以前にも書いたと思うが大村競艇はマイルクラブという、舟券を買うとポイントがつくサービスを行っている。
http://omuramileclub.jp/
 そして私は前年度アホほど舟券を買ったために今年の8月から1年間はゴールド会員ということになっており、本場に遊びに行くと年2回まで交通費5万円(×2回)払ってもらえたうえに特別室に通される身分になっているのである。
 せっかくの権利なので年内に一度は行こうと考え、坂田さん@GCH日曜が実況をやっている新鋭リーグの優勝戦に行ってきた。

 今回は長崎空港往復ではなく、福岡空港往復。というのも前日に飯塚オートに寄るためだ。
 飯塚がナイターになっていることをすっかり忘れて朝便をとってしまったため、日中は福岡競艇場でひまつぶし。午後から飯塚に転戦してリフォームされてしまった中央食堂の姿を確認し、4レースまで打ってさらに移動。諫早経由で大村泊。

 6日はタクシーでロイヤルスタンドに乗り付けると警備員さんに話が通っており、自分の席へ。午後になると交通費キャッシュバックの5万円(自宅の場所によってこの金額は異なり、MAXが5万円)が貰えて、さらにこのプランを最初に利用したときにはカステラ+競艇グッズのお土産までつく。至れり尽くせりだ。

 単に私がいい扱いをしてもらったからということではなく、大村は場内にちょっといい感じのカフェができていたり、外向け前売り発売所が気合入ってたり、頑張っている感じである。
 マイルにしても、電投に力を入れるしかない立地ということを踏まえて導入しており、マーケティングがちゃんとできている。どこもかしこも大村のまねをすればいいというものではなく、本場に力を入れたほうがいいところもあるし、地方競馬のようにネットで売られた場合のロスが大きいケースでは主催者がそれ以上のインセンティブはつけられない。そういった諸条件を踏まえたうえで、適切な施策をとっている大村が売り上げ面でも堅調に推移しているのは、うれしいことである。

 というか、公営競技主催者の中には驚くほどダメなところもあるわけで、ちゃんと頑張っているところを見るとほっとする。権利はもう一回あり席だけは二人分取ってもらえるようなので、次は公営競技界の誰かを連れていこうかと思う。