2014年03月09日

異動しました

前回の復活ブログから早くも2ヶ月以上が経ちました。

実は私、3月初旬よりバンコクに異動になっており、現在は色々な準備をしながら日々を過ごしております。

香港、フィリピンで合計17年間海外生活をしてきた私にとって今回のバンコク暮らしはそれほど苦にならないとは思っていましたが、意外や意外あまり英語が通じないのにはビックリしました。(私の行動範囲が狭いため?)

治安や生活環境はフィリピンと比べ全然良いように思うのですが、タイ語の話せない私にとってこの言葉の壁をどう乗り越えて行くかが最初の難関になりそうです。

まあまだバンコクに来てから日が浅いので気長に頑張って行こうと思っています。

ではまた次回に。


subarasiki2005 at 18:48|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月30日

ブログ復活!

人にはそれぞれ人生のターニングポイントがあります。

再びそのターニングポイントがやってきたので3年以上休止していたブログを再会しようと思っています。

実はあの忌まわしいONDOYによる洪水の翌年、離婚をし、その後私一人だけ日本に帰国し色々な方のご支援をいただき現在は某飲食関係の仕事に携わらせていただいております。

入社時から海外転勤の話があり、正直なところ今現在異動の予定日までほぼ決まっています。

今はまだ何処の国に行くか公にはできないですが、また話ができる時がくれば随時アップしていこうと思っています。

ただ私にとっての本当の意味のターニングポイントはこの海外転勤ではないのです。

17年間も海外に住んでいた私にとって海外転勤は別にたいした転機ではないのです。

では本当のターニングポイントとは、、、、、

もうすぐ2014年の幕開け、新たな年のNew Year’s Resolution(新年の決意)としてブログを続ける様頑張りたいと思います。


subarasiki2005 at 03:08|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2010年09月26日

あれから一年

はやいものであれから丁度一年が過ぎました。

そうです、あの忌まわしいOndoyから今日で丁度一年です。

あの後個人的にも色々な事が起こり、現在も進行形で進んでいます。

本当に色んな意味でのターニングポイントとなる災害で、本当に忘れられない記憶となってしまいました。

この先どのような事が起こるか誰もわからないですが、今は自分のできる事を一生懸命頑張っていくのみです。

時間の経つのって本当にはやいですね。

2009年10月08日

台風ONDOYがもたらしたもの

しばらくブログをお休みしていたが、今回は自分への教訓、戒めそして自然の脅威の怖さを忘れないためにも記録としてブログを書こうと思う。



洪水1





(自宅近くの翌日の状況)続きを読む

2008年12月09日

みなさん有り難うございます

このたびは突然のブログ休止発言に伴い、温かいコメントやメールをいただき大変感謝しております。

前回休止発言を書かせていただいた時には一切理由を書かせていただかなかったので、今回は理由の一つを書かせていただこうと思います。

以前少しだけブログに書かせてもらったと思いますが、実は引っ越しをさせていただくことになりました。(メトロマニラ内ですが)

それに伴い今の家のインターネットアクセスは当然のことながらキャンセルさせてもらうので必然的にインターネットに接続できない状況となります。

また最近色々と調べてみると、今度の家のネット環境が非常に悪く殆どのプロバイダーを使用できない可能性があります。

噂によるとただ一社、あの悪名高きPLDTのみ使えるのではないかと言うことです。

いつも楽しく拝読させていただいている「フィリピンでビジネスをしよう!」のAkiraさんが常々書かれているように、この会社のカスタマーサービスは最悪極まりないようなのでできることなら使いたくないと言うのが本音です。

いづれにしてもこのままインターネットがない生活をずっと続ける訳にもいかないので最悪の場合PLDTを使用することにはなると思いますが…….

上記のような理由もあり今回の休止発言となったしだいでございます。

まあその他にも理由はあるのですが、それらはブログ上での掲載は控えさせていただきます。

最後に今回の件で色々と有り難いコメントやメールをいただいた方に再度
心より感謝を述べさせていただきたいと思います。

大変有り難うございました。


2008年12月07日

ニンテンドウDSi

ようやく来ました〜!
待ちに待ったニンテンドウDSi。

これがそのニンテンドウDSiです。

ニンテンドウDSi







日本で発売直後1回目の入荷では抽選に外れたものの、2回目の入荷で無事にゲット。

そして他に一緒に買ったニンテンドウDSi用ソフト数本やWii用ソフト数本、マンガ、ちょっとした電化製品なども皆さんにお教えいただいたバリクバヤンボックスを使って発送し本日無事に到着しました。(情報をいただいた皆様大変有り難うございました)

早速箱を開け、DSi本体を充電し始めようとする娘。

「ちょっと待った〜!!」

コンセントに充電器をプラグインする寸前で充電しようとする娘を何とか静止。

「ちょっと充電器見してみ」
「やっば〜」

思った通り電圧が100〜120Vまでしか対応していない完全日本仕様でした。

危ない危ない、一回も遊ぶ前に一瞬にして破壊するところでした。

それにしてもバリクバヤンボックスはスゴイですね。
日数こそは2、3週間程かかりますが、訳の分からない税金を取られない分だけすばらしいと思います。

皆さんも何かの際には是非どうぞ。お勧めします。

最後に話は変わりますが、今週末より諸事情によりブログの更新を休止させいただきます。

復活はいつになるか分かりませんが、いやもしかするとこのまま休止を継続させていただく事になるかもしれません。

勝手を申し上げますが何卒よろしくお願いします。


2008年12月01日

都市伝説

昨日ひょんなことから娘と「ドラえもんの最終回」について話をする事になったのですが…….

