ブログネタ
大相撲 に参加中!

人気ブログランキングへ

八百長の語源は・・・・ 
『八百屋の店主だった長兵衛さん(通称:八百長)が商品を買ってもらうため、お友だちの大相撲の伊勢ノ海五太夫と囲碁をするときにわざと負けて機嫌をとっていた。』というものらしい。 大相撲の歴史の中でもずっと語り継がれる(→大相撲が存続すればの話しですが…)事件であることは間違いないですが、「相撲の歴史に最大の汚点を残す結果となった」という表現にはなんとなく違和感があるのよね~。
 結局のところ、今までも怪しいことは数知れないくらいあっても、「証拠が無い」ということで何とか切り抜けてきた「八百長問題」が、とうとう言い逃れできない証拠を提示されて「みんなにばれちゃった!!」・・・・・なので『最大の汚点』として大相撲界も認めざるをえない・・・・。

 うーん、悲しいね~。

以前も・・・琴桜、前の山、柏戸、大鵬、千代の富士、曙、互助会大関陣・・・・色々と八百長疑惑がもたれてきたわけですが、そのたびに否定してきた相撲界。
関取では目立つので幕下や三段目の力士が中盆(八百長相撲の仲介・工作人)をやっているなんていうのは、かつて板井が指摘したとおりの内容で、まさに「お決まりの疑惑」とおりでないの~。 

とりあえず春場所は中止&今年の地方巡業が全面中止のようですが・・・・この中止で「一区切り」とか「反省した」って考えは間違っていると思うんですよね~。

八百長に加担している又は加担したことがある力士&親方衆を駆逐して、「真剣勝負の相撲」ができる環境を作ることが一番必要なことなのではないですかね~。

そして、少しでも早くクリーンな相撲を見せることが、相撲ファンを裏切った事に対する日本相撲協会の本当の反省の姿だと思います。 って言っても、今いる親方衆がかつて初代若乃花に「お前たち、これでいいのか!!」って言われた人達では・・・・・期待薄かもしれませんがね~。




最新のロードバイク情報は⇒ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 人気ブログランキングへ