帰宅後、内藤×亀田戦の感想を中心に小ネタを書こうかと考えていましたが、朝からなかなか大きな話題が…。
取り急ぎ一つだけ触れておきます。


ワールドビクトリーロード旗揚げ?
日本レスリング協会のホームページによると、10月15日東京プリンスホテルにて総合格闘技に関する記者会見を開くと発表されたようです。
差出人は(株)ワールドビクトリーロード。出席者は木下工務店の木下社長、ドン・キホーテの安田会長、日本レスリング協会・福田会長という面々。
福田会長とDSEとの蜜月関係は有名ですし、何やらJ-ROCKも絡んでいるようで、これが巷で噂されていた吉田秀彦を中心としたPRIDE残党組興行なのでしょうか!?
発表のタイミング的には大晦日開催も射程圏内で、「大晦日は埼玉にいるんじゃないか」と語った佐伯代表との連携も気になるところ。
詳しくは帰宅後にまとめたいと思いますが、旧PRIDE勢が分裂してグダグダになる展開だけは勘弁してほしいものです。どうか良い流れが出来ますように。

とりあえず帰宅しましたが、特に新しい話題はないみたいですね。15日の会見が終ってみない事には、海のモノとも山のモノとも判断出来ないでしょう。
そんな中、やはり気になるのはイベントの中身を支える選手とスタッフの陣容。いくらまとまった資金力があったとしても、中身が伴わなければ意味がありません。
発表されている出席者・関係者から連想されるイメージとしては、ドン・キホーテ=中村和裕(あのテーマで入場)日本レスリング協会=マックモドJ-ROCK=吉田秀彦。これだけで考えると、かなりヤバい空気が…(笑)。そもそも、ワールドビクトリーロードって社名も、まるでルー大柴に知ってる英単語を並べてもらったかのようなセンスで心配になってしまいます。
前述しましたが、武士道を支えていたDEEPの佐伯代表や旧DSE陣営、そして佐藤大輔らが合流するかどうかで、イベントの中身やファンの思い入れもだいぶ違ってくる事でしょう。
果してどんなイベントになるのか、肩の力を抜いて見守りたいと思います。


内藤×亀田の感想
ボクシングは全くわかりませんが、昨日の試合だけは録画して見ました。まあ亀田の反則行為については言うに及ばす。昔、ガチンコファイトクラブでスパーで竹原に敵わないと見るやローキックを繰り出した塾生の姿を思い出しました。テイクダウンしたいなら一からMMAに挑戦した方がいいでしょう。
そして一斉にクレームが寄せられたそうですが、TBSの亀田寄りの実況は凄かった(笑)。会場から大内藤コールが起こると「内藤コール、大毅コール」…谷Pのビーストコール顔負けの言い回し。さらに眉の上をカットした内藤を見るや「このまま試合が止まると大毅のTKO勝ちになるんですよね?」と亀田ありきの言動が目立ちました。よっぽどTBSの締め付けが厳しかったのか。
それに反比例するように、会場は内藤支持者が大半を占めていたようです。テレビから伝わってくる歓声だと、もう9割は占めているんじゃないかと思ったほど。亀田長男がベルトを取った時のファンは一体どこに行ったんだか。試合後には「切腹しろ」など厳しい罵声が飛んだようで、18歳にとってはとんでもない試練になった事でしょう。果してこの大逆境から蘇る事が出来ますか。


アルポーシャス行方不明!
パンクラス・ディファ有明大会を明後日に控え、衝撃のニュースが飛び込んできました!
メインでアスエリオ・シウバのヘビー級タイトルに挑戦する予定だったアルポーシャス・タイガーが行方不明となり、欠場が濃厚になっているそうです。関係者からは、来日するためリトアニアの空港に向かう途中、地元警察とのトラブルになったという物騒な話も出ているとの事。
一体何がどうなっているのやら。全く事態が飲み込めませんが、とにかくアルポーシャスが無事である事を祈るばかりです。
しかし、毎回書いていますが、今年のパンクラスの欠場ラッシュは尋常じゃありませんよ。本気でとりつかれているような気がしてきました。代替選手を探そうにも二日前では調整どころの話じゃないですからね。いくらなんでも今回は払い戻しした方がいいんじゃないでしょうか。