Screenshot_20190511-165856~01
  • 究極のガイドブック
ビーチシティの図書館の見えない所に、こんな本が隠されていたとは…。今まで、誰の眼にも触れられず、ここにひっそりと佇んでいたのでしょうか。ロナルドにも見つからずに…

Screenshot_20190511-165915~01

この本は、かつてビーチシティを発見したデューイ市長と旅をしていた、一等航海士のバディによる手記でした。ジェムズと出会ってからというもの、彼はジェムにゆかりのある場所を転々としていたようで、手記にはジェムに関する情報がずらり。

そのほとんどは過去のおさらいのようなものばかりですが、まだスティーブンたちも知らない場所にも訪れていたようです。

Screenshot_20190511-165537~01
歴史にその名を残すべく、冒険を始めた彼ですが、行っている場所は全てジェムの手が掛かっており、未踏の地ではありませんでした。というか、数千年前にジェムに蹂躙されていた地球に、そんなものはたぶん…ないでしょう。

Screenshot_20190511-170713~01
  • 二度目の人生の転機
しかし、バディはローズとの再会によって、新しい使命を見つけます。始めに出会ったガーネットとパール、そしてアメジストの三人から、導かれるようにこの地へ降り立ったバディ。その手にはすっかり仕上がった、ジャーナルがありました。彼がやらなければ、多くを語らないジェムズの、秘密を解くヒントを得られなかったことは間違いありません。

文才があったとわかった彼は、その後ひたすら本を書き続けたそうです。他には、どんな本を書いたのでしょうか。ジェムズに関わる本は、他にもあるのかな。

Screenshot_20190511-170556~01
ローズの登場シーンは、ライオンもいてとても意味深でしたね。ピンクのライオンのルーツは、もしかしたら彼らの中の一体だったりして…?