桜庭離脱のショックも冷めやらぬ中、やってきましたPRIDE無差別級GP!
初の自宅スカパー観戦って事もあり「ちゃんと映るかな…」と持ち前の小心者っぷりをいかんなく発揮し、緊張感は最高潮に達しました(笑)。
そんなわけで今回も観戦記書きますよ!!


【第1試合】
×ギルバート・アイブル
(1R KO)
ローマン・ゼンツォフ
ゼンツォフが強かったのか、アイブルが弱いのかわかりませんが、立ち技、寝技共にゼンツォフの方が数段上でした。
ゼンツォフはこれで2試合連続KO勝ち。こりゃヒョードルが間に合わなければ代役でいいんじゃない?
個人的熱狂度★★☆☆☆

【第2試合】
×アリスター・オーフレイム
(2Rアームロック)
ファブリシオ・ヴェウドム
アリスターもったいない!!それまではインサイドガードになったらすぐに立ってたのに…。やはりスタミナが切れて「少し上で休んでおくか」ってつもりだったんですかねぇ。
どのみちカラータイマーがもう少し持たないとミドルでもヘビーでもトップを取るのは難しいでしょう。
逆にファブリシオはまさしくワンチャンスをモノにしましたが、2回戦に残ったメンツだと断トツにキャラが薄いなぁ…。
個人的熱狂度★★★☆☆

【第3試合】
×高阪 剛
(2Rレフェリーストップ)
マーク・ハント
格闘技でここまで感動したのは初めてかもしれません!
本当に「死」を意識したようなTKの鬼気迫る眼光で、あのハント相手に一歩も引かない打撃戦を挑みます。何度「止めてくれ」と叫んだ事か。まるで日本の若手格闘家に自分の生き様を見せているかのようでした。どこかのテレビ局への皮肉じゃないですが、やっぱり格闘技って誰かのためにやるわけじゃなく、自分のためにやるんだとつくづく感じました。
桜庭の事もあったせいか、試合中何度も目頭が熱くなりました。こんな試合を提供出来るうちはPRIDEは大丈夫でしょう。
個人的熱狂度★★★★★

【第4試合】
ジョシュ・バーネット
(2Rアームロック)
×エメリヤーエンコ・アレキサンダー
アレキは極度のスタミナ切れから心が折れて、マット・スケルトンばりの速攻タップ!技術は別として、兄貴に比べると精神面が圧倒的に弱いですなぁ。これが決定的な違いか…。
しかしジョシュが勝った事でヒョードル戦への最高の布石となりましたね。復調気味のようですし、立ち技と寝技のバランスが良く経験豊富なだけに面白い存在になりそうです。
個人的熱狂度★★★★☆

【第5試合】
藤田 和之
(1Rレフェリーストップ)
×ジェームス・トンプソン
やっぱり浦島太郎化していたか…。タックルは全て切られ、差し合いからの膝蹴りで苦悶の表情を浮べる姿は、かつてヒョードルを追い詰めた野獣の面影がありません。
もう終わったと藤田敗戦の文面を考え始めた瞬間、藤田のカウンターフックが炸裂!トンプルの打たれ弱さにも助けられ、何とか勝利を掴みました!
額面通り受け取ると、「もう通用しない」なんでしょうけど、少し甘いかもしれませんが「ブランクから目が覚めた」と考えたいです。藤田勝利は興行的に考えたら相当デカいですよ!コレは!高田も大絶叫してましたし(笑)。
そういやトンプルはゴング&ダッシュしませんでしたね。空気読めよ!
個人的熱狂度★★★★☆

【第6試合】
ミルコ・クロコップ
(1Rレフェリーストップ)
×美濃輪 育久
やる前からわかってましたが、案の定一方的な美濃輪の完敗になりました。これはもう気迫でどうにかなるレベルじゃなかったです。
心配なのはミルコ。淡々と流れ作業のように戦う姿は、かつてヒョードルを追いかけていたギラキラした熱意のかけらも見えませんでした。ほんとに燃え尽き症候群なのでしょうか。美味しんぼ山岡がいたら、復活出来る料理を作るんですが…。
個人的熱狂度★★☆☆☆

【第7試合】
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
(1R腕十字)
×ズール
これまた試合前から結果ミエミエのカード。またしても案の定の結末で熱くなれませんでした。これなら美濃輪VSズールの方が面白かったかも。
個人的熱狂度★★☆☆☆

【第8試合】
吉田 秀彦
(1R三角絞め)
×西島 洋介
メインもまた予想通りの結末。
どう考えても吉田がボクサー相手に打ち合うわけもなく、かと言って西島が柔道家相手にグラウンドから脱出出来るわけもなく…。
西島もハントのようにいきなりGPに出さないでジックリ使ってほしかったなぁ…。VSアボットとかなら何とかなったんじゃないでしょうか。
個人的熱狂度★★☆☆☆


後半3試合は全く面白くなかったですが、前半戦の貯金でトータルでみると良い大会だったと思います。
MVPは負けましたが高阪!あのソウルフルな試合を見て、桜庭無き後のPRIDE日本人選手が奮起する事を期待します。
そして2ndラウンドにはヒョードル、ファブリシオ、ジョシュ、ハント、藤田、ミルコ、ノゲイラ、吉田。こりゃ神メンバーじゃないですか?どう組んでも面白い大会になるでしょう!
桜庭離脱で暗いムードに包まれたPRIDEでしたが、完全払拭とはいかないものの、次に繋がる明るい兆しが見えたと思います。
私も少しづつですがショックが癒えつつあります。人生には悪い事もあれば良い事もあるって事でしょう。