ブログネタ
J2観戦 に参加中!

br_decobanner_20110302205308



J2リーグ第7節。我が大分トリニータは、アビスパ福岡に1-2で敗戦。

これで2連敗。1勝1分5敗となり、勝ち点4の第21位でかわらず低迷しております。

にほんブログ村へdesktop461
大分トリニータのスタメン。予想フォーメーションでは三平選手の1トップになっていますが、実際は、1トップに永井選手、2シャドーの左がエヴァンドロ選手、右が松本玲選手、左のハーフの位置に三平選手という布陣になっていました。

にほんブログ村へdesktop462
アビスパ福岡のスタメン。
今回も3-4-3(3-4-2-1)のミラーマッチです。

以前の記事でも書きましたが、これまでの戦いでもミラーマッチの場合は全般的に大分が優勢に試合を進めています。これは選手の能力と戦術理解度という点で、大分の力が『相手を上回っている』証拠だと思うんです→ただ、今回の試合(特に前半)は両チームともパスの精度が低く、とても低調な内容になっていましたけどね~。

大分のスタメンの意図はすごく解りやすいものだったと思います。「昨シーズン終盤から同じサイドにいる時に良いプレーをしていた松本玲選手と西選手を右サイドで使って、攻撃の大きな起点の一つにする」そして「左サイドには仕掛けることができる三平選手を起用し攻撃に厚みをもたせる」っていうイメージだったんだと思います→ただ、ちょっと残念だったのは、松本玲選手がシャドーの位置だとちょっとパワー負けしちゃうところ。4バックの右SHと右SBのコンビの方が、この2人は良いかも。このあたりの采配が「しっくり、ピッタリ」こないのも、今シーズン低迷している要因の一つですかね~。

にほんブログ村へdesktop464
そして、大分の幻の先制点のシーン。永井選手の後ろで軽い接触はあったようにも見えましたが「肘を振っている」ようには見えなかったですけど・・・・・。今シーズンは審判の判定もどうも大分の方にこないんですよね。

にほんブログ村へdesktop466
エヴァンドロ選手のオーバーヘッド。これもクロスが相手DFにあたって「運よく」エヴァンドロ選手のところにボールがきて生まれたプレーだったんですが、決めきれない。

にほんブログ村へdesktop467
そして、後半のアビスパ末吉選手のフリーキック。大分が好機を逃す一方で、福岡はボールが壁にあたって入るラッキーゴールで先制点。

にほんブログ村へdesktop468
そして、追加点。これもアビスパ酒井選手のパスがオフサイドで、一瞬、大分の選手の脚が停まった隙に、酒井選手自身がボールに追いついてしまったところからはじまった失点。

うーん。この流れってなんなんでしょうね~。


アビスパのチャンスって、この2回プラス城後選手のオーバーヘッドの場面の3回しかなかった思うんです。少ないチャンスを2/3の確率で入れられてしまうなんて・・・完全に負の連鎖に陥っちゃってます。

この流れをかえるための大分の選手交代。松本玲選手を高松選手に替え、永井選手を1枚下げることにより前線によりボールがおさまるようにする。兵働選手からジョンヒョン選手に替え、中盤からの推進力を上げる。動きの鈍くなったエヴァンドロ選手に風間選手を入れて前線をパワーアップさせる。

しごく当然・順当な采配ですが、これも上手くいかない。高松選手と永井選手の役割があまりはっきりせず攻撃が停滞、ジョンヒョン選手はあいかわらずボールロストが目立って攻守の切り替えが上手くいかない。風間選手が入ってからは、前線3人の役割が明確にになって、一気にチャンスが増えたんですが、この辺りの「うまくいかない感」も今シーズンの『流れの悪さ』を物語っていると言えます。

さてさて、どうしたものか。今後、成績が上向く「きっかけ」になるような好材料はあったのか・・・ぶっちゃけ、ありません。ただ唯一の期待は・・・・・

にほんブログ村へdesktop469
高松選手のゴール

『ミスタートリニータが決めた今シーズン初ゴール』っていう、精神論的な部分も当然ありますが、それ以上の成果は試合の最終盤になってから高松選手と永井選手の「距離感」が定まってきたように見えたことです。

ボールを納めることができる選手が前線に2人いるっていうのは大きいですし、相手を背負うタイプとワンタッチで流すタイプというバリエーションの違いも良い。この2人にドリブラーの風間選手orエヴァンドロ選手が絡む・・・・・前線の3枚はこのパターンを試してみても良いかも

強豪の大宮、好調な長崎と難敵が続きますが、まずは負けないことが大事

さすがに、この序盤で5敗していては「優勝」というのは難しいです。現実的な目標は『プレーオフ圏内に入る』ことでしょう。
で、あれば強豪相手に「勝ち点1」を積み上げることは、長いシーズンを通じてとても重要なことです。

選手、監督、スタッフ、そしてサポーターも一度ここで気持ちをリセットして「現実的な目標に向けた戦い方」を考えていくことが『負の連鎖』を断ち切るために必要だと思います。



最新のロードバイク情報は⇒ロードバイクランキング


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン  

ten151-2