2007年12月28日

ロングステイのサポート

15f0ffd1.jpg1、ビザの取得
楽園ラパスで3ヶ月以上暮らすにはビザが必要です。
幸いメキシコは年金ビザやビジネスビザが簡単に取得できます。
スペイン語での申請になりますが、すべて私たちの会社がサポートします。
2、医療と介護
高齢になれば一番心配なのは医療や介護の問題です。
楽園ラパスには将来、日本語で対応できる医療施設を建設して住人の健康管理や介護を担当してもらいます。
幸いメキシコは人件費が安いので充実したサービスを安い料金で提供できそうです。
それまでは現地の傷害保険に加盟して病気や事故に備えます。
そのほか銀行口座の開設や現地でのビジネスや結婚のお世話もしたいと考えています。
ストレスを感じない、人間らしい幸せな生活を実現したいと思います。

successhawaii at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

楽園ラパスでの計画

0784c03f.jpgこれから楽園ラパスを作っていくのですがその計画の内容とは
続きを読む

successhawaii at 04:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月27日

楽園ラパスの問題点

b3efdd87.jpgメキシコラパスに楽園を発見したのはまったくの偶然でした。
10年間ハワイへの移住を考えてきたのですが、ハードルが高すぎました。
世界中の人がハワイに押し寄せるために、アメリカが条件を厳しくしているのです。
一方メキシコはロスで乗り継ぎ、ハワイの倍は時間がかかります。
メキシコに対する間違った認識や、スペイン語も旅行者にとっては大きな壁になります。
しかしそんなところに探していた地上の楽園があったわけです。
続きを読む

successhawaii at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

2007年12月26日

楽園ラパスの生活

22ae0470.jpg外国人のバカンスの過ごし方は何もせずにゆっくりと生活を楽しむことができます。
しかし日本人の私はやはり何かをしないと退屈してしまうのではないかと次のような環境を作ります。
続きを読む

successhawaii at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

2007年12月24日

ラパスの楽園度

5627d7a7.JPGメキシコラパスの楽園度は
1、街には警察官がたくさん見かけ、治安はとてもよいです。
2、物価は日本の半分から1/3です。
3、夏の2ヶ月は30度を越しますが、通常は温暖で湿度が高くなくすごしやすいです。
4、自然は豊かで奇跡の半島と呼ばれています。
5、メキシコはハリケーンが来ますが、ラパスは通りません。
6、言葉はスペイン語で英語はあまり通じません。
7、メキシコ人は日本人に対してとても友好的です。
8、メキシコ料理はおいしくて日本人も大好きです。
続きを読む

successhawaii at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

2007年12月23日

地上の楽園を求めて

351befab.jpg10年前から楽園に住みたくてその条件を考えました。
1、治安がよい
2、物価が安い
3、気候が温暖
4、自然が豊か
5、自然災害が少ない
6、言葉の問題
7、現地の人たちがフレンドリー
8、食べ物がおいしい
などがあげられます。
続きを読む

successhawaii at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

なぜメキシコラパスか

2e7ac6e6.JPGロングステイ滞在希望国といえば上位に
オーストラリア、マレーシア、ハワイ、カナダ、タイと続き間違ってもメキシコは出てきません。
続きを読む

successhawaii at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

2007年12月22日

海外移住、メキシコラパス

b1d2268e.JPGメキシコラパスに永年の夢である楽園の建設を進めています。
現地での会社設立、ビザ取得し、今年中にはラパスに入ります。
ラパス郊外のプライベートビーチに2エーカー(8千平方メートル)の土地を取得、そこに今全米で大人気の大型キャンピングカーやリゾートハウスを建設しています。
続きを読む

successhawaii at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)楽園ラパス | 海外移住

2005年12月18日

修繕費、貸し手の負担

12月16日敷金返還訴訟で最高裁が修繕費は貸し手の負担という判決が出ました。
今後はますますオーナーは入居者退室後の修繕費を工面できなくなりました。
日本人は部屋が新築同様にリフォームされていなければ入居しません。
したがってオーナーは退室のたびに自前でリフォームすることになるのです。
日本人だけを対象としたアパートマンション経営はますます採算が取れなくなります。
日本のオーナーは早く世界標準であるグローバルスタンダードを学び、これを実践する必要があるわけです。


successhawaii at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲストハウス | ハワイ永住

2005年12月03日

ゲストハウスの薦め

いよいよ本日よりシリーズで「ゲストハウスの薦め」を書きます。
アパート経営に関して
1、10月から施行された「東京ルール」で敷金、礼金、更新料までも取れなくなり、アパート経営も難しい時代を迎えた。
2、敷金が取れなければ、リフォームができない、リフォームしてない部屋には日本人は入居しない。
ますます空室が目立つようになる。
入居者に関して
3、企業が正社員を採らず、大量にアルバイトやパートを雇用する。
若者は安定した収入が見込めずに不安定な生活を強いられる。
4、少子化でアパート、マンションの借り手が少なくなっている。
5、海外から来た外国人が保証人や入居時多額の費用を必要とする日本のシステムに困っている。
住宅環境に関して
6、新築マンションがたくさん建てられて、古いマンション、アパートの借り手が少なくなっている。
7、核家族化が進み、大きな一戸建てにたった一人で住んでいる場合が多くなっている。
このように戦後の日本経済の発展ともにその住宅事情も大きな問題を抱えている。
続きを読む

successhawaii at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲストハウス | ハワイ永住