mashironooto1-18


ましろのおと/羅川 真里茂/講談社/1~18巻
(敬称略)

今回はましろのおとです。
高校生でありながら三味線奏者の雪が、家族や三味線、そして出会った人々と向き合っていく漫画です。

羅川先生のことは「赤ちゃんと僕」からのファンで、「しゃにむにGO」や「いつでもお天気気分」も読んでいました。
連載の場が少女漫画から青年漫画に変わりましたが、元々いわゆるザ・少女漫画~!って感じの恋愛メインのお話を描かれる方では無いので、違和感なく読めます。

最初は高校の部活動がメインだったのに、民謡居酒屋で働き出し、ついには音楽事務所からデビュー……とどんどん世界が広がってきており、最終的にどこまで行き着くのかが楽しみです