そらぶろ!


買ったもの、思うこと、調べたこと

ブログネタ
暮らし折々 に参加中!
9月の第3月曜日は「敬老の日」ですが、

敬老の日の少し前の「9月9日」は
不老長寿を願う「重陽の節句(菊の節句)

菊の節句

1月7日 人日の節句(七草の節句)
3月3日 上巳の節句(桃の節句)
5月5日 端午の節句(菖蒲の節句)
7月7日 七夕の節句(笹の節句)

につづく、「五節句」最後の節句です。

明治5年に暦が旧暦から新暦に変更されてから
菊の花の咲く時期とずれが生じてしまったためか、
「重陽の節句」は廃れてしまった感がありますが

縁起の良い陽数(奇数)最大の数が重なる9月9日は
陽が重なる「重陽」の節句”として、かつては
盛大にお祝いされていた伝統行事でした。

今また、重陽の節句(菊の節句)が見直されてきています。

不老長寿の花、菊の花の効用を楽しむ


能の演目には「菊慈童きくじどう」という
「菊の葉にお経を書き、その菊に宿った露を飲んで七百年生きた」
という中国の伝説の仙人をもとにした物語があります。

不老長寿、長生きの象徴であり薬であった菊の花。
菊の花を使った重陽の節句のおまじないを紹介します。

被棉きせわた(着せ綿)


重陽の節句の前夜、9月8日の夜に菊の花に棉をかぶせ、
9月9日の朝、菊の花の露をふくんだ棉で肌を拭うと
「丈夫で長生きできる」という言い伝えがあります。

菊の花びらの菊枕


重陽の節句の日につんだ菊の花びらを乾かして
小さな布袋に詰め、これを枕の上にのせれば
菊枕」の完成です。

「邪気を払ってぐっすり眠れる」菊枕は、
昔から「安眠枕」と言われていたそうです。
不眠に悩む方はぜひ作ってみてください。

干した菊の花びらを入れた枕は、目の痛みや
頭痛にも効果があるといわれています。

菊酒


お酒に菊の花びらを浮かべた菊酒は、
「邪気を払い飲むと長生きする」と言われています。
最近は「菊のリキュール」などもあります。

菊茶


お湯をそそぐと菊の花が開く菊花茶は、
中国で台湾で良く飲まれている健康茶。
目の疲れ肩こり、女性の手足の冷えにも
効果があるといわれています。



参考商品:菊花茶 杭州産白菊

ハーブティーのような風味が気になる場合は、
他のお茶とブレンドしたり、砂糖やハチミツで
甘くして飲むと飲みやすいです。

菊の開花前、新暦9月9日に食べたい菊のお菓子


菊の花や菊酒など、重陽の節句の食べ物には
不老長寿を願う気持ちが込められています。

本物の菊の開花には間がある新暦の9月9日には、
家族みんなの健康と長寿を祈って、菊をかたどった
お菓子や菊茶をいただいてみませんか?



参考商品:奈良 本家菊屋 菊之寿

中秋の名月「最中の月」が由来だという最中と
菊を組み合わせた「菊最中きくもなか」もおすすめです。

菊が見頃になる旧暦9月9日は食用菊で菊の宴を


旧暦の9月9日は、10月3日~11月1日頃にあたります。
菊の花も満開となり、秋の食材が並ぶ収穫祭の時期ですね。

菊の花は昔から不老長寿の薬といわれており、
最近では「菊花ポリフェノール」も注目されています。



参考商品:秋田県産 食用菊(黄)

旧暦の重陽の節句には、家族の健康を願って
食卓に菊の花とお酒をとりいれてみてはいかがですか。

菊の花のレシピでは「おひたし」が人気です。

滋賀県大津市の西教寺では、11月中旬から
坂本という食用菊を使った菊酒からはじまる
菊の花づくしの「菊御膳料理」が提供され、
紅葉と菊料理を楽しめるそうです(完全予約制)