私自身、この「ドラえもんの最終回」についてはある程度の噂を聞いて知っていて、一昔前に親御さんから「子供の夢を潰すことはやめてほしい」などと言う苦情がスゴかった事を娘に話すと

「違うよ、この前映画見たでしょ!、ドラえもんは未来の世界に帰って、またのび太君のところに戻って来たの!」ってきっぱりと言われてしまいました。

そこで真相は如何にと思いインターネットで調べてみる事に…….
続きを読む

2008年11月25日

微笑ましいお話?

今日娘から

「パパ~、これ見て見て!」

と言われ一通の手紙を見せてもらいました。
手紙といってもノートをちぎったものなんですが……..

「んんん、I love you!?」

「何や、いつものごとく娘から私宛のおねだりメッセージか?」(おねだりする時は手紙かキス攻撃)

「もらったの」
そう言いながら顔を紅らめる娘。

「えっ、※★◎□槇 ラブレターもろたんか?」
そう言いながらたじろぐオヤジ。

本人いわく、何人いるのかは不明ですがファンクラブもあるんだとか。(ホンマかいな?)

そして内心、そうか娘もそろそろそんな年頃になってしもたんやな〜と嬉しくもあり、
悲しくもあり…….複雑な心境でした。

今はまだ初恋だの何だのと言って微笑ましい話なんでしょうが、いずれは何処の馬の骨とも分からん男に取られることを思うと……….うううううっ、シクシク。

一言だけ言わしてくれ〜

「た、た、頼むから金持ちと結婚してくれ〜!」

オヤジの切ない思いでした。

2008年11月15日

アマちゃんの悲劇

前にも少し書きましたが我が家にも一応メイドがいます。

そしてそのメイドの事を香港式に「アマちゃん」と呼んでいるのですが、今回の悲劇はその彼女に降り掛かってきました。

悲劇が起こったのは昨夜の11時頃、いつものように一人で自分の部屋にこもっていたので、私達はみんな、いつものように一人でアイロンをしているもんだと思っていたのですが…………突然奇声を上げて部屋から出てきました。

何と頭から大量の血を流し、まさに大流血!

一瞬、「リング」の貞子が出てきたと思って、全員凍り付いてしまいました。

しばらくして嫁が手当をしはじめましたが、まさにアブドーラ・ザ・ブッチャーばりの大流血。正直言って焦りました。

それとなく嫁が理由を聞いてみると、櫛で髪の毛を勢い良くといていて、「おでき」を潰してしまったそうです。

そんな「おでき」が潰れる程気合いを入れて髪の毛をとかんでも良いと思うんですが、そこはやはり我が家の「アマちゃん」、加減と言うものを全く知らないようです。

私と娘は、てっきり気が狂ってアイロンで自分の頭を突きまくったのかと思っていたのですが、真相はそうではなかったようです。

しかも服は血まみれ、家も血まみれ、犬はウンコまみれ(関係ないですが)で後の掃除が大変でした。

まあ、いずれにせよ大事に至らなくてよかったです。


2008年11月09日

マニラの日本人学校

今回はマニラの日本人学校について簡単な情報を書いてみようと思います。
(個人的な意見もありますのでご了承を)

正式名称は「在フィリピン日本国大使館付属マニラ日本人学校」と言うようで、何とも仰々しい名前ですが普通に「マニラ日本人学校」で通っていて、Taguig(フォートボニファシオのグローバルシティーやマーケットマーケットの近く)にあります。
続きを読む

2008年11月01日

靴のサイズ

最近靴を買う時はだいたいグリーンヒルズに行って買うことが多く、先週もスニーカーを買いに行ってきました。

香港もそうですが、ここフィリピンでも足のサイズはアメリカ式のサイズ表示が普通のようで、私の場合「サイズ7.5」と言えば足にピッタリあった靴が出てきます。

今回も好みのデザインを選びサイズを言い試着してみると、なぜかしらものすごくブカブカ。

まあバッタ物だし、サイズも適当なんだろうなと思い、しかたなく一つ小さいサイズの「サイズ7」をお願いしてみた。

再び履いてみると、さっき履いた靴と同じくらいブカブカ。

不思議に思い内側に着いているタグをチェックしてみると「7.5」と書いてありました。

お姉ちゃんに「これまた7.5ですよ」って言うと、返ってきた答えが

「箱に7.0って書いてあるんで7.0です」

すかさず
「エッ?でもこのタグ7.5ですよ。7.0の箱に間違って7.5が入っているだけでしょ?」

そう言ってタグを見せても「箱が7.0って書いてあるんで7.0です」の一点張り。

仕方ないんで

「じゃ、ここのタグに7.0って書いたやつを持ってきてくれますか?」

ってお願いしてみました。

待つこと数分、タグに7.0と書かれた靴が私の手元にやってきて、恐る恐る履いてみると…..

