受験勉強の合間のリラックスタイム⁉


br_decobanner_20110302205308



いよいよ、小6の夏休みになりましたね~。

連日、夏期講習に通われているお子さんも多いのかなぁ?
お弁当作りだったり、送迎だったり。。。
もちろん、一番大変なのは子どもなんですが、親も結構大変なんですよね~。

我が家はといえば、ここまでZ会&パパ塾のみでやってきましたので、夏もパパ塾で夏期講習です・・・が、勉強づくしでは子どもも(親も?)精神的に疲れてしまうので、月一恒例⁉のプロ野球観戦に行ってきました~。



にほんブログ村 トラコミュ 中学受験 〔首都圏情報ブログ〕へ
中学受験 〔首都圏情報ブログ〕

ZOZOマリンスタジアムで、今年初となるナイター観戦です。

にほんブログ村へIMG_20180729_173942
いつものようにスタジアム外の屋台で、富士宮焼きそばとから揚げを購入して、入場します。

にほんブログ村へIMG_20180729_183700
マリンフェスタの日なので来場者全員にユニフォームプレゼント。前回ももらったので4着になってしまった。。。

今年はこれまで3試合を観戦していて全てマリーンズが勝利!!
ボルシンガー先発だったので、観戦4連勝かと思ったんですが、守備の乱れもあって、残念ながら敗戦でした~。

試合終了後は1000発の花火が上がりました~。

にほんブログ村へIMG_20180729_214938_2
そういえば、隅田川の花火大会も同じ日だったんですよね~。野球場で観る花火も良いものです。

にほんブログ村へIMG_20180729_214549_1
今週末は、江戸川の花火大会を観に行こうかな?と思っています…って、息抜きばっかりじゃないのぉぉぉぉぉぉ。



いよいよ決勝T。ベスト8の可能性は?


br_decobanner_20110302205308



さぁ、いよいよ決勝Tです。
しかし、今回のワールドカップはめちゃくちゃ中途半端な時間のキックオフですね~。

深夜3時って…明日の寝不足決定ですがな~。

まぁ、ここまできたらリアルタイムで観るしかないですよね。

さぁ、相手は世界ランキング3位の強豪ベルギー。日本のサッカーが通用するのか試すには絶好の相手じゃぁ無いですか!!

非常に強い相手ですが、これまでの試合予想でも書いてきましたが、決して日本が勝てない相手ではないと思っています。

その理由はただ一つ。ベルギーは、基本的に攻撃一辺倒型のチームなんです。この基本的にの部分には「格下のチームに対しては…」という言葉が付きますが。

欧州予選、ワールドカップのグループリーグとも、格下相手の時は圧倒的な攻撃力で「相手をねじ伏せる」戦い方を選択するチームです。そのため、攻撃時に相手にボールをとられることもしばしば。その際のディフェンスが結構甘いんですよねぇ。攻めのスピードは速いが、守りへの切り替えのスピードが遅くなりがちなのが、ベルギーの特徴です。実際、大勝したチュニジア戦でも1-2になってからは危ないシーンが何度もありました(→前半終了間際のルカクのゴールが無ければ、どう転んだか…)。

日本の攻撃はチュニジアと同じくらいのスピードはあり、守備力はチュニジアを上回っているので、中盤でボールを奪って一気に速攻をしかけることができれば、得点のチャンスは十分にあると思います。また、中盤での積極的な守備で、ベルギーの攻撃に時間をかけさせることができれば、失点を防ぐこともできると思います。

この戦術はフィジカル面が重要となりますが、中盤の選手はポーランド戦を欠場したことにより、体力的には余裕がありそうですし、終盤まで集中力を保つことができれば、ベスト8進出も夢物語ではありません。

そのための絶対条件は、早い時間の失点を避けること。序盤で0-1になると「0-2はまずい」っていう心理状態と「点を取りに行く」ために無理することで、大きな得点差になることも考えられます。

相手を無失点に抑えて、日本が必ず先制する。これができれば、中盤でボールを奪ってからのカウンターで追加点を奪い、より有利に試合が展開することもありえます。

それでもベルギーの攻撃陣はあまりに強く、0点に抑えきるのは至難の業。日本が点を取り、ベルギーが追いつくという、セネガル戦の逆パターンで2-2のドロー。PK戦で日本勝利というのが私の予想です。

いずれにしても、選手達はこの試合で全てを出し尽くすために、練習から組み立ててきたと思います。選手達には、全力で戦いぬき、悔いの残らない試合をして欲しいですね。

頑張れ日本代表!!