重陽の節句は「栗の節句」でもあります


重陽の節句は、もともと晩秋の収穫祭、
秋の食材が豊富な時期に行われていた行事です。

家庭で出来る菊の花の料理は限られますが、
栗の節句」という別名もありますので、
お祝い膳には栗ご飯などもおすすめです。

また、かつて庶民に「お九日(くんち)」
と呼ばれて親しまれていたことから、

くんちに食べると中風を病まぬ

という「秋茄子」もおすすめ食材です。

重陽の節句と「後の雛」


後の雛祭り

俳句の秋の季語に「秋の雛」「菊雛」というものがあります。

これは、3月3日の桃の節句(ひな祭り)で飾った雛人形を
重陽の節句に長寿の願いを込めて再び飾る、という
江戸時代の「後の雛(のちのひな)」の風習からきた言葉です。

冬の前に雛人形を一度虫干しして長持ちさせよう、
という意味もあるといわれていますが、菊の花と
ともに飾られる秋の雛人形には落ち着きがあり、
大人のひな祭り」として注目されています。

お雛様をお持ちの方は、新暦9月9日から
菊の花が咲く時期まで、お雛様を飾って長寿の
お祝いをしてみてはいかがですか。

ご先祖様の精霊をお迎えして供養するお盆

私は、子供の頃夏休みに母の実家(青森)で
祖母と一緒に迎え火、送り火を焚いたり、
きゅうりやナスで馬を作ってお供えしたことがあります。

でも、祖父母が亡くなってからは、迎え火などの
お盆の行事をする機会はなく、お墓参りに行くだけ。

お盆のお供え物を知らない子供たちに
伝統を伝えたくて、お盆飾りについて調べてみました。

お盆 新盆

迎え火、送り火はどこで焚けばいい?


迎え火は、お盆がはじまる13日の夕方に焚きます。
送り火は、16日の夕方に迎え火と同じように行います。

田舎では家の前の道路で「たいまつ」を
組んで、迎え火・送り火をしていました。

住宅密集地やマンションでは、家の前で
火を焚くわけにはいきませんが、
ベランダでひっそりと「麻がら(おがら)
を焚く、という方もいらっしゃいます。

煙は、ご先祖様の霊が家へ帰る道しるべ。

特に、古来から清浄な植物とされてきた麻から
作られる麻がらには、悪いものを寄せ付けない力
があると言われています。

ほうろく」の上でほんの一筋、お線香のような
煙を焚くことなら、家でもできそうですね。


参考商品:ほうろく 麻がらセット

火を焚くのが難しい場合は、迎え火・送り火の代わりに
提灯(盆提灯)」を灯せば良いそうです。

四十九日の後、最初に迎える「新盆」には
白提灯(白い無印の盆提灯・白紋天)を飾ります。

提灯は、最近は小さくてモダンなデザインや
LEDを使用したものが人気があるようです。

参考商品:インテリアにも使えるモダンな盆提灯 楽天市場
     新盆用の白い提灯「白紋天」Amazon

田舎のお盆では親族や知人から贈られた提灯が
ずらりと並ぶこともあるそうですが、新盆の白提灯
は処分が大変そうだし、毎年使える提灯も置き場所と
収納に困る…という家も多いと思います。

部屋に提灯を置くスペースがない場合は、
蓮の花のキャンドルを灯すなど、住宅事情に
あわせて工夫すれば良いのではないでしょうか。


故人の好物シリーズ もお盆のお供えとして人気です。

お盆のお供え物はどこに飾る?