ジャストフィット!
その様子を見て店員のお姉ちゃんが一言

「これサイズ7.0です」

そんなもん最初っから分かっとるわい、このドアホ!
何でただ靴を買うだけでもフィリピンでは一苦労するんでしょうか?


2008年10月25日

クリスマスプレゼント

あと2ヶ月たらずでクリスマス。
そろそろ子供にもクリスマスプレゼントをねだられてきました。

「今年は何が欲しい」って聞くと、しばらく悩んだ様子で
「う〜〜〜ん人形」

でも本心では違うものが欲しそうな雰囲気だったので

「人形買ってもいつも遊ばへんやん」って言うと
「だって..........高いから……」ですって。

何とけなげな我が娘、私の懐具合を気にしてくれてる。
と言うかたった8歳の子供にそんな気遣いをさせている私が情けなくなりました。

色々話を聞いていると、学校の友達がみんなニンテンドウのDSを持っているらしいのでそれが欲しいようでした。

あまりに可愛そうなので思わず買ってあげるっていうと、ものすごい喜びようで言った私の方が反対に嬉しくなってしまいました。

でもこのDS、日本では11月1日に新製品が発売されるのでそれを待とうかと思っていて、ついでに日本のおじいちゃんからのクリスマスプレゼントと一緒に送ってもらおうかと思っております。

そこでまたまた発生してくる問題がその発送方法。

前回Wiiを送ってもらった時のようにEMSで送ってもらうと税関で止められて高い税金を取られそうですし、FedexやDHLは高い上に訳の分からんチャージもとられるようだし…….

ここは試しにバリクバヤンボックスを利用しようかと思っているんですが、これって大丈夫でしょうか?

一応規定の箱のサイズ内に収まれば衣服をはじめ電化製品や本、DVD など何でもフィリピンに約2週間程度で送れるようですが、問題は関税の問題と保険がかけられるかと言うところでしょうか。

またその辺おいおい調べてみようかとは思いますが、もしご存知の方がおられたらお教えいただけないでしょうか?

何か今回はお願いになってしまい申し訳ないです。
ごめんなさい。


2008年10月18日

ビックリ漢字Tシャツ

先週メガモールでちょっとビックリ、いや笑ってしまったものを見ました。

それは何かと言いますと漢字の書かれたTシャツなんですが…….
問題はその書かれている文字。

買物が終わってパーキングに行こうと歩いていると、向こう側から一人のフィリピン人男性が歩いてきました。

遠くから見ていると普通に漢字が書かれているTシャツを着ているように見えたのであまり気に留めてなかったんですが............近づいて見てみると、

「えっ!」でした。

男の胸にはでかでかと「巨○」(註:○は根)と書かれてました。

この男、意味を知ってか知らないのか胸を張って堂々と歩いてました。
しかし下ネタ関係の漢字Tシャツがあるとはある意味以外でした。


2008年10月12日

免許更新

先日フィリピンに来て初めての免許更新をしてきました。

日本の場合だと運転免許センター(試験場)か最寄の警察で更新するんですが、フィリピンの場合はLTO (Land Transportation Office) に行って更新します。

手続きはいたって簡単で、申請書を提出後、ドラッグテスト(尿検査)、身体測定、写真撮影をし、後は交付を待つのみです。

今回私の場合は新たにバイクの免許も追加してもらったので実技テストも追加になりました。

しかし常々思いますが、フィリピンは全てにおいていい加減さ満開でした。

まずドラッグテストですが、尿を採取して即OK。(検査したかどうか不明でお金を払っただけ)

次に身体測定、一応体重計には乗るものの全く見てません。
その後口頭で身長と体重を聞かれそれを記入してました。(さっきの体重計は何だったのか?)
そして視力検査へ。
壁に貼られた視力検査の紙の前に立たされ一番下の行を左から読めとのこと。

「P、H、F、C……Q」

すると横から
「それはCとQじゃないよDとO」

「あ、OK、じゃDとO」
「イエ~ス、OK!」

何じゃそれ、全然検査の意味がない。

そしてお次はバイクの実技テスト。
実技テストといってもコースも何もなく、ただ一般道をホンダのゴリラのようなボロボロのスクーターに乗って10メートルほど行って帰ってくるだけ。(アホでもできます)

それからバイクを降りると
「ハイ、60ペソ払って」

何じゃいそれ、それってバイクの借り賃?
それを払ってはい合格。

しかもたったそれだけのテストで免許を取ると、スクーターはもちろんのこと、何と何と750 ccでも何でも自分の好きなものに乗れるそうです。(私は運転の仕方を知りませんが)

