本日は会社を休ませていただき、救命救急講習を

受講してきました。前回は平成16年に受けています。

平成16年といえば、AEDが一般人にも使えるようになった年で、

今回受講してみて、あの頃とは変わった点もいろいろありました。

張り紙だいぶ普及してきたAEDですが、

いったいどんなものなのか知らないと

いう方もまだ多いでしょうね。

AED=自動体外式除細動器

突然心臓が止まったときに起こる

心室細動を電気ショックで元の動きに戻すという目的の


ためにある機械です。現在、人が多く集まる場所への設置が

進められていて、広島では大きな駅や市役所・区役所・出張所、

個人病院でも設置しているところがあります。そういう施設では

わかりやすくポスターなどで告知してありますので、目に付くと

思います。この機械、知らない人は「どうやって使えばいいの?」と

思われますが、使い方は簡単で、誰でも使えるようにできています。

心停止した人のそばでスイッチを入れ、機械の指示に従っていけば

その機械を使う必要があるかないかがわかります。使う必要が

あればその人はAEDで助かる見込みがあるということになります。

救命救急講習の一番の目的は、救急車が来るまでに周りの人が

少しでも処置できれば助かる命が増えるから、命を救うために

応急手当ができる知識を身につけてもらうこと。特に今から

暑くなり、プール開放もあるし海・山に出かける機会が増えるので、

出先でもしなにかあったとき、命を助けることができるよう、

熱を入れて教えていただきました。広島市消防局の方々、

ありがとうございました。