お盆には、仏壇の位牌と香炉・花立・火立の
三具足を「盆棚(精霊棚)」という台に移して
お祀りするのが本来の飾り方です。


参考商品:仏具 三具足

昔はお座敷に大きな盆棚を作ったそうですが、
今は仏壇の前に小さな台を置いて盆棚にしたり、
仏壇を掃除してお飾りを置くこともあります。

家に仏壇(位牌)がなく(我が家もありません)
三具足がない場合も、写真の前などにお花と
お線香・ロウソクを置いた台を作ってみましょう。

そこに、ご先祖様と一緒にいただく気持ちで
家族と同じ食事をお供えしてもいいですね。

お菓子の包装紙は外し、果物もカットして
食べやすい状態にしてお供えするのが良いそうです。

精進料理にこだわらずに、故人の好きだったものを
お供えしてみてはいかがでしょうか。

盆棚(精霊棚)の飾り方


お盆飾りは地方によって違いがありますが、
基本的なお盆飾りの飾り方を紹介します。

盆棚に「まこも縄」を吊り下げる


まこも(真菰)」とは水辺に自生するイネ科の多年草です。

魔除けになると言われている草で、先祖の霊を
安全にお迎えするために用います。

まこもで作られた縄には結界の意味があり、
縄目にほおずきや昆布などをはさんで吊るします。

まこも縄と鬼灯
参考商品:鬼灯(ほおずき)まこも縄

鬼灯」と書くほおずきには、提灯と同じ意味があります。

提灯は用意できなくても、仏花にほおずきを加えたり
お供え物にほおずきの実を添えられたらいいですね。

盆棚に「まこも」を敷き「蓮の葉」を置く


まこも(真菰)は、お釈迦様が真菰の敷物に病人を寝かせて
治療をしたという言い伝えがある植物です。

これにちなみ、先祖の霊を清浄な場所に迎えると
いう意味で、盆棚にまこもを敷きます。

蓮の葉には、お釈迦様が餓鬼道に落ちて苦しむ諸霊の
ための器として使ったという古事があり、餓鬼道に落ちた
無縁仏への供養として、蓮の葉に「水の子」をお供えします。

「水の子」とは、洗ったお米に刻んだキュウリとナスを
混ぜたものです。蓮ではなく里芋の葉を使う地方もあります。



参考商品:真菰(まこも)麻がら 蓮の葉

お盆にご先祖様だけでなく、無縁仏にもお供えを用意する。

優しい気持ちがこめられたとても良い習慣だと思います。
水の子には、仏様の慈悲の心が感じられますね。

精霊馬(なすの牛やきゅうりの馬)を飾る


キュウリとナスで作るお盆の「精霊馬(しょうりょううま)」は
キュウリが馬、ナスが牛で、先祖の霊はこれに乗って家族の
元に帰ってくるとされています。

家族の元に帰ってくるときは、足の速い馬に乗って。
あの世へ戻るときは牛にたくさんお土産をのせて、ゆっくりと。

馬と牛には、そんな願いが込められているのだそうです。

本物の野菜を使うのはちょっと、という場合は、
真菰(まこも)でできた精霊馬でもいいですね。



参考表品:真菰(まこも)牛馬

私は子供と一緒にキュウリ、ナスに足をつけて
精霊馬を作ってみたかったのですが、
最後に処分することを思うとやっぱり悩みます。

田舎ではどうしていたんだろう?
送り火で焼いていたのかもしれませんね。

失われつつあるお盆のお供えを飾る習慣。

家にお仏壇がなくても、お盆休みには出来る範囲で
子供たちにお盆の伝統を伝えていきたいですね。

日本は「世界一卵を消費する国」だそうです。
これは毎朝の「卵かけご飯」のおかげかもしれませんね。

生卵

でも、海外に行ったら生卵は食べちゃダメ!と聞きませんか?
なぜ日本では卵を生食できて海外ではダメなのか、調べてみました。

海外では本当に生卵を食べないの?


生卵をそのまま食べるのは、確かに海外の人にとって
ちょっとした衝撃!なのですが、日本以外では
卵を生食しないのか、というとそういうわけでもありません。

生卵を食べるなんて気持ち悪い、と思う国でも、
マヨネーズやタルタルステーキ、ティラミスや
アイスクリームに加熱しない卵を使ったりしますし、
お菓子作りでボウルに残った生地(生卵入り)を
ペロリ、なんていうのもやっています。

また、海外在住で現地でも卵ごはんを食べているけれど
まったく問題ない、という日本人もいます。

これは一体どういうことなのでしょうか?

日本の卵は衛生的(消毒殺菌している)だから生でも大丈夫?


