塩漬け発酵し乾燥させたIkan Asinを使って
佃煮風の常備菜を作ることがある。

DSC09490


















これまで紹介してきたものでいえば、
ジャコとテンペを使ったもの(Tempe Kering Bumbu Serai)や
煮干大の魚を使ったもの(Sambal Ikan Bilih)がある。

味付けはいろいろ可能だが、要するに、
チリソースのようなものをつくり、揚げた魚などを
あえて水分をとばしたもののことである。

この日も同じ要領で別のIkan Asinを使って作ってみた。

使ったのはTeri Padangと呼ばれるもの。

DSC09489


















Teri Medanといえば、日本で言うチリメンジャコのような
小さなものなのだが、メダンではなく、同じスマトラでも
西のパダンの名前がつくと煮干よりもさらに大きい、
7-8センチの魚を干したものになるらしい。

同じものを使って2回つくったのだが、
1度目はニンニク、赤タマネギ、トマト、赤唐辛子、
塩、ヤシ砂糖、そして風味付けに
少しだけエビ発酵ペーストTerasiを入れた
チリソースであえた。

唐辛子が入っているので当然辛いのだが、
甘みをつけるのと同時に、少しとろみというか
ねちっとした感じにするために多めにいれた
砂糖のせいか、日本のみりん干しを思い出し、
2回目は同じチリソースにゴマを混ぜてつくってみた。

DSC09493


















味が濃いので一度にたくさん食べられるものではないが
ふたつみっつ、ご飯にのせて食べるには
いいおかずができた。