にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ←上位ランクのスキーブログもこちらから。

          ランキングに参加中、応援ポチっとお願いします。


今回紹介の豆も「珈琲鳴館」です。

お試ししたのはこちらの4種類で、今回は中浅煎りのものがメインです。

はなまるブレンドだけ250gで他はお試し用に100gとなっています。

P5290171
P5290171 posted by (C)ダイジロウ


1つ目はこちら。

エチオピアのモカ・アビシニアンマタール。

P5310172
P5310172 posted by (C)ダイジロウ


中浅煎りで、アビシニアン高原の特上の逸品とのこと。

マタールは本来お向かいのイエメンの最上級品のエリアなので、アビシニアンの最上級という意味なのでしょうか。

P5310173
P5310173 posted by (C)ダイジロウ

その特徴は、圧倒的なはなやかで鮮烈な香り。

これまでの自分のコーヒーの概念を覆るような一杯でした。

強い酸味ではなく嫌みのないさわやかな酸味なので飲みやすい。

さすがに冷めると酸味が目立つようになります。

しかし、香りに圧倒されますね。

ミルクともあるのですが、ちょっと豆のランクを考えるともったいない気がします(笑)

お店には、この豆の深煎りである、モカ イタリアン・マタールもあります。

双方、お値段がブルマン系以外で最高値となります。



おつぎは同じモカでも、モカブレンドのスィートハート。

P6030176
P6030176 posted by (C)ダイジロウ


同じく中浅煎りです。

モカらしい香りで、強すぎないのでちょっと安心(笑)

酸味はわずかでマイルドに仕上がっているのが好印象。

P6030177
P6030177 posted by (C)ダイジロウ

深入り豆じゃないけど、アイスにしても香りが良くおいしいです。

一方、ミルクを入れると個性が弱くなりすぎるのと、すこしコゲ感が出てきて思ったより合わない感じ。

ルンゴでさっぱり飲むのが良いですね。



さて次はこちら。

ブラジル ミディ・モンテ。

こちらも中浅煎りです。

P6060178
P6060178 posted by (C)ダイジロウ


ブラジルですが、中浅煎りにして苦味よりスッキリさわやかな口当たりに仕上げられています。

P6060179
P6060179 posted by (C)ダイジロウ

とはいえ、飲んでみるとやっぱりブラジル。

中浅煎りなのに、心地よい苦味が前面に出ていてユニークです。

でもやわらかい苦味なので、繰り返し何杯でも行ける感じ。

アイスにすると、苦味がちょうどよい感じに働いてミルクとも会うので夏のアイスに良い感じ。

シロップとも良く合います。



最後はお徳用ブレンド豆の、はなまるぶれんど「ソフト」。

P6080180
P6080180 posted by (C)ダイジロウ


様々な煎り方の豆をブレンドして、全体的にソフトに仕上げています。

P6080181
P6080181 posted by (C)ダイジロウ

これのスィートでもまだ苦味が強い気がしたので、もっともマイルドなソフトを試しました。

これでもまだ苦味がしっかり残っているのですが、マイルドさのおかげで安心して飲めますね。

繰り返し気軽に飲むには良い印象です。

アイスも適度な苦味が合うのでいい感じ。

ミルクとの相性も良いです。



以上、今回は中浅煎りの豆を試しましたので、主要な豆を確認できました。
今回の中では、びっくりしたのはアビシニアンマタール。
おいしいと納得したのはミディモンテ。
また、常用にははなまるブレンドのソフトが良い感じですね。

次回は、4月入荷予定だったのがコロナの影響などで入ってきていない新入荷の豆たちを試してみようと思います。

ではまた。





本日もご訪問ありがとうございます。
人気のスキーブログの記事はこちらからごらんになれます。


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



ブログランキング【くつろぐ】  

E