃破した帰りのスイス代表のバスを追い抜いた。


ほどなくして宿に到着(とりあえずオーナーは悪者ではなさそうでひと安心)

今回俺達はホテルでは無く比較的治安が良いとされるサントン地区にあるゲストハウスにステイした。

日本ではあまり馴染みがないが海外では比較的よくあるB&B(Bed & Breakfast)である。

まぁ解りやすく言うと日本でいう民宿みたいな感じですかね…

オーナーのクリス・ムーアと奥さんのミシェル・ムーア

とりあえずこの3日間俺達の命はムーア夫妻に預けることになった。


部屋に入るとミシェル夫人が部屋の設備等の説明などをしてくれる。

すーちんはとりあえず朝食はパンで冷蔵庫のドリンクは飲み放題というところは

ちゃんと理解していたようだった。



と、ここで問題がひとつ。今回のワールドカップはチケットのバウチャーみたいなものは事前に手元に届くのだが

実際の観戦チケットは自分達で現地のチケットセンターに出向いて発券しなければならないのだ!!

俺はバウチャーを見せてつたない英語で必死に伝えると理解してくれたようで明日のアルゼンチンx韓国は

13:30キックオフだから9:00に出発してサントンのチケットセンターに寄ってから行こうという事で話がついた。



安心していると次にさらなる問題が発生…

夫人の話ではスタジアムの周辺は車が入れないのでpick up pointで降ろすから

そこから電車に乗ってスタジアムまで行ってくれとの事…

「で、電車!?」

「ひ、ひぃ!?」思わずすーちんも声を上げる…

外務省のHPにも「電車には危険なので乗らないように」と書いてあったのにぃ〜とか思っていると

ミシェル夫人は笑顔で See you tomorrow〜♪ と部屋から出て行ってしまった…

俺「電車は…まずいよな?」

す「いや〜デンジャーでしょう」

俺「どうすっか?」

す「どうもこうもないべー」

俺「英語でどう伝えりゃいいかわんねーしな」

す「おい!シャワー先浴びていいっすか!?」 …



すーちん&キングはどうなってしまうのか!?

<次回 朝からハプニングじゃい!! につづく…>






2010年06月23日

ドバイ半日deまわれんのか!?

いきなりハプニングの洗礼を受けた俺達はヴィンセントとも別れを告げ無事にUAEはドバイに到着。

IMG_4740

とてもきれいで快適な空港です。それもそのはず

ドバイ国際空港は日本でも一時期話題になったいわゆる「ハブ空港」ってやつで

世界各国の便がこのドバイに乗り入れしている。なので設備も最新だし充実しているのだ!!

しかも石油で潤ってる税金もないようなお金持ちの国なのでなんと空港の時計は…

IMG_4822

ロレックスだぜ!!なんでもアリだぜ!!


俺達はドバイでのトランジットが7時間ほどあったのでドバイに入国しようと考えていたのだがハブ空港であるがゆえ

すごい数の人がいるため入国に2時間くらいかかるという情報を事前に聞かされていたのだが、

俺達が降り立ったターミナル3は2年前にエミレーツ便専用に作られたターミナル
(エミレーツはUAEの国営航空会社なのだ)なので実にスムーズだった。

ドバイの観光も去年まではタクシーしか手段がなく渋滞が酷かったらしいが、

いまはドバイメトロというモノレールが出来てこちらもスムーズ。

IMG_4745



IMG_4747

早速メトロに乗って一路目指すはバージュ・ハリファ。

バージュ・ハリファは高さ828メートルを誇る世界一高い高層ビルで中には

ジョルジオ・アルマーニが手掛けたホテルも入っています。

ちなみに現在建設中の東京スカイツリーの最終的な高さは634メートルになる予定。
(自立式電波塔としては世界一の高さになる予定)

それでも200メートル近く及ばないってどんだけでけぇんだ?あんた!!