何とメチャクチャな免許制度なんでしょうか。
やっぱりここはフィリピンなんですね。


--------------------------------------------------

他の皆さんには申し訳ないですが、以下はよくコメントをいただくPOさんへのメッセージです。

先日メガモールにあるAnimal Houseの情報をお知らせしましたが、このAnimal House来週、現在の5FからG/Fに引っ越しをするそうです。(Toy Kingdomの近くだとか)

--------------------------------------------------





2008年10月04日

変な鳴き声

最近家の中で変な鳴き声が聞こえるようになったんです。

「カッ、カッ、カッ、カッ、カッ」いや「ケッ、ケッ、ケッ、ケッ、ケッ、」というようなけっこう大きな音がキッチンあたりから聞こえてくるんです。

もしかしてオバケ?あるいはラップ現象?

不思議に思い調べてみると、原因はなんと「ヤモリ」だったんです。

最初は、「え〜っ、ヤモリって鳴くの?!」って思ったんですが、ネットで色々調べてみると本当に鳴くらしいんです。

全く知りませんでした。

今の家に住み始めた時からヤモリがいてるのは知ってましたが何で最近になって鳴きだしたんだろう?

求愛行為?それとも何かほかに?

それにしてもあの小さい体から、あれだけ大きな音が出るとはビックリです。
お陰で子供は「怪獣、怪獣」って恐がって一切キッチンに近寄らなくなっちゃいました。


2008年09月28日

新しい家族再び

実は以前ご紹介した犬のサジ君、今年の4月初めに親戚の家に貰われて行きました。

その後娘にもずっ〜と新しい犬が欲しいってせっつかれていたので、とうとう昨日新しい犬を買っちゃいました。

ド〜ン!

ビーグル2





ビーグル1









新しい家族のご紹介です。
品種は皆さんご存知のビーグルです。

このビーグル生まれてまだ3ヶ月なのになかなか頭が賢そうです。
悪さをしても一度ダメって教えるとすぐに覚えているようですし、オシッコも自分の家の中でしかしないようになっていました。

一生懸命オシッコを我慢している姿を見て、家族全員に「アンタはエライ!」って誉められまくってました。

いや〜、自分で言うのもなんですが本当可愛いです。


subarasiki2005 at 14:15|PerlmalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2008年09月21日

フィリピンの不思議

昨日、車のメンテでトヨタに行って来た時不思議に思った事。
まあ昨日に限らずトヨタに行くといつもと言っていい程思う事なんですが,,,,,,,

なんで普通のフィリピン人庶民が車という高額な物をポンポン買えるのか?
疑問でしかたありません。

車自体の価格は日本とほぼ同じ価格、いやもしかしたら少し高め。
一方庶民の方の給料を日本の5〜10分の1とすると、カローラ等の大衆車でもベンツ並みの価値があるようにも思われます。

それを普通にローンを組んで買えるんで、ものすごく不思議でたまりません。
しかもフィリピンの金利は日本の比ではないほど高金利。
ローン完済時には買い付け価格の2倍ほどの支払いをしているなんて事も。

昨日一番不思議に見えたのは、どうみてもそこらの貧乏長屋から来たような夫婦が来てセールスマンとお話を、その後、そそくさとショールームの外に出て行った。(オヤジはどう見てもジープニーの運転手にしか見えない)

やっぱり冷やかしか?

って思ってじーっと見ていると、そのオヤジ、運転手付きのシビック(現行モデル)に乗り、今度は近くの日産のショールームに入って行った。

車を買う買わないは別の問題として、現実問題としてそのオヤジが運転手付きのシビックを持っている事は事実。

日本人でもおいそれと車を買う事はできないのに,,,,,,,,,,ドボジデ?

もしかするとものすごい大金持ちなのかも知れないですが、それにしても街で車に乗っている人全てが大金持ちとも限らない。

本当フィリピンは不思議な国です。

注:ここフィリピンにはお金持ちもたくさんいて、そのレベルも日本では考えられない程の超お金持ちもたくさんるそうです。


subarasiki2005 at 22:10|PerlmalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2008年09月14日

フィリピンの住宅事情

今回はフィリピンの一般的な住宅事情について書いてみようかと思います。
(正確な情報ではない場合がありますので、詳しくはご自分でお調べ下さい)

