昨日はご予約対応のみとさせていただきました。

本日はゆっくりまわれる木曜日でしたが、昨夜午前さまだったのと、霜が降りてたので、ゆったり7時過ぎから山へ向かいました。

まだ山の中まで凍結してるわけではないので、山裾を後にまわせば良いのですが、いよいよ牛乳配達前とか、夜明けとともに、みたいには歩けない時期になってきました。

もう山が乾くことはないと思ってたのですが、あまりに雨が降らず、山は乾燥してます。

おかげで、大収穫が続き遅れがちだった採取にも関わらず、良い状態のきのこが採れてるのですが、これ以上乾燥が続くとさすがにきのこの発生に影響して来そうです。

いちばん気がかりなのは、まだ姿が見えないムキタケやシモフリヌメリガサの発生が遅れ、あまり採れなくなる事です。

また、今出てるものについても、やはり日当たりの良い場所は出てないし、クリタケやヌメリスギタケの出も鈍いので、下手したら晩秋大豊作ムードから一転、狭間の時期が来てしまうかもしれません。

しかし、一雨来れば、たぶんクリタケ祭りが始まり、追われてるうちに他が追い付いてくれるかもしれません。

あれ?なんだか画像アップ出来ないので、画像無しでいきます。

昨日はランチご後にお客さまと山へ行きました。

一昨日が10kgの大収穫だったので、まわりきれずに焦るところもあり、お客さまと採ってまわれば採取にかかる時間が短縮出来るかな、との気持ちもあったのですが…。

順番で、まずホンシメジの確認が最初の目的。

この山で採れないのは折り込み済みです。

昨日の画像が、2本だけ見つかったホンシメジ。

その後山を二つ変えて、山繋ぎで長歩きしましたが、チャナメツムタケが少ない山だと採取よりポイント移動が主となり、かなり歩かせてしまいました。

お客さまお二人と歩いたので、3人で分けあった収穫は、わずかとなってしまいました。

AさんNさん、お疲れ様でした。

結局予定の行程を歩き切れず、今朝は昨日の残りからスタート。

もう一ヶ所のホンシメジの確認からでしたが、出てませんでした。

昨日も本日も、ホンシメジの確認で時間を取られた形ですが、菌種が限られてくるこの時期、「もう行かない山」を決めて歩く範囲を狭めて行くのは重要な作業です。

本日で、ほぼ晩秋仕様の山歩きに移行する準備は出来ました。

本日はそこそこの収穫がありましたが、最後に一昨日採れ過ぎてまわれなかった場所のシモフリシメジ採るまでは、昨日同様わずかな収穫でした。

方面的にチャナメツムタケがあるとこ歩いたんで、チャナメはたくさんあったのですが。

本日は定休日前で、発送作業をして、一昨日からの大量のきのこはあと1kg弱残してぜんぶ売れました。

しかし、さすがに発送先もきのこ買いにみえるお客さまも落ちついてきた感じで、でもたぶんもう一回はこういう収穫があると思いますし、その時売れるか心配です。

基本新たな発送先とかは、積極的には求めてないのですが、クリタケ・チャナメツムタケが大量に採れた時に送ってほしい方いらしたら、ご連絡下さい。

最悪メルカリ出品でもすれば、はけるとは思うんですが…。


今週こそは、平日もちゃんと営業したかったのですが、一昨日連休ですっからかんになったきのこの補充に行ったら大収穫に見舞われ、昨日は昼夜のご予約、本日もお問い合わせいただいたのですが、良い営業が出来る自信がなくもじもじしてたら「またで良いよ」となってしまいました。

この忙しさの中でも、玄米リゾットからリゾット仕込む時間がなく思いきって玄米粥作って出してみたり、色々やってるし、店内提供用のきのこの種類も素晴らしいものがあり、たくさんお客さまをお迎えしたいです。

明日はきのこ採りはそこそこに、ピッツァこねたり事務仕事追い付けたり、土日への準備をしっかりしようと思います。

土日次第ではありますが、来週の平日こそは、しっかり営業出来るようにしたいです。


玄米粥ですが、僕は素晴らしいと思い、スパゲッティーニとピッツァやめて玄米粥と手打ちショートパスタの店にしたいです。

ただ、いきなりはお客さまも戸惑うと思いますので、まずは少しずつ出していって、お客さまにお試しいただき、反応見ながら時間をかけて変えて行きたいです。

ずっと「お粥屋やりたい」と思いながら、やはり難しいと感じてたのですが、玄米粥は色んな意味で素晴らしく、少しだけお粥屋への道が見えてきました。

ていうか、僕は既にお粥屋気分ですけどw

土鍋たくさん買わなきゃ!

読んで不安になっちゃったお客さまもいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫。

美味しくなる方向です。

食べてみて、力づくで納得させられてしまうような、そんなうまい玄米粥を作っていきます。

是非お試しください!
DSC_1509