最新のロードバイク情報は⇒
ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン  

ten151-2

日本代表、決勝T進出をかけた運命の一戦!!


br_decobanner_20110302205308



さぁ、いよいよ最終戦です。
セネガル戦は、私の予想と全く違う展開でしたが、結果は予想どおりの「引き分け」でした。
セネガルと互角に渡り合っていましたが、常に先行される展開だったのが、やっぱり苦しかったですね。
セネガルがポーランド戦とフォーメーションも戦い方も変えて4-3-3で攻撃的にきた結果、中盤でのプレスが弱くなり、柴崎・長谷部両ボランチがボールを上手く裁くことができたことにより、日本の攻撃も有効に機能していたので、できれば勝ちたかったですよね~。

ここまでの予選は私の予想通り
VSコンビア 勝ち
VSセネガル 分け
の1勝1分。

いよいよ最終戦、相手はポーランドです。

ポーランドのこれまでの戦いを振り返ってみると…
セネガル戦は守備ブロック&中盤でのプレスからの速攻を狙う相手に対し、ボールはキープするものの、見事にカウンターを決められて敗戦。
コロンビア戦は、逆に守備ブロックを形成するも、クロスから先制点を奪われて、攻撃に舵を切ったところをまたまた見事にカウンターを決められて敗戦。

正直、ここまでの2戦で良いところはありません…が、私はこれまでの2戦よりも日本が苦戦する可能性は高いような気がしています。

初戦も強力なセネガルのCBを相手にレバンドフスキとかは、前線で体を張ってボールを収めることができていたんですよね~。「これだけの体格のDFに競られているのに、無理やり前向けるな~」というシーンが何度もあって、セネガルのDF陣もいっぱいいっぱいだったと思うんです。

日本のDF陣も好調ですが、簡単に前線に放り込まれるようだと、一度も体力負けする場面が出てこないということは考えられず、こぼれ球や密集からゴールを奪われるシーンっていうのが、頭に浮かんじゃうんですよね~。ポーランドは様々なパターンで「前線に放り込む&当てる」っていうのを徹底してやってくるので、この「体力勝負」をやられ続けると、日本はかなり苦しい戦いになると思います。

ただ、ポーランドにも弱点はあるんです。前線へのパスの出し手を担う両ボランチですが、フリーにさせると精度の高いボールを出せるんですが、プレスをかけると一気に精度が落ち、しかも結構簡単にボールを取られちゃうんですよねぇ。

なので、日本はここを抑えることが重要です。3戦目で体力的に厳しい選手もいるかもしれませんが、とにかく運動量で相手を上回り、両ボランチをフリーにさせない。そして、CBの二人は辛抱強く相手FWと競り合い、周りの選手はこぼれ球をしっかりケアする。

これが徹底できれば、相手を抑えることも十分可能だと思うんです。

そして、絶対に前半には失点しないことが大切です。序盤に0-1になってしまうとコロンビアとセネガルが引き分けを意識した戦いをする可能性が高くなりますし、仮に0-2になった場合は決勝T進出は絶望的になってしまいます。中盤でのアグレッシブな守備をベースに、スコアレスで前半を乗り切ることができれば、コロンビアもセネガルも必ずどちらかが「しかける」ゲームになりますから、日本に有利な状況となる(→日本が一番怖いのは「コロンビアとセネガルが引き分ける又は、ロースコアでコロンビアが勝つ」ですから)ので、そういった展開に持ち込みたいですね。

そしてできれば、中盤のプレスでボールを奪い、ショートカウンターで先制点を獲りたい…ところです。

あと、今回のワールドカップは、決勝T進出を絶たれたチームが、最後に維持を見せるケースが多いので、日本代表には十分に注意して戦ってほしいですね。

ということで、私の予想は「1-1」のドローで決勝T進出決定です。

決勝Tに進めば、対戦相手はベルギーかイングランド、ここまで来たら『スーパースター軍団と戦う日本代表を見たい』ですよね~。

頑張れ、日本代表!!



最新のロードバイク情報は⇒
ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン  

ten151-2

いよいよセネガル戦、日本代表、勝利なるか?


br_decobanner_20110302205308



日本代表勝ちましたね~。


先日の記事では「2-1」で日本代表の勝利!!と予想していましたが、家族や職場の同僚には。。。

○前半、早い段階で日本がFKから先制する。
○前半の終了近くに、コロンビアが同点に追いつく。
○日本の劣勢が続くけれども、終盤にサイドから長友が仕掛けてPK獲得、途中出場の本田がPKを真ん中に蹴って、日本代表が勝利する