まず、住宅の種類を分けてみると

1.一戸建て
2.コンドミニアム
3.タウンハウス
4.普通の庶民の長屋

などなどがあると思います。

これらは全てエージェントやブローカーを通じて借家として住む事は出来ますが、購入するとなると違った問題が出てきます。

購入を考えた場合、外国人名義で購入できる物件はコンドミニアム(以下コンド)とタウンハウスに限られてきます。

基本的に外国人は土地の購入ができないのでコンドやタウンハウスと言った物しか買えません。

その価格も場所や間取り、家具付き、家具なし等によってピンキリで、マカティやフォートボニファシオそれからロックウェルなどはお値段も高くなっているようです。

また配偶者がフィリピン人の場合(私の場合など)は外国人でも一戸建て(土地建物)を購入する事ができると聞いた事があります。

ちなみにこの場合の名義は「どこどこに住んでいる誰々と言うフィリピン人の配偶者の誰々さん」と表記されるらしいのですが……..本当かな?
その辺の詳細はご自身でお調べいただいた方が良いと思います。

次に借家の場合、これも購入の場合と同様価格帯もピンキリですが、購入と違い自分の予算に合えば即入居できるので問題ないと思います。

ただフィリピンの場合、日本や香港のように街中の至る所に不動産屋がなく、エージェントやブローカーを探すのに一苦労します。
(コンドの場合だと、そのコンドのガードに聞くと担当者を呼んでくれるようです)

あと一番大事な事としてセキュリティも注意が必要だと思います。

一応どこのビレッジやコンド、タウンハウスにもガードはいて警備はされていますがそれらの点も十分確認されたほうが良いと思います。

まだまだ注意すべき点は多々あると思いますが今回はこのあたりで


2008年09月06日

ドーナツはお好き?

ここフィリピンにも日本でも名前の知れたミスタードーナツとダンキンドーナツがあります。

何を隠そう私は隠れドーナツ好きで、香港にいる時から日本に出張に行くと必ずと言っていい程毎朝ミスタードーナツに通いドーナツとコーヒーをすすっていました。(香港ではミスタードーナツやダンキンドーナツを見つけれませんでした)

それはさておきフィリピンのドーナツはと言いますと…….

日本のミスタードーナツには及ばずともダンキンドーナツは結構頑張っているように思えます。

しかも値段が安いんで3、4個食べてジュースを飲んでも100(約230円)ペソもしないですもんね。この安さと手軽さも魅力の一つですよね。

一方のミスタードーナツは…….はっきり言ってマ、ズ、イと思います。
何か薬の固まりのお菓子を食べてるようです。

あれを美味い美味いと言っているフィリピン人の味覚はすごいな〜って思ってしまいます。

他の日本人から見ればダンキンドーナツをそこそこ美味いと思っている私の味覚にも?マークがつくかもしれませんが、ミスタードーナツは論外のような気がします。

プーケットとかその他のアジア諸国のミスタードーナツはそこそこ美味しいのになんでフィリピンだけあの味なんでしょうか?

同じミスタードーナツブランドなのに不思議です。
それだけフィリピン人の味覚って違うんでしょうか?
でもダンキンドーナツは普通の味なのでそう言う事もなさそうです。

単にフィリピン独特のやる気の無さといい加減さの現れかも知れないですね。


2008年08月30日

奴らの策略

またまたGlobeとの戦いが始まってしまいました。
バトル第三章です。

カ〜ン!

今回は水曜日からまたしても電話とネット回線が不通となり、数々の死闘の末ようやく先程午後6時頃に復旧致しました。

もうはっきり言って詳細を書くのも疲れますし、Globeの対応にもほとほと疲れました。
一体何の為のカスタマーサポートかわかりません。その場しのぎの為のウソばっかり。

10日毎に回線不通になり、毎日毎日激しい戦いをすれば、そりゃウンザリもしますわな。

絶対嫌がらせでわざと止められてるような気がします。

はあ〜。


2008年08月23日

ハエたたき

皆さんこれご存知ですか?

ハエたたき













そうです、「一撃必殺電気式ハエたたき」?
いや「ハエバチバチ」?はたまた「ハエビリビリ」?
日本では何という名前でしょうか?

使い方はいたって簡単、ラケットの真ん中に張り巡らされている金属部分にハエが当たると「バチッ!」と火花と音が、そしてその後には真っ黒焦げになったハエの(元々黒いですが)残骸がコロリとって手筈なんですが……..以外とこれが難しいんです。

飛んでいるハエをバシッと打とうとしてもハエの動きが速すぎてまともに当たる事はまずないですし、どこかに止まっているハエを殺そうとソロ〜リ、ソロ〜リと近寄ってゆっくりラケットをかぶそうとしても、殺気に気付きパッと逃げてしまいます。

どうやったらうまくできるんでしょうか?
今だに試行錯誤しております。

あのバチバチっていう快感が忘れられないんですね〜。
まるでミニ線香花火です。

ちなみにこの商品、フィリピンはもとより、中国のシンセンなどではバンバンと売られまくっている商品で、店頭で売り子さんがバッシバシ音を鳴らして実演販売をしている物です。

しかも中国の物はその威力も今私が持っている物より数段パワーが上回っているような代物だったような記憶があります。
まさに一撃必殺です。

何ででしょうか?私の持っている物は威力が弱いような、うまく殺せないような?
もしかして私の物はフィリピン仕様?
しかも殺虫剤でシュ〜ッって殺した方が早いんですが。(笑)