生卵を食べると食中毒になる、というのは
卵の「サルモネラ菌」によるものです。

サルモネラ菌は卵の殻に付着しているから、
卵を洗ったり低温殺菌して綺麗にすれば大丈夫!
という説もありますが、これは間違いです。

卵が作られる途中(鶏の卵巣あるいは卵管)で
サルモネラ菌に汚染されてしまった場合は、
卵を洗っても菌を取り除くことはできないからです。

なので、日本では卵の殻を洗浄殺菌するほかに

・鶏にサルモネラワクチンを接種する
・鶏の餌に抗生物質を混ぜる

などの対策も行われています。

サルモネラ菌を増やさないことが大切


実は、半熟卵も生卵同様、サルモネラ感染のリスク
があります。卵の生食に顔をしかめる国の人でも、
トロトロの半熟卵は大好物、という場合も多いですよね。

そういう国であれば、毎日生卵を食べてもまったく
平気だった、というのも不思議ではありません。

しかし、海外で鶏にワクチンを接種したり
抗生物質を与えていることはほぼありません。

生食用に対策している日本でも、卵による食中毒は
毎年発生していますから、海外ではこのリスクが
さらに高くなることは確実です。

実際に食中毒を起こすのは、サルモネラ菌に
汚染した後、卵のなかで菌が繁殖してしまった
ものを食べた場合だけ、ともいいます。

少々汚染されていても、菌が増える前であれば
健康な人が食べるぶんにはそれほど危険はない
ということでしょう。

サルモネラ菌は15℃〜40℃の温度で増殖しますが、
10℃以下で保存すれば菌の繁殖を抑えられます。

海外では卵をそのまま並べて売っていることが多いですが、
買って来た卵を常温のまま置いておくのはやめましょう。
特に夏はすぐ冷蔵庫に入れるようにしてください。

一番危ないのは「溶き卵の作り置き」


卵の黄身は、サルモネラ菌の栄養になりますが
白身には抗菌作用があり、菌の増殖を抑えています。

また、白身と黄身の間の卵黄膜も、サルモネラ菌が
栄養源の黄身に到達するのを防いでいます。

新鮮な卵の黄身がこんもり盛り上がっているのは、
卵黄膜が強くて張りがあるために黄身と白身が
はっきり分かれているからなんですね。

逆に、古い卵は卵黄膜が弱くなっているため
黄身と白身の境がはっきりしなくなります。

新鮮な卵でも、白身と黄身を混ぜてしまうと
サルモネラ菌が栄養に到達するのを助けることに
なりますから、溶き卵の作り置きはやめましょう。

生卵を食べるときは食べる直前に殻を割って、
割ったらすぐに食べるようにしてください。

どうしても海外で卵ごはんするなら新鮮な卵で


白い卵

どうしても海外で生卵が食べたくなったら、採りたての
新鮮な卵を入手してください。古い卵やヒビがはいった
(割れた)卵は絶対に食べてはいけません。

海外の卵は加熱調理前提で売られていますので、
半熟卵を食べるのも生卵を食べるのもリスクは同じ、
と言っても生食は自己責任、ということになります。

なお、うずらの卵の生食も鶏卵と同じリスクがあります。

サルモネラ菌による食中毒の主な症状は
悪心(おしん)、嘔吐、腹痛、下痢、発熱です。
数日で回復することがほとんどですが、死亡例もあり、
小さな子供や老人は特に注意が必要です。

卵は洗わないほうがいいってほんと?


卵を洗ったり布で拭いたりすると、卵の表面のクチクラ層が
剥がれて菌が入りやすくなるので、卵は洗いません。

卵の殻には気孔という穴があり、卵を洗うとここから
水と一緒に雑菌が入ってしまう恐れがあるので、
家庭では卵は洗わない方が安全です。

卵は購入したときのケース(パック)に入れたまま
冷蔵庫の温度が安定している場所に保存すればOKです。

海外ではフンや羽のついた卵が売られていることもあり
気になりますが、汚れは拭き取る程度にして保存し、
もし洗うなら卵を使用する直前に洗うと良いでしょう。

このページのトップヘ