2016年11月

ショップで見つけて、衝動買い!
あっという間に組み立てて、WoTカラーにするか迷い中。
本キット、この値段で金属製砲身に加えて豊富なエッチングパーツがあって、超お買い得。履帯もベルトと組み立て式両方付属。
けど、フェンダーのエッチングパーツはキットのままのプラの出来が良いので使用せず、手すり系もエッチングでは無く針金に交換。

サフ吹いてみると、やっぱ架空の戦車感、満載でしたwwwww

チャレンジャー2で味をしめて現用にも手を出し始めた。
いきなりTUSKも怖いので、600円ほどで入手できるエッシーの中古のM1を作ってみた。
古いキットのため反りやヒケが多く難儀したが、土日でほぼ形になった。

転輪は二枚一体で溝も無いこともあり履帯は裏面のホーンが全く無くツルツルだが、表のモールドや材質等は大変良い。今まで組み立てたミニスケの履帯では最も組み立てやすく、良い感じで仕上がった。
塗装はオリーブドラブ単色にしようか、NATO明細にするか迷い中。
多分、考証的にはオリーブドラブかサンドイエローの単色が無難だが…

なんと、フジミさんは1/76のティーガーも再販がかかったのね!
これで一人パンターコンで、スチール転輪が作れる!
日東の初期型から部品拝借の鬼改造など、夢?が広がるwwwww
フジミさん、1/76に帰ってこないかなぁ。4号のD型とか、3号のLよりも前のやつとか、パンターの作り直しとか…
せめて、まともな起動輪と履帯のセットとかアフターとして出してくれると良いのだが…
そう言えば、Uniの3号シリーズが元気よく、ついにL型も出たみたい。
砲兵観測タイプのリリースも時間の問題な気がしてきたので、今作りかけのやつを仕上げなくては^^;
作りかけが山積みでヤバし!

↑このページのトップヘ