IMG_4757

御覧の通り写真にも収まりきりません… カメラ泣かせのニクい奴です。 

展望台もあるのですが、さすが幸薄。早朝の為、まだ営業していないので断念…

再びドバイメトロに乗る為、灼熱の中をトコトコ駅まで歩いて戻ります…

バージュ・ハリファ以外にもたくさんの高層ビルがひしめきあってました

IMG_4771

それにしてもドバイは暑い…この日もまだ日が出ていない朝5時の時点で37度と言っていたので

確実に日中は40度を超えていると思う…

日本みたいにジメジメしていないので気持ち悪さはないですが

ジリジリした紫外線攻撃はすごいと思います。女子注意!!

普通に汗は噴き出してきます!!10時間のフライト後にこの状態はきつい!!


すっかり歩くことはやめてメトロ&タクシー移動に切り替えた俺達が

続いてやってきたのは、ドバイで一番美しいといわれるシンボル的なモスク

その名も「ジュメイラ・モスク」を訪れました。

モスクとはイスラム教の礼拝堂の事で、キリスト教で言う所の教会といった所です。

ジュメイラは美しいという意味らしいのでその名の通りドバイで一番美しいモスク。

IMG_4794

ん〜。たしかにとてもきれいな形をしていて存在感はありましたね〜

しかし、すーちん曰く「オマーンのほうがもっとすごいモスクあったぞ」と

おまえより中東詳しいんだぜ的な、中東歴長いんだぜ的な発言ww

ここも中を見学できるのですが案の定まだやってなかったので断念しまして

再びタクシーで駅まで戻りまた移動。。



次に、すーちんがドバイでどうしても行きたいと暑いリクエストにより

スーク街に行くことにしました。

スークとはアラビア語で市場の意味です。ドバイには色んなスークがあります。

この頃、時間もようやく10時を回り出して

ドバイの街も動き始めてきました…

IMG_4799



IMG_4801

こちらはゴールド・スーク

そうドバイと言えば「金」が有名。このエリアには写真のような

金を扱うお店が30〜40軒ほど軒を連ねています。

まぁ高いだろうと思い店の中には入りませんでしたが…


そして不思議なことにドバイのスーク街を散策していた我々はいつのまにか

ドバイに順応しているではありませんか!?

IMG_4804

電波少年もビックリですね。猿岩石を彷彿とさせます。

つーかそんな感じで遊んでてもくそ暑いし、時間も時間なので、駅まで戻り

みたびドバイメトロでターミナル3まで戻りました。



中東の国というだけでみなさん怖いイメージを持つかもしれませんが

それは一部の国だけであってドバイはとても安全で楽しい国なので

是非行ってみてください。俺もまたゆっくり来ようと思います。おしまい。

IMG_4821





…って俺らはワールドカップ観に行ったんじゃないのか!?

次回こそいよいよ南アフリカ・ヨハネスブルグに到着します!!

<次回 すーきん南アの大地に立つ につづく>







2010年06月22日

南アフリカに向かうんじゃい!!

こんばんわ。キングです。

20日の夜にすーちんと共に無事日本に帰還しました。

出発前に高らかに現地でリアルタイムに更新すると宣言していたのですが

ヨハネスブルグのゲストハウスで頼んでいたモデムが手配されていなくて

ネット環境がなかったので…(ちなみにドバイでは空港内にwifiがあったんで辛うじて更新できましたが)