と、より具体的なスコアの動きを話していたんです。

なので、試合が終わった時には、息子なんて「パパ凄いなぁ。ほとんど当たってるじゃん」と羨望の眼差しですよぉぉぉぉ。

私も完全に調子に乗って「○○、何年、パパがサッカーを見ていると思うの。解る人には解るんだよぉぉぉぉ」発言。

父親の立場を高めていただき、日本代表の皆さんには感謝、感謝です。

試合序盤のPK&相手選手の退場劇や、途中出場したハメス・ロドリゲスが全く動けず、事実上11対9で終盤は試合できた等々、相手の自滅に助けられた感はありますが、ここは素直に喜びましょう。

さて、次戦のセネガル戦。

「この勢いで2連勝だぁぁぁぁ」といきたいところですが、なかなかの難敵・強敵です。

ポーランド戦で驚いたのが、セネガルの戦術理解度&守備力の高さです。

ポーランドの中盤にボールが渡ったら、即プレスで相手を囲い込みボールを奪い、一気にスピードアップして前線に突入しゴールを狙う。ボール奪取→攻撃の切り替えがめっちゃ速いので、疲弊しそうな戦術なんですが、真ん中の4枚の運動量が「半端ねぇ」ので、息切れすることなくこの戦術をやり続ける能力があります。

また、最終ラインの真ん中2枚も巨大&強力。クロスに競り負けるようなことはほとんど無いので、どの国が対戦しても、複数得点を奪うことが容易ではないチームです。

コロンビアが1枚少なかったので、なんとも言えない部分はありますが、このグループで最強チームはセネガルですね。

さて、そのセネガルに対して、日本は勝ち目があるのか・・・と言われると、「コロンビア戦よりも厳しいが、勝機が無い分けではない」と言うことになるんでしょうか。

グループHの各国って、「日本戦で勝点3を奪い、残りの2ヶ国とは1勝1分or1勝1敗、最悪2分でもしかたない」っていう風に考えて戦っていると考えるのが至極当然です。セネガルはポーランドを倒しましたが「得失点差は1」「コロンビアとポーランドの結果が解っていない」「最終戦はコロンビア」という状況ですから、一次リーグ突破のためには、日本に勝つのはある意味「絶対条件」です。
一方の日本代表は、元々「1勝2分」or「1勝1敗1分」での決勝T進出(他力本願ですが…)が現実的な目標でしょうから、引き分け勝or僅差負けなら御の字です。

この立ち位置の違いは大きいです。
コロンビア戦同様に、日本が速い時間に先制することができれば、1-0あわよくば終盤に追加点を奪って2-0で勝つってこともありえると思います。

さて、いかにも理想論を言っているようですが、日本が勝つ条件である
「相手の攻撃を0で抑えることがきるのか?」「守備のいいセネガル相手に先制できるのか?」という部分については、多分に希望的観測が含まれていますが、根拠があります。

まず守備面ですが、ポーランド戦を見る限り、セネガルは「構えた相手」を連携で崩す能力はあまり高くありません。相手の攻撃にスイッチが入るところでボールを奪取して速攻をしかける、というパターンの攻撃は本当に素晴らしいのですが、相手が守備ブロックを作った状況では長めのクロスか、狭いスペースへの飛び出しを狙った長短のスルーパスくらいしか攻撃パターンがありません。日本戦では、当然セネガルのボール保持時間が長くなり、セネガル対ポーランド戦を逆の立場にした戦いになると思うので、日本が守り切れる可能性はそんなに低くないと思っています。

一方、攻撃面でも狙いどころはあります。セネガルの両サイドバック(特に左サイド)の守備が緩いのです。ハイボールでの競り合いは強いのですが、ボールを持ちあがってくる相手に対しては、ほとんどチェックにいきません。これは「真ん中のCBが強いのでクロスを上げられても守り切れる」のと「相手のサイドバックに抜かれてCBが引き出され中央の守備が手薄になる」のを防ぐのが理由だと思われます。ポーランドは中央のレバンドフスキにクロスを上げやすいので、ドリブルでしかけることなく放り込み、ことごとくセネガルのCBに跳ね返されていましたが、ここで勝負をしかけることができれば、PA付近でFK&PKを得るチャンスは十分あります。

戦い方としては…
・前回同様4-2-3-1で相手の4-4-2に対して数的優位を作ることにより、
中盤でのセネガルのプレスに対応する
・守備時は4-5でブロックを作って、相手のスルーパスとロングボールに対処する。
・良い位置でボールを奪うことができたら、両サイドの原口、乾(武藤もあり?)を使い、サイドのアタッキングエリアまでボールを運び、距離をとる相手サイドバックめがけて前進、ドリブル突破を狙う。
・攻撃は前の4枚での速攻が基本にして、両サイドバックはドリブル突破失敗時の守備をケアするために、あまり高い位置はとらない。
・ふかしても良いので、攻撃時は極力シュートで終わって、ブロックを作る時間を稼ぎ、相手の速攻を防ぐ。
・CK、FKのこぼれ球や真ん中でのパス回しを狙ったカウンターは驚異なので、寄せられた際は、タッチに蹴りだす等の割り切った対応をとる。
といった感じでしょうか。

