IMG_8992
六本木から渋谷に歩いていく途中でいかにも美味しそうな雰囲気のラーメン屋を発見。名前は麻布チャーシュー軒。ちょっとユルめの看板に、屋台を彷彿とさせる質素な店内に妙にそそられます。しかもお昼の11時から翌朝7時までという長い営業時間も強いこだわりを感じるじゃありませんか。

店名にチャーシューが付くだけ注文したのはもちろんチャーシュー麺。登場したどんぶりにはチャーシューが表面を覆ってスープも麺も見えないくらいに積み重ねられているのを見てテンションが上がります。それでいて昔ながらの雰囲気が漂うのはナルトのせいかな。

まずはスープをいただくと、これまた予想に反して濃厚!醤油の甘さと鶏?豚?の力強さが重なって思った以上のコッテリ加減。最近飲んだスープの中で突出して自分好みの味付けでした。これは全部飲んでしまいそうだ。

そして肝心のチャーシュー。スープがしみて脂身が溶け出したところが食べ頃。お肉と脂身のバランスが絶妙。肉の旨味と歯応え、脂身の甘味と旨味のどちらも味わう事が出来る旬のタイミングです。

そしてもう一つの楽しみはライス。チャーシューをご飯にのせて卓上のタレをかけると即席のチャーシュー丼の完成です。これがもうやみつき。こういう食べさせ方はずるいですよね。これが食べたくてチャーシュー麺とライスを注文しちゃいますもん。偶然遭遇したチャーシュー軒。間違いありませんでした。