引き続きジャンビにて。

移動中に街を眺めた限り、目に付く食べ物屋の看板には
パダン料理やパレンバン料理をうたうものが多かった気がする。
(もっともパダン料理は全国どこでもよくみかけるが)
気のせいかもしれないがやはり地理的な関係かもしれない。

IMG-20111115-00167


















というわけで今回ジャカルタに戻る前、
昼食にと案内されたのもパダン料理屋。

普段ジャカルタではあまりみかけない
(あるいはわざわざ注文しないと出てこない)
おかずがないかと出されたものをながめたところ、
いくつかそれらしきものを発見。

1つ目は、インゲンとテンペの味噌あえ(Gulai Tauco)。

IMG-20111115-00165


















肉や魚より野菜を食べたかったのだが
大勢で皿をまわしたら私のところまでまわってこずに
なくなってしまったので結局これは食べられず。

IMG-20111115-00163


















2つ目はゼンマイ、エビ、Leuncaと呼ばれる
スンダ料理によくでてくる実のはいった
ココナツミルクあえ(Gulai Paku)。

IMG-20111115-00168


















そして3つ目は、牛の皮のせんべいに
黄色いソースをかけたもの。

私のように皮の風味が苦手で普段はこれを食べないという人も
このソースがかかっていたら食べやすいのだが、
出てきたらすぐ食べないと水分をすってしまうので注意である。

というわけでこの日の私のチョイス。

IMG-20111115-00169


















肉を食べても良かったが、これだけでも十分満足。

店によっては野菜類が少ないので肉とご飯
(あるいはソースとご飯)をひたすら食べることになるが
この店は選択肢が多くてよかった。