2008年08月18日

負けたらアカン

実はまたしても電話回線とインターネット回線が全く不通となっておりました。
今回は先週金曜日から月曜日(今日)の午前中までの約4日間不通となっていました。

前回の問題からわずか1週間とちょっとしか経っていないので怒りも倍増、なので今回は翌日土曜日にいきなりメガモールのカスタマーサービスに駆け込んでやりました。

注:ここからは話が長くなりますのでご興味のある方のみ続きをお読み下さい。
続きを読む

マニラオーシャンパーク

マニラに新しくできた水族館の「Manila Ocean Park」に行ってきました。

この「Manila Ocean Park」、隣接するモールやホテルなどはまだ建設中らしいのですが、水族館だけが今年の3月?か4月頃に先行してオープンされました。

ホームページやテレビで何度か見ていたので少し期待を持ちながら行ってはみましたが、早速着くやいなやシステムの悪さを露呈してました。

まず入場券を買うのに、銀行のような整理券をとらされ待つ事約1時間半。
その整理券のNo.が電光版に呼び出されて初めて入場券が買える事に。

そして晴れて施設内に入り、最大の目的であった水中トンネルへまっしぐら。
それがこれです。

トンネル







「えっ、こんだけ?」

ほんの15メートルほどで任務完了でした。
しかも期待していたジンベイザメも最初からおらず、ただそこには普通の魚とエイがだるそうに泳いでいただけでした。

エイ







(写りが悪くてごめんなさい)

そしてそれが終わると上の階に導かれ、そこでは「フィッシュスパ」と「ボトムグラスボート」があり各々別料金を払って楽しむ施設が用意されてました。

子供的には「フィッシュスパ」という、小さいプールのような所に小魚がいて、そこに足を突っ込み、魚に足をチュパチュパしてもらうものが一番面白かったらしいのですが、私的には横でそれをしていた時の子供の仕草を見ているのが楽しかったです。

その後、出口へと導かれて行く訳ですが、そこでもいかにもフィリピン的なシステムが導入されていました。

その出口への通路なんですが、まず、レストラン内を通らされ、そこでしつこい食事の勧誘を受け、それを無事通過すると次は強制的にお土産ショップ内へ連れて行かれ、そこを通らないと外には出られない仕組みになっています。

当然店内では色んな安っぽいお見上げが置いてあり、それを見た子供がおねだりをすると言うのを狙いすましたかのような姑息な作戦が見え見えでした。(実は私もぬいぐるみを2つ買わされました)

アッという間に一通りを見終えてしまえるような水族館でしたが、子供は非常に喜んでいたようなので取り敢えずは良い一日を過ごせたかと思ったんですが……..

実はあまりにも早く終わってしまったので、その後Mall of Asia(アジア最大級のショッピングモール)に連れて行けと言われ、そこで嫁さんと子供にあれやこれやとたかられかなりの出費を強いられてしまいました。

お父さんには最悪のお休みでした。


2008年08月09日

カスタマーサービス

先週前半から今週半ばまで電話回線とインタネット回線が全く不通となり不便を強いられておりました。

早速Globeのカスタマーサービスに電話をして状況を説明し、すぐに修理をしてもらう話にはなったのですが……..いや〜今回は本当に腹が立ちました。

いつも私が愛読させていただいているAkiraさんのブログ『フィリピンでビジネスをしよう!』でもよく書かれてますが、まさに今回はフィリピンの顧客対応の神髄を見たような気がします。

話を最初から順序立てて書きますと

まず最初にカスタマーサービスに電話が繋がるまでに、必ずと言っていい程電話口で30分から40分待たされると言う事を念頭において以下を読んでもらえれば如何にはらわたが煮えくり返るかご理解いただけると思います。



  • 1日目:カスタマーサービスに電話し、翌日修理のアポをとる。(翌日簡単にブッチ)
  • 2日目:再度カスタマーサービスに電話し、文句をたれる。彼らの回答は、原因はGlobe側のサーバーに問題があり、それを修理しているので明日まで待って下さいとのこと。(その日は渋々我慢)
  • 3日目:状況が改善されないので再度カスタマーサービスに電話し文句を言い、翌日修理のアポをとる。(翌日またもや簡単にブッチ)
  • 4日目:またまたカスタマーサービスに電話し、今回はマネージャー(名前はオリバー君)を呼び出し責任を持って対応させる事に。(しかし翌日またもや簡単に騙されました)
  • 5日目:再びそのマネージャーを呼び出し無責任な態度に文句をたれ、事情を追求するも、問題がクリティカルなため復旧に時間がかかっているとのウソの言い訳しか言わない。その後翌日に必ず修理に来るようアポをとる。(当然のことながら翌日誰も来ず)
  • 6日目:カスタマーサービスに電話するだけはラチがあかないので、メガモールのGlobeに直接文句を言いに行き、激しく文句を言い、カウンターのスタッフの無責任な態度にうんざりしつつも、翌日の午前中に必ず修理に来てもらえるよう約束を取り付ける。(そのスタッフの携帯の番号も確保)
  • 7日目:時間にルーズなフィリピン人、午前中はおろか午後も誰も来なかったので、前日入手したスタッフの携帯に電話して激しく文句を言う。
  • 8日目:その日の午後になりやっとのことでテクニシャンが修理に来て、ほんの10分程度チョコチョコって配線をいじくって終〜了。


