PRIDE32 "THE REAL DEAL"に地味ながら良質なカードが一つ加わりました!!


ダン・ヘンダーソン×ビクトー・ベウフォート

若干、旬は過ぎた気はしますが、アメリカの格闘技マニア必見の好カード!
レスリングでオリンピックのアメリカ代表だったダンヘンとUFCを主戦場に戦ったビクトーという、アメリカ人にとっては非常に入りやすく、しかも実力的にも噛み合う質の高い好試合になる事でしょう。
二人とも消耗し切る前に対戦してほしかったという心残りはありますが、今まで発表されたカードは実力差がハッキリしているものが多かっただけに、単純に試合を楽しみたい、そんな思いにかられています。

既に発表された選手を見ると、ヒョードル、コールマン、ショーグン、ランデルマン、ジョシュ、ナツラ、ハント、ダンヘン、ビクトーと何らかのチャンピオン経験者(金メダリスト)を意図的に並べてきた印象を受けます。
やはり初めてのアメリカ興行では「肩書」や「ネームバリュー」を何よりも重要視している表れでしょう。
そんなラインナップを受けて、果してチケットの売れ行きはどうなのか、日本でのPPVの売れ行きはどうなるのか、いろんな意味で注目される大会になりそうです。