あいにくまだ仕事中のためさっくりと。
ストライクフォースで行われたエメリヤーエンコ・ヒョードル×ファブリシオ・ヴェウドゥムの一戦。結果はなんとヒョードルまさかの一本負け!ファブリシオの三角絞めからの腕十字がガッチリ極まってヒョードルは力なくタップアウト。今まで危ういながらも連勝を続けていたヒョードルがついに止まりました。

休憩時間に動画を見ましたが、スタンドで追い詰めてパンチでダウンさせるまでは完璧。しかしなんでそれからパウンドに拘ったのかなぁ。一気に極めようとヒョードル独特の嗅覚が働いたんでしょが、ノゲイラと対戦した時のように深追いせずにじっくり攻めていればこんな事にはならなかったのではないかと。少なくても、三角絞めから一回抜けかけたところで体勢を立て直すためにスタンドを要求しても良かったように思います。

まあ、何を言っても後の祭り。UFCヘビー級の充実を見て薄々は気がついていましたが、1つの時代が明確に終わりを告げました。
ヒョードル敗戦についての思い、今後の展開については帰宅後にじっくりと。とにかく今は残念でなりません。