まさに、「えっ!たったこんだけ?」って感じで、この事実が今までのカスタマーサービスの対応が如何にいい加減なものかを証明しているのではないでしょうか。

しかし何とかならんもんでしょうか?このフィリピンのサービス。
いくら文句を言おうがその場しのぎのウソで固め、後は知らんぷり。
まさに殿様商売の典型のようなやり方がこの国には蔓延しています。

日本のような過度のサービスは期待していませんが、せめて香港並みのサービスぐらいできそうなもんだと思うんですが…….やっぱり無理かな。


2008年07月27日

免疫力

先週末から今週末にかけて激しい喉の痛みと熱にうなされて苦しんでおります。(今もまだ完治していません)

実はその2週間程前にも激しい下痢と熱にうなされて、もう7月は病気の月となりました。

本当フィリピンに来てから如実に免疫力の低下を肌で感じるようになりました。

やはり香港との気候の違いでしょうか?

確かに香港の方が一年を通して高湿度と言うのはあるでしょうが、ここフィリピンには一番風邪をひきやすい冬がないですからね。

香港の場合日本と同じで一応季節の変化があり冬場は10度以下まで下がります。

気温だけを聞くとそう寒くはなさそうなんですが、香港や中国(広東省近辺)の場合ヒーターなどなく、当然建物も断熱材のようなものも使われておらず、しかもその上、一年中エアコンをガンガンにかけていますので底冷えをしてとても寒いんです。

それでも今と比べてそんなに風邪をひかなかったような気がします。

やはりこれは年齢による著しい体力の低下なんでしょうか?

いずれにしても体力アップをはからないといけないようなのは間違いないですね。

皆さんも夏風邪など召されぬようお気をつけ下さい。


2008年07月13日

小諸そば

メガモールには“小諸そば”と言う“うどん”、“そば”、“丼”そして“定食類”を日本食にしては手頃に食べさせてくれる食べ物屋があります。

ここの“うどん”や“そば”は私的には合格点をだせる味なのでちょくちょく利用させてもらってます。

ただ関西人の私にはやはりダシが濃すぎてちょっと…..って感じですが、それでもキチンとダシをとった汁は十分満足できる範囲だと思います。

それで今日、家族で夜ご飯がてら行ってみたのですが、何か味が変わってしまっててちょっとショックを受けて帰ってきました。

私はいつものごとくエビ天うどんとミニカツ丼のセット、子供はエビ天定食、そして嫁は天とじ丼を頼み待つ事数分……

いよっ、待ってました!

早速うどんの汁をズズズッとお口に含んでみると、ダシの効いたいつもの味ではなく醤油だけの汁の味。(ダシもとってはいると思いますが)

次にカツ丼、ううっ、こちらも醤油がきついような……

嫁さんの天とじ丼も同じような味付けのようで、まともにいつもと同じ味を堪能していたのはエビ天定食を頼んだ娘たった一人だけでした。

果たして今回ダシの配分を間違えただけなのか?それとも他の食べ物屋のようにフィリピン人スタッフによるローカル化が進んでいるのか?

もしローカル化と言う事なら今後は足が遠のき回数が減るのは必定といったところでしょうか。

でもここ以外でまだまともなうどんを食べさせてくれるところって、私の知っている限りではマカティの“はつはな亭(ぎりぎり合格ですが)”ぐらいしかないしな〜

*はつはな亭のランチメニューにある“茶そばセット(茶そばと天ぷら)”だったかな?はお勧めできると思います。(約200ペソ程度だったと思います)

あ〜美味いうどんが食いた〜い!

またどなたか安価で美味しくうどんが食べれるところを知ってられたらお教え下さ〜い。


2008年07月05日

フィリピンの病院

先日フィリピンに来て初めて病院に行ってきました。

ちなみに病院名は「Medical City」。

この病院はまだ新しくマニラでも指折りの病院と聞いていただけに、行ってみて改めて驚きました。
まさに病院都市というような感じです。

規模もさることながら、ファストフードのお店や銀行、ヘアサロン、ドラッグストアと施設内に何でもあって、名前のとおり一つの街のようになっていました。

またフィリピンの総合病院の場合、日本のように病院に先生方が雇われてその施設内で働いているようなシステムと違い(間違ってたらごめんなさい)、個々の医者がその施設内に間借り、いわゆる家賃を払って入居するテナントのようなシステムをとっているようです。

香港の総合病院でもそのようなシステムをとっていなかったように思うのですが、これってフィリピン独特のシステムなんでしょうか?