かなり後手後手にはなってしまったのですがまだワールドカップも

半分残っていますし、これから南アフリカに行く人のために

なにより俺たちが南アフリカに乗り込んだという軌跡を残しておきたいので

記事を書こうと思います。。


6月15日

俺たちはまず羽田から国内線で関西国際空港へ向かった。

今回はFIFAのスポンサーでもあり、世界一の航空会社と呼び声高いエミレーツ航空で

ドバイを経由し、南アを目指したわけだが、成田〜ドバイ間も就航はしているものの毎日では無いため

出発日は関空発‐ドバイ経由‐ヨハネスブルグというルートになった。

しかし、まず羽田〜関空間で早くも今回の旅が簡単には行かないだろうなという壁にぶち当たる。

搭乗して3人掛けの席に着くと、俺の隣は黒人のビジネスマンだった。

出発前の機内は蒸し暑く、俺と目が合うなり彼は「very hot!!」と俺に話しかけてきた…

そこから会話が始まるのだがリスニング自体わからない場合も多いし、理解は出来ても

どう答えればいいか言葉が出てこない。そう言葉の壁である。

南アフリカの人達は英語自体誰でも話せるみたいだが、こちらが英語を話せないのである…

たしかに年に数回海外旅行には行くが、いつも行くのはハワイなどここは日本か?と錯覚するほど

日本人観光客の多い国ばかり。本当の意味では今回が初の海外旅行かもしれない。

出発前からそれなりの覚悟はしていたがここまで会話がスムーズにできない自分にショックだった。

ふととなりを見るとすーちんは完全に聞こえてないふり&その輪に入ってくる気配は見せず、

電源の入っていないロボットのようにあごを突き出しながらただ前を見つめているではないか!?

「コイツは何の戦力にもならん…」と悟った俺は(それも出発前からある程度覚悟はしていたが)

関空までの2時間弱、がんばって彼と会話を続けた。

彼の名前はヴィンセント。前回の記事ですーちんと一緒に写っていた彼だ。

彼は道路のコールタールを販売するビジネスをしていてタンザニアから日本に来ていたようだ。

俺たちと同じ便でドバイまで行き、タンザニアに帰る途中だと言っていた。

いわゆる一種の石油王なのだろう。高そうな時計をしていたしデジカメはソニー製、パソコンはアップル製だった。

関空に着いてもカルティエで奥さんへのプレゼントを物色していたし…

そんなヴィンセントに俺たちはヨハネスブルグに行ったことがあるか?と尋ねると彼は行ったことはないと答えた。

そして続けてこう言った。「物を盗られないように気をつけたほうがいい」と。



ヴィンセントが「出会った記念におごるからビールでも飲もう」と言うので3人でビールを飲んで一服していると…

「あれ?」俺がすーちんに時間を尋ねると搭乗券に書いてある出発時間を10分ぐらいすぎている…

「ひ、ひぃ!?」まだ旅も序盤の序盤なのに南アフリカ行けないのかい!?とあせり一気にビールを飲み干し

3人で猛ダッシュ!!ヴィンセントも余裕ぶっこいてパソコンのメールチェックなんかしてたのにさすがに

マジな顔になっていた。運よく出発時間が少し遅れていたので(俺達のせい?)事無きを得たが

これからドバイまで10時間ほどのフライトなのに汗だくの状態で機内に乗り込みたくはなかった(泣)

不安だらけの旅のはじまりであった…

<次回 ドバイ半日deまわれんのか!? に続く>

2010年06月16日

ドバイ到着

経由地のドバイに到着。

半日あるので入国してこれから観光してきます。

すーちんもさっそくお友達ができたようです。

IMG_4734



IMG_4738

2010年06月14日

すーきん南アワールドカップへの道2 〜準備〜

いよいよ明日南アフリカへ向けて出発します。

この一年間でパッケージツアーでしか海外旅行に行った事が無い

俺たちにとってエアーの確保から宿や送迎の確保など色々ここまで

大変だったけど、入念に準備してきたし、今はただその時を

待つといった状態です。



主なスケジュールとしては

6月15日夜 日本発


6月16日早朝 ドバイにてトランジット(ドバイ入国して半日観光)


6月16日夜 南ア入り(ヨハネスブルグ)


6月17日 アルゼンチンVS韓国(サッカーシティ)


6月18日 スロベニアVSアメリカ(エリズパーク)
※一番治安が悪いと噂されるスタジアム


6月19日 帰路へ


6月20日 日本着


といった具合。

あれ?日本戦観に行くんじゃないんだ!?

そうです。観ません。

しかも出場国が決まる前にチケットを購入したので

抽選会の時にどの国の試合を観るのかが決まりました(笑)

たまたま生マラドーナ&メッシが観れる様になりました(大笑)



まぁ南アフリカもドバイもこんな機会でも無い限り行く事も

ないだろうから試合観戦はもちろんのことワールドカップを

楽しんでこようと思います!!





