にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ←上位ランクのスキーブログもこちらから。

          ランキングに参加中、応援ポチっとお願いします。


今回紹介の豆も「珈琲鳴館」です。

お試ししたのは2種類で、深煎りの豆から選択。
苦すぎるのは苦手なのでちょっと避けていたのですが、そうはいっても実物を確かめることにしました。

まずはこちら。
モカイタリアン・マタール。
以前お試ししたアビシニアンマタールの深煎り版となります。
あの度肝を抜く鮮烈な香りが特徴の豆が、深煎りでどう変化するのでしょう。


P8040220
P8040220 posted by (C)ダイジロウ


P8040221
P8040221 posted by (C)ダイジロウ

深煎りなので濃厚な色合い。

さらに表面には油が浮いてきてツヤツヤです。


飲んでみると、すっきりした苦味と、それでもなお華やかな香りがしっかり残っています。

しっかり重いコクを感じます。

深煎りの割には苦味が強すぎないのが結構よいですね。

豆の量を控えめにすると、やや酸味が表に出てくる印象です。

なお、ミルクを加えると抜群な味わい(甘味)と香りが感じられ、苦味が薄れてマイルドに激変します。

ただし、この豆にミルクを入れるのはちょっとお値段的に抵抗を感じてしまいます(笑)




つづいてはタンザニアダーク。

こちらはタンザニア・ケントの深煎り版。

いわゆるキリマンジェロですね。

P8100222
P8100222 posted by (C)ダイジロウ


P8100223
P8100223 posted by (C)ダイジロウ

こちらもしっかりと深煎りの色合いです。


さて飲んでみますと、キリマンらしい酸味はほぼ飛んでいて、苦味とコクを感じます。
珈琲らしい香りもしっかりです。
アイスだとさらに苦味を強く感じました。
やや豆の量を控えると、苦味が適度にやわらかくなって、それでいて酸味は出てこないので非常にマイルドな味わいに変化します。
深煎りなのでミルクにも合いますね。

ということで久しぶりに深煎り系の豆を試しました。
豆を控えめに使って飲むと、わたしにはおいしいと感じるという印象です。
まあ常飲するならやっぱり中煎り程度が好みに合うようです。

ではまた。





本日もご訪問ありがとうございます。
人気のスキーブログの記事はこちらからごらんになれます。
スキー・スノーボード 人気記事 一覧 スキー・スノーボードブログ天紹介所


にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ



ブログランキング【くつろぐ】  

E