日本や香港とのもう一つの大きな違いは、診療後の処方箋のもらい方。

通常日本的(香港も)に考えると、診察後その病院内の薬局に行って薬をもらい、そこで清算すると言うのが普通だと思いますが、ここフィリピンの場合は違うようです。

診察後、先生に処方箋を書いてもらい、それを街中のMercury Drug Storeなどに行って薬を買ってくるんです。

簡単に言えば病院で診察後、マツモトキヨシに行って薬を買ってくるようなもんです。

と言う事で私も診察後Mercury Drug Storeで薬を買って来たんですが合計で約1500ペソ(約3600円)。

私の場合診察代は会社で加入しているMedi Cardを利用したので診察代は無料。

でもそれを利用しなかった場合、合計金額は2〜3000ペソくらい(約4800円〜7000円)になってたかもしれません。

フィリピンの物価を考えた場合強烈に高いですね〜。

そりゃ普通のフィリピン人ではまともに薬も買えないはずです。
本当この国の制度は医療制度のみならずあらゆる面で異常です。

もっと生活に必要最低限なものの制度を普通に整えてくれればまだ住みやすいかも知れないですよね。

この国ほど自分の利益の事しか考えてない国はないんではと思う程です。


2008年06月28日

名曲

この前掃除をしていて、ふと見つけたCD。
何が保存してあるんだろか?と思い見てみると私の好きだった曲が10曲程度入ってました。

何気なしに聞いてると、今はなきあのレイチャールズの「エリーマイラブ」がかかってきました。

やっぱり良い曲ですね。

特に今聞くと以前に聞いていた時とはまた違った思いが交錯し、知らず知らずの内に涙が少しこぼれてました。

皆さんご存知だと思いますがこの曲は1979年にリリースされたサザンの「愛しのエリー」のカバーソング。

ちなみにレイチャールズの「エリーマイラブ」は1989年にリリースされた曲なんですが、1979年当時、中学生だった頃の思い出や、その後のたくさんの思い出が頭の中で駆け巡りジ〜ンと懐かしさに浸ってしまいました。

「愛しのエリー」と「エリーマイラブ」、歌っている人、言葉は違えどやっぱり良い曲は良い曲ですね。

それと同時にどんどんオヤジになって行く自分も見つけてしまいました。
えらいこっちゃ!

♪Smile for me, won’t you baby~
Forever you’ll be on my mind.
Drink with me won’t you baby~
We’re gonna make it right this time.♪


2008年06月21日

フィリピンで折り紙

最近娘と二人で「折り紙」にハマってます。

折り紙と言ってもただ「手裏剣」と「鶴」を折っているだけですが、一応この2つには理由があって作っています。

まず手裏剣は、それを作った後、娘と交代で「人間的当て大会」をするためで、取り敢えず目に入ると危ないので水中メガネを掛けてお互いめがけて思いっきり「ニン、ニン!」って言いながら当て合いをして遊んでいます。

次に鶴は、「千羽鶴」を作る為で、日本人が忘れかけた美徳、そう、「口では言い表さない温かみ」、或は「人に何かを成就してもらい、祈願したいと思う優しい思いやりの気持ち」を娘に教えたいと言う理由から二人でコツコツ作り始めています。

まあ完成はいつになるか分かりませんが取り敢えず継続して作っていくつもりです。

ちなみにこの折り紙を作るに際し、ちょっとビックリした事が一つありました。

実はこの折り紙用の紙は "National Book Store" で買ったんですが、そこには折り紙の書籍の棚があって、ずらりと並んだ本(15冊程度ですが)のタイトルを見ると全てに「ORIGAMI」の文字が書かれてました。

驚いた事にこの「折り紙」って「寿司」、「柔道」や「カラオケ」などと同じように世界共通で通じる言葉だったんですね。

ちょっと意外でした。


2008年06月15日

納得できないシリーズ(その3)

以前の納得できないシリーズで書いた「立ちション」。
今回はこれの更に上をいくお話を一つ。

街中でよく見かけるタクシー。
このタクシーのドライバーは、車の持ち主から「一日幾ら」の借り賃を支払って車を借りているんですが(バウンダリーと言います)、自分の車ではないのを良い事にスゴい事をしでかす輩がいます。

どういうスゴい事かと言いますと…….そう、「立ちション」をするんです。

詳しく言いますと、車を止めて、その車の後部座席のドアの外側(客が乗り降りするところ)にジョバ〜っとやるわけです。

もっとエグイ奴になると、その後部座席のドアを開けて、ドアの内側(もちろん客が乗り降りするところ)に向けてやっている奴も見た事があります。

これらの行動はあくまで自分のアソコを隠す為だけのためにやっているんだと思うんですが、本当に脳ミソがあるのか疑ってしまいます。

さすがにこの行為だけはあの中国大陸でも見た事が無いです。

いくら他人の車とはいえ、しかもお客さんを乗せるドアに放尿するとはもってのほかだと思うんですが皆さんはどう思われますか?



Archives
Recent Comments