DSC_1617
DSC_1618

DSC_1619

10月に入ってからはや半月を過ぎ、定休日含めた毎日何らかの売り上げをいただいてまいりました。

しかし、昨日ついにそれが途切れてしまいました。

ランチにお客様0。

きのこの残量が少なかったので、14:00くらいから山へ行きました。

とはいえ、今の山は厳しい状況です。

いつも歩く主尾根から、支尾根に下りては戻るを繰り返し、結局どこへ行ってもキシメジとネズミシメジしかない状況…。

しかし、ショウゲンジが少し出てて、救われました。

ばかでかいシメジは、最初ウラベニホテイシメジかと思って「えーっ!」と思いましたが、ひだの色からイッポンシメジ系を否定、穏やかな黒変性とサイズ・時期からカクミノシメジだと思います。

あ、ショウゲンジ山で、少しシモフリシメジも採りました。

DSC_1622

DSC_1623

DSC_1624

DSC_1625

今朝はホンシメジを狙いました。

まずはシモコシから。

沢山出てました。

ここのシモフリシメジはまだな様です。

こういう出てない時は、普段見ない場所まで見るチャンスです。

案外オオツガタケ・クリフウセンタケが集まりました。

アイシメジやショウゲンジを採りながら、シモフリシメジの場所へ行くと、始まりかけてました。

松茸の為には四つん這いにならない僕ですが、シモフリシメジの為には常時四つん這いですw

それから松茸の終了確認ですが、開きと極上品1本ずつ見つけました。

また来なきゃなりません。

ホンシメジはダメでした。

アカモミタケも出てなくて、ヌメリスギタケも木が折れて三年目、ここはもうだめかもしれません。

なんとかそこそこのきのこは集めましたが、ランチに2組様のご予約をいただいており、もちろん仕込みも販売も、きのこはまた残りわずかです。

明日は明後日のご予約に向けて山籠りすべきですが、用事が出来て籠れません。

ディナーご予約満席の明後日の朝はしくじれませんし、出来れば松茸やホンシメジご用意したいのですが、ホンシメジは絶望的、松茸もかなり可能性薄いです。

となれば、やはり種類と量で攻めるしかありません。

あそこのクリタケとヌメリスギタケ、そしてシモフリシメジが始まってて、チャナメが少し集まって名残松茸ゲット出来れば最高です。

その最高を夜ご用意する為、山から下りて来ないかもしれません。

20日土曜日ランチにご来店ご希望の際には、そんな事情がございますので、早めのご予約をオススメ致します。

あ、今朝ホンシメジ入りの混ぜ込みきのこ飯作ったのですが、めっちゃうまかったです。

ホンシメジは、本日のランチに贅沢に使ってしまったので、また採れるまでありません。

僕は例年より少ないくらいしか採れてませんが、今年は収穫らしいので、少しくらい高くても見つけたら是非買って食ってみて下さい!

松茸なんか、比じゃないですし、そういう意味では松茸よりはだいぶ安いですし。

しかし、当店でも「ホンシメジ200g2000円」とかでおいておくと、まったく売れません(売れない方が良いですけど)。

やっぱり「シメジでしょ?」みたいなイメージなんでしょうか?

良いのが手に入ったら、是非焼いて潮で食ってみて下さい。DSC_1620

画像は黄色く見えますが、白いきのこです。

人生変わるくらい、うまいです。