日本、セネガル両チームにとって一番最悪なのが0-2、0-3いった得失点差が生じるゲーム、最高なのは当然勝つことなのでなので、どちらが勝ってもロースコアゲーム、0-0での引き分けるありえると思います。

さぁ、あと8時間ですよ~。早めに一度寝てから観戦するか、ずっと起きている方が良いのか…。明日が月曜日なだけに、この選択も重要ですね。

昨日は、トリニータも福岡の猛攻を最後まで凌いで勝利し、首位復帰しましたし、今週末の私はサッカー三昧です。

頑張れ日本代表!!1-0勝利で決勝T進出だぁぁぁぁぁ。


最新のロードバイク情報は⇒
ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン  

ten151-2

ワールドカップ、日本に勝機は?


br_decobanner_20110302205308




いよいよ、ワールドカップ初戦を迎える日本代表。
圧倒的な劣勢ムードですが、希望的観測を含めて、私は十分に勝機があると考えています。

前回のワールドカップよりも明らかに強化されているコロンビア代表。
「前回1-4なら、今回はもっとやられちゃうよ~。」という意見も多いようですが、グループリーグでお互いのおかれた状況が違います。前回は2連勝して決勝T進出が決定していたコロンビア代表に、絶対に勝利しなければいけない状況での対戦でしたから。
今回、日本代表は「引き分け」or「1点差負け」なら御の字、一方のコロンビア代表は今後のカードを考えると「勝利、それもできれば得失点差を稼ぎたい」という状況ですから、早い時間から「仕掛けてくる」と思うんです。であれば日本代表にもチャンスはあるかも?

さすがに3バックを採用することは無いと思うので、4-5-1でブロックを作り、守備のラインを低めに設定し、プレスの開始をセンターラインからにすれば、コロンビア代表に大きなスペースを与えることなく「密集」で十分に守り切れるような気がします。

そして5の部分でボールを奪うことができたら、ワントップにあて、両WG(というかSHくらいになるのか…)に渡して少ない手数で速攻を仕掛ける。

これを徹底することができれば、ある程度の勝負はできると思うんですよね~。

あとはサイドでの攻防。

最近の日本代表の試合、全くといって良いほど、サイドで勝負することが無いんですよね~。サイドでボールを持ったら、余裕があるうちに早めにクロスを上げて、はじき返されるパターンの連続です。先日の2軍レベルのパラグアイ相手でも、ボールを支配できているのにサイドでは勝負をしない。

多分、コロンビア代表もスカウティングで、日本のサイド攻撃は中で相手を捕まえていれば怖くないって考えてると思うんです。

日本のWG、SBはスピードではそんなに劣っていないというか、他国と比べても遜色無いですから、これまで全くと言っていいほど仕掛けてない両サイドで積極的に「勝負」する。そうすれば、いい位置でのFKやPKを奪えるシーンもありそうで、この辺りが「活路」になるんじゃないかと考えています→これ、作戦でやってたら凄いですけどね~。

この戦術だと、ボランチは山口&柴崎の方が、長谷部&大島よりはバランスが良いかな~。山口&長谷部では守備的過ぎますし、長谷部&柴崎ではちょっと守備が不安です。ワントップの下はスピードのある、乾、武藤、原口でいきたい(本田、香川、宇佐美は「タメ」を作るタイプなので…)ところですが、試してなさそうだしなぁ~。

心配材料としては、密集で守ることでミドルシュートがDFにあたって方向が変わって入るようなケースや、サイドで勝負した後の裏のスペースを狙われることですが、もう、これはしょうがないでしょう。

ということで、私の予想はずばり『2-1』で日本代表の勝利です!!→負けるときは1-3くらいかな~。

とにもかくにも、後2時間30分でキックオフ。

精一杯、日本代表を応援しましょう!!

頑張れ、ニッポン!!


最新のロードバイク情報は⇒
ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン  

ten151-2

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

最新コメント
アクセスランキング
人気ページランキング
ブログパーツ
検索ワードランキング

レンタルCGI
Jリーグ
プロフィール

suda_hawkun

クリックお願いします(^^♪
にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ
ブログランキング
リンクブログ
当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望される場合は、コメント欄でご連絡ください。RSSリーダーでリンクさせていただきます。なおTB&コメントもフリーですが、不適切な内容の場合は、管理人の判断で削除させていただきますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