2010年06月13日

すーきん南アワールドカップへの道1 〜序章〜

こんばんわ。キングです。

前回、南アへ行く宣言をした私たち「すーちん&キング」ですが

どうして南アフリカへ行くことになったかというのを書いておきたいと思い

旅立つ前にプロローグを設けました。


あれは昨年の春ぐらいだったと思います。

「南アフリカW杯のチケットがFIFAで抽選販売開始」みたいな

ニュースを見て「まだ出場国も出揃ってないのに売っちゃうのかよ!?」と

思ったと同時に、すーちん氏にメールを送りました。


「南アW杯のチケット抽選販売に申し込むのでパスポート番号教えて」

ほどなくすると…


「TH○○○○○(パスポート番号)」


あっこいつ行くんだ。行ってもいいんだ。






そして1ヶ月後

FIFAからメールが来ました。

とりあえず全部英語なのでワケわかりませんでした。

FIFAのサイトにアクセスしてみました。

3試合に申し込んでいたんですが2試合のところに○が、1試合にはxがついてました。

英語なので何が書いてあるかはわかりませんが…

「2試合当たって1試合外れたんだな」そう理解しました。

当たった…当たってしまった!?

数日後、しっかりクレジットカードでチケット代が決済されていました。

う〜ん。行っちゃうか!!

こうして南ア行きが本格化し始めたのです…

<続く>



2010年06月12日

南アフリカワールドカップ開幕じゃい!!

ブラジルの人聞こえますかーーーー!?


どうもおひさしぶりです。キングです。

昨年11月以来の投稿ですか… あっ明けましておめでとうございます。

突然更新しなくなったけどちゃんと日々精進してましたよ(笑)

明けましたといえば、遂に南アフリカワールドカップが開幕しましたね。

ブブゼラの音がやかましいですが現地の映像見る限りとても盛り上がってますね〜

南アフリカに勝たせてあげたかったなぁ〜。でも勝ち点1は上々でしょう。



と言う事で、突然ですが、、

この度、


すーちん&キングも南アW杯に

参戦してきます!!



まぁ1年以上前から計画してた事なんですけどね。。

少なくとも岡田ジャパンよりは準備はしてきたつもりです。

今日からW杯期間中はしっかり更新するつもりなので

暇な人はみてください。現地からも更新したいと思ってますので。

よろしく!!

2009年11月14日

グアム旅行記2日目じゃい!

どーもすーちんです

長らくお待たせしてすいません
なかなかパソコンに向かう時間が無くて!といいわけしてみる
実はサンシャイン牧場&みんなの農園にはまってしまい気づけば夜中の2時!というパターンのやつやごめんなさいな


さてさて2日目のことを書きたいと思います。



朝6時起床。バーサク状態のため朝っぱらからテンションの高いワタクシ。

キングは予想通り起きなかったのでクーラーをガンガンにかけ、ふとんをひっぺがしてやる。

キ「わかった。わかったよー!」


と、なにがわかったのかわからないが、しぶしぶ起きる





7時ロビーに集合。SADA監督(キング父)と監督の実弟TAKAHIROさんと現地初対面異国の地で知っている人に会うと一段とテンションがあがるね

迎えに来た送迎車に乗り、揺られること30分ゴルフ場到着
007

今回プレーさせていただいたのはカントリークラブ・オブ・ザ・パシフィックという素晴らしく景色の良いゴルフ場




016






019


日本でも全くゴルフなんてしないワタクシ達にはもったいないくらいな場所








とりあえずテンションぶち上がり状態のワタクシ達はゴルフそっちのけで写真を撮る
011




013









キング家一同
014







あまりにもきれいなのでプレー中も激写
020
SADA監督&キング






026
キング&TAKAHIROさん、兄弟みてーだな(笑)




027
TAKAHIROさん&監督いかついな(笑)








029
監督の指導を受けるキング。







030
どこ行った!?




と写真ばっか撮っていったら後ろの組に追いつかれた

しかもおれとキングのダメッぷりをみた後ろの組のおっさんに


「詰まってるんで早くやって」と注意される始末。。。



そこからは早く打たなきゃ!的なあせりで走りまくりでした。
おれとキングはボールを探すのに苦労、汗かきまくりで



部活か



って突っ込みたくなるような状況


芝生の上にはそこらじゅうにひっからびたデッカイ蛙の死骸

おれらもこーなるんじゃねーか(゚ロ゚;)エェッ!?

