ブログネタ
競馬データ予想 に参加中!



GW2日目は、自宅でノンビリJリーグ観戦。

トリニータ・・・・・引き分けかよぉぉぉぉ~。

前半から押し気味に試合を進めていたのに、1点を奪うことができなかった・・・・・。2~3点はとっていてもおかしくない試合だったのに・・・・・こういう試合が続くと、段々悪い方向にチームが向かっていくんだよな
ぁ~。

GWの残る2戦で、結果を出して『いい流れ』に乗ってリーグ戦を戦って欲しいものです。


で、競馬の方ですが・・・・・こちらも今日はてんでダメ

このままズルズルいかないように、しなければ・・・・・ということで、まずは恒例のWIN5予想からです



◆WIN5予想

東京10R・アハルテケS=02インペリアルマーチ、03ナムラタイタン
京都10R・錦S=03ホーカーハリケーン、14ブレイブファイト
新潟11R・谷川岳S=14ヒットジャポット
東京11R・スイートピーS=08マイネクイーン
京都11R・天皇賞(春)=01ビートブラック、02ヒルノダムール、03ナムラクレセント15エイシンフラッシュ



出走馬の詳しい指数は⇒競馬指数ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 
blogram投票ボタン


先週は1R目で沈没

今週はもう少し楽しみたいな・・・・・。

zun366



にほんブログ村 トラコミュ 第141回 天皇賞(春) GI 攻略へ
第141回 天皇賞(春) GI 攻略


◆天皇賞(春)(G1)の予想

◎15エイシンフラッシュ<平均指数:67.8>
○02ヒルノダムール<平均指数:73.9>
▲01ビートブラック<平均指数:70.2>
×03ナムラクレセント<平均指数:72.9>
△04ローズキングダム<平均指数:73.1>
△05ジェントゥー<平均指数:--.->
△06ペルーサ<平均指数:73.8>
△08マイネルキッツ<平均指数:75.2>
△09トゥザグローリー<平均指数:74.3>

 混戦模様の天皇賞の本命は、ダービー馬エイシンフラッシュです。前哨戦の指数比較は、産経大阪杯→阪神大賞典→日経賞の順番で、大阪杯出走馬で一番指数が高かったのが2着だったエイシンフラッシュの85.5。3番人気になるというのはちょっと意外でしたが、ここはダービー馬の『底力』を信じてみようと思います。
 ということで、対抗も大阪杯組のヒルノダムールです。ここ3戦の指数は86.9→77.7→84.0で高レベルの競馬で好走を続けています。「トゥザグローリーに完敗してるじゃんと言う声が聞こえてきそうですが・・・・あとで書きますが、レースレベルが上がれば互角以上に戦えると、私はみています。
 3番手は敢えて『可能性』を評価してビートブラックです。ここ5戦の指数は75.9→74.3→76.2→75.5→78.1と上昇傾向を維持しています。菊花賞では指数上「フロック勝ち」としか思えないビックウィークに続く3着で、現在2番人気のローズキングダムとの着差はわずかに「首差」。なのにこれだけ人気に開きがあるなら、馬券的な妙味ではこちらが上でしょう。
 4番手はナムラクレセント。ここ2戦で一気に素質が開花したのか指数は85.3→77.0と絶好調な感じ。以前にも77.1とかを出したことがあるように、京都コースも得意そう。「すんなり前目の位置取りができそうなメンバー」+「内枠」で、昨年よりも好走する条件は整っているように思います。
 1番人気のトゥザグローリーは「△」評価。ここ5戦の指数は81.3→79.2→82.3→77.8→75.0で、2連勝している2戦の指数もべらぼうに高いというわけではないんですよね~。指数だけを単純に眺めれると、コーナーの数が多い有馬記念を除けば、やはり1,600~2,000mというのがこの馬の適距離で、長距離戦でもレースレベルが低い時には決め手が生きるというように思えて・・・・。なので距離が長くなるのはこの馬にとっては、決して条件がよくなっていないような気がするのです→最近の長距離レースはスローな流れが多いのでこなせる可能性はありますが・・・・・。
 ローズキングダムは、日経新春杯では87.4の高指数を出しましたが、それ以外のレースは全て80.0に届かず・・・・。こちらもレースレベルが高くなれば勝ちきれる可能性は低くなると思います。
 4番人気のペルーサは、「出遅れれば、恐るべき末脚」「普通にスタートすれば、ソコソコの末脚」という、ごくごく普通の(強い)馬でして、どちらにしても「頭」は無いように思います。



出走馬の詳しい指数は⇒競馬指数ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 
blogram投票ボタン

zun365