今日はK-1、明後日はPRIDE武士道…いやはや素晴らしい世の中になりましなぁ!
少し遅れましたが地上波放送に間に合ったので観戦記を書きたいと思います。


【スーパーファイト
○レミー・ボンヤスキー
(延長R 判定)
×アレクセイ・イグナショフ
途中から見たせいか、全くドキドキ感がない試合でした。両者共に昔はもっとアグレッシブでしたよねぇ?
特にイグナショフは復活にかける執念・がむしゃらさがみじんも感じられなかったのが残念です。

【GP一回戦】
○ジェロム・レ・バンナ
(1R TKO)
×ゲーリー・グッドリッジ
ゲーリーはGP本戦になると、途端に勢いがなくなります!!普段通りガンガン攻めれば良いのに…。
格上相手に慎重になるのもわかりますが、そんなゲーリーを誰も望んでないです。
放送席はしきりに「バンナは進化した」と叫んでましたが、今回の圧勝はゲーリーのアクシデントに助けられた感じは否めません。次が正念場でしょう。

【GP一回戦】
○武蔵
(3R 判定)
×フランソア・ボタ
てっきり「悪くても延長。良ければボタの判定勝ち」と思っていたら案の定出ました!武蔵プロテクト!!
あの内容で武蔵が勝つなら、対戦相手は判定では一生勝てませんよ!!!せめて解説の一茂ぐらいは噛みついてくれ…。こんな事じゃ例え負けても「主催者推薦枠」で復活するんだろうなぁ。もういいや。

【GP一回戦】
×グラウベ・フェイトーザ
(3R 判定)
○セーム・シュルト
ここまで一方的な試合になるとは…。シュルトの強さはホント機械的と言うか無機質な感じがします。谷川Pも言ってましたが、今回のGP優勝候補と言っても過言ではないでしょう!

【GP一回戦】
×マイティー・モー
(1R TKO)
○ピーター・アーツ
開始直後にアーツが脛をカットし、また不完全燃焼か…と思ったのも束の間、再開直後に今度はモーが脚を負傷し結局不完全燃焼という想定の範囲外の結末となりました。
モーは去年のガオグライ戦に続き、GPではどうしても結果を残せませんなぁ。

【GP一回戦】
○レイ・セフォー
(3R 判定)
×ガオグライ・ゲーンノラシン
もういい加減ガオグライをMAXに入れてあげましょう。本人がいいとしても、これ以上ヘビー級選手の中に混ぜるのは可哀想です。
セフォーがガオグライの一撃が効いてカッとなったシーンが唯一の見せ場でした。

【GP一回戦
○ルスラン・カラエフ
(3R 判定)
×リカルド・ノードストランド
ホースト欠場で一気にどうでも良い試合になってしまいました。どうせならカラエフと死闘を繰り広げたマクスタイを出場させてほしかったです。
試合はカラエフが相変わらずのラッシュっぷりを見せてくれましたが、結局判定まで持ち込まれてしまいました。そろそろ勢いストップか!?
それにしても、試合中に「このあとサップVSホンマン」のテロップ出すのは失礼だろ!

【GP一回戦】
×ボブ・サップ
(3R 判定)
○チェ・ホンマン
おー!!あのサップが小さく見えます!ホンマンどんだけデカイんだ!?
試合になると両者激しいスタミナ切れで、長時間お見合いになるシーンが目に付きました。とてもとてもドームのメインを務めるカードじゃない気が…。まあこれがK-1って事でしょうか。
ただサップの「心の病」は治ったようですね。今後もK-1を続けるならスタミナ強化は必須でしょう。
何はともあれ無理矢理サップが判定勝ちしなくて良かったです。


テレビ観戦のせいでしょうか、全体を通して客席が全く盛り上がってなかったように思います(特に武蔵勝利後)。ヒョードルVSミルコ戦の後だから余計そう感じるのかもしれませんが、是非とも生観戦した方の感想を聞いてみたいものです。
判定については色々ありますが、疲れるのでこの辺りにしておきます。