という危機に怯えながらも

なんとか9ホール終了(今回はハーフコース)




結果は






聞かないでください




とりあえずワタクシはボールを10個ぐらい無くしました(ノД`;)


そして



自信も無くしました(´;ω;`)


またUZ6ゴルフアカデミーで練習し直すことにします(´;ω;`)(´;ω;`)
UZ6先生ご指導のほどよろしくお願いします







その後はクラブハウスで待ちに待った昼食


とりあえずビールで乾杯
034







032
BUD LIGHT!!


バドワイザーのライト版らしいんだけど日本にもあるのかなこれ!?
ビールあまりすきじゃないんでビール事情はよくわからんが飲みやすかったわ〜







やっぱり南の島と言ったらエビだろ!!!

ってことでワタクシは
038

スパイシーシュリンプを頼みました。
これがちょー美味




039

SADA監督の舌をも唸らせるほどの美味






いやいや、やっぱり南の島と言ったら肉だろ!!

ってことでキングは
036

ハンバーガーを頼みました。
これもんまい




クラブハウスのメシだからパァンパンやろ〜(巨人師匠)と思っておりましたが、発言撤回や〜

うますぎるよほんとに。後日帰国してからどこがおいしかったか検証した結果ここの食事が一番おいしかったと全員一致で可決されました。

グアムきたらまずはゴルフ場のクラブハウスに足を運んでみてはどーでしょう。


ただ写真にも写ってますがキムチだけにはきをつけましょう。辛すぎてヤバイです

1451日連続完食中の記録を持つワタクシでもあまりの辛さに残してしまいました
まさかグアムでこの記録が途絶えるとは・・・ちくしょーーヽ(TдT)ノ

続く。

2009年11月04日

グアム旅行記じゃい!

どーもすーちんです

時が経つのは早いもんでもう10日も経ってしまいました
楽しいことはあっという間に過ぎてしまうものですね。。。シンミリ



てなわけで、すこしずつですが書いていきたいと思います。





まずはグアムの空港についてしょっぱなからトラブル!!

夜中の1時くらいに着いたんだけど入国審査でシステムトラブル発生!!
1時間以上またされたわ

復旧後は指紋、顔写真も撮らず、テキトーに質問に

す「Yes!OH〜 Yes!!」

って答えたら通れた(笑)おまいらテキトーだね〜(笑)

そんなこんなでホテル着いたのが夜中の3時!!遅っ


今回泊まったホテルはヒルトン・グアム・リゾート&スパ!!

結婚式がここで行われるので今回は贅沢にヒルトンに泊まりました


真夜中ということもあってお出迎えはナッシング


と思いきやこいつらが待っててくれました。
005
















006
あら、遅いわね〜。



じゃないわ

キモすぎだろビックリしたわ(;´Д`)

どーやらハロウィンが近いらしく置いてあったらしい。それにしてもリアルすぎ少しは手加減して(TДT)











ホテルもいままでの旅行で一番いいホテルなんじゃね!?ってことでキングと期待を膨らませ部屋に向かう。

が、しかし!!
002
ワタクシ達が泊まった部屋はいたってフツーの部屋やないかいちょっとガッカリ




でもそんなガッカリしているヒマはない!部屋なんてどーだってえーねん!早く寝ないと

そーなんです。次の日は朝7時からゴルフなんです



まー着いてすぐなんて寝れるわけないんですよ。



とりあえず騒ぐ。



とりあえず屁をこく。



奇声をあげる。



キングあきれて寝る。



ひとり寂しく騒ぐ。



ひとり寂しく屁をこく。



騒ぎ疲れて気づいたら朝になってました。


服も着替えずベットの中にも入らず寝てました。。。


海外のテンションてなんなんだろーねほんと。軽いバーサク状態だわ(笑)

屁も喜んで止まんねーし( ´∀`)つ


だれか治し方を教えてくれ






2日目はまた後日書くことにします。