ブログネタ
映画 に参加中!
お友達に「見て!」とプッシュされた映画。
実は芸能人も絶賛している話題作だったんですね。



全国ロードショーと違って上映館は限られ、
現在上映している映画館は、渋谷シネパレス、
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町など。

チョコレートドーナッツという甘いタイトルだけど、
1970年代アメリカ(ブルックリン)の

「障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、
 家族のように過ごすゲイ」

の実話をもとにした作品です。
4月から公開されているから、あちこちに
感想やネタバレなんかもアップされているので
自然に作品の評判も目にしてしまったのですが、

ハートフルだけど、ハッピーエンドではないお話。
一番泣いちゃうやつだ、、、、。
見たいけど、映画館で見るのは苦手かも、、、、。

原作ではなく、主人公のモデルとなる人物と交流のあった
ジョージ・A・ブルームという脚本家が書いた脚本が元に
なっていてるのですが、これは20年も映像化されず、
今回製作・監督のトラヴィス・ファインがかなり
手を加えて初めてこうして映画になったのだそうです。

チョコレートドーナッツは邦題で、
原題は「Any Day Now」なのですが、
この英語もいいですね。せつないーーー。

Any day nowは、主人公の一人が「自由になりたい」
と熱唱するボブ・ディランの名曲「I shall be released」
の歌詞にでてくる言葉でもあります。

まだ上映中ということで、字幕DVDは未発売で
今買えるDVDはこちらのみ。英語になってしまうのですが、
オーディションやメイキング映像のおまけがとても好評です。