正直、この問題について書くのは些かの煩しさを感じている今日この頃。
しかし、事件を風化させないためにも触れておきたいと思います。

スキンクリームを塗って試合に臨み、ファイトマネー全額没収になった秋山成勲にさらなる追及処分が下されました。
処分の内容は「FEGの主催する大会への無期限出場停止」だそうです。

う〜ん「無期限」ですか…。正直これが厳しいのか甘いのか非常に判断に困ります。何せ主催者の思惑一つで謹慎期間は長くも短くも自由自在。
下手したら今年の大みそかに涙の復活なんて演出さえも可能になってしまいます。

もうここまで混乱を招き、問題が長期化したからには「そこまでしなくても」と言うくらい厳しい処分を下さないと、ファンも納得しないでしょう。
秋山本人とセコンドの2年間出場停止、HERO'Sライトへビー級トーナメント優勝の取消しなど、少なくともそれ位はやってくれないと…。

ただ現実の話として、無期限出場停止に決ったからには、謹慎期間がどれくらいに及ぶのか、格闘技マスコミがピリッとせず腰が引けている以上、我々ファンがチェックしていくしかないでしょう。

簡単にまとめてみましたが、この件についてはどうしてもペンが進みません。
日本格闘技界が最大の危機に瀕している今、こんなゴタゴタで自滅している場合じゃないだろうに…。
自戒を求めたいと思います。