平谷村 cafe sue is fine

長野県平谷村のcafe sue is fineのブログ。 地元の食材や、こだわりの食材を使った生パスタ、手作りピッツァ、焼きたてワッフルのお店です。 長野県下伊那郡平谷村443-1 09034432682 営業時間:11時~日暮れor売り切れまで 定休日:金曜日

2014年02月

46c38ecf.jpg
法に触れない限りは何でも売りたい、とても売りたがりな当店。

メインのパスタ・ピッツァすらたいして売れてない現状は

「どげんかせんといかん。」(でしたっけ?)

ひな人形に定位置を奪われ、営業中は外に追いやられてるスノボギアたち。

画像手前はサロモンの138㎝。博物館モノのflowのバイン付きです。

僕が初めて乗った、思い出深い板です。

奥の黒い板はロシニョールの布施忠モデル153㎝。

最初の板が短すぎたので一気に長くしたら、ターンすらままならなかった、これまた思い出深い板です。

こちらは板のみ。

いづれも1000円。

ブーツは奥さんが使ってたバートン。23.5くらいの方に合うと思います。

初心者の練習用にはまだまだ使えますんで、興味のある方は是非御覧になってみて下さい。

半額くらいまでは値下げ致します。

いや、ぶっちゃけ差し上げても…w

a6540869.jpg
時には音楽の話でも。

現在店にはCD320枚。

特別合わせたいお客様には選んでBGMと致しますが、通常はアルファベット順に流してます。

開店から4ヶ月、何周目かのthe
whoです。

十代の頃から大好きで、かなりマニアックなモノまでコレクションしていた筈ですが…

若い頃、自分のバンドの活動資金を得るためにすべて売りはらい、今店にあるのは画像の「odds & sods」ともう一枚、「BBC sessions」だけ。

また揃えたいのは山々ですが、彼らくらいのビッグネームになると安い中古を探すのも一苦労です。

しかし、彼らの良さって、絶妙過ぎます。

みんなハチャメチャな演奏ぶりなのに、なんだかイデオロギーに毒されてないというか。

なんか、凄く適当な様で、だけど聴き込むべく重厚さや複雑さも備えている。

各々好き勝手やってる様に見えて、寧ろ凄く統制されている様にも思える。

これはピート・タウンゼントのギターと、キース・ムーンのドラムの間という、通常 気が狂いそうな場所に放り込まれたジョン・エントウィッスルの、必要に応じる形でへんてこにならざるを得なかったベースでかろうじてつなげられたサウンドに乗って、いちばん名前が出てこないボーカリスト、ロジャー・ダルトリーがやけに本格派でソウルフルな歌声を披露する、というフォーマットが、「ロック・ミュージック」としての圧倒的な正当性を何故か持ち得た事に由来する、ロック史上ただひとつの成功例だと思う。

ビートルズもストーンズもキンクスも、ドアーズですら、彼らに比べたらバンド内の1人か二人の目立ちたがりやの為に、単なる発表会へと堕する失敗に甘んじている。

the velvet undergroundの最初の二枚はいい線行ってたけれども、ジョン・ケイルが抜けてからの彼らは「ルー・リードのバンド」に成り下がってしまった。

つまり、何が言いたいのかと云えば…

ロックとは民主主義社会の垂れ流す廃棄物であり、その廃棄物の中でのたかだか四人で構成された家族程の小さな集団内ですら、全員が同じように主張しつつ、バランスを保って存在するのは至難の業だと言うことです。

あちらを立てればこちらが立たず、が、民主主義社会の偽らざる実情ではなかろうか。

くだらない長話をすみませんでした。

もう二度としません。

4938cd30.jpg
まだだいぶ早いですが、「中馬ぬくもり街道ひな祭り」というイベントに参加してる関係で、店内にひな人形飾りました。

しかし、何の変てつもない普通のひな人形です。

一応期間は3月1日~4月3日となってます。


ひな人形の前にあるパスタは、試作してみた「ツナときのこのペペロンチーノ生ハムサラダのせ」ってなところです。

思い切ってベーコンを使わず、生ハム脂とアンチョビで味を出し、ツナときのこを合わせ、仕上げに生ハムと阿智村産ルッコラをのせてパルミジャーノ・レッジャーノをふりました。

相当うまかったけど、今はツナときのこのしょうゆクリーム出してるし、メニューのバランス的にも今後にストックしておきます。

560b306f.jpg
ここのところ、営業時間が不規則になってしまってご迷惑をお掛け致しております。

土曜日は大雪でスキー場がクローズ。

すぐさま店を開けたいところでしたが、停電。

結局夜まで復旧せず、営業不可能となってしまいました。

その間、あちこち雪かき。

きのことはスキー場は営業。

僕に与えられた仕事は…

あちこち雪かき。

へとへとで夕方店を開け…

やっぱり、駐車場の雪かき。

今朝も昼過ぎまで雪かき。

多分、去年「雪かきが趣味」とか豪語しちゃったバチが当たったんだ、きっとそうだ。

でも、そんな思いをしたひとは、きっと全国津々浦々、たくさん居たんだと思います。


僕が本当に戦いたかった相手、それは雪ではなくて、食材です。

金曜日に大雪の中阿智迄出向いたかいあって、「今回は持ってけ」と大量にいただいたちぢみほうれん草。

前回ブログの構想通り、試作してみました。

本日より、本日のパスタC「阿智村産ちぢみほうれん草と浜松産じゃこの和風」となります。

歯ごたえを残す為、ボイルせずオリーブオイルでじっくり炒めて使用してます。

しかし、ひょっとしたらしょうゆクリームのが合うかな?

昨日牡蠣とトマトクリームにしてみたけど、微妙でしたが、例えば和風ならばバターを少し加えるとか、あまりさっぱりさせ過ぎ無い方が引き立つかも。

もともとどんな素材でも、シンプルな食べ方がいちばんだし、それは素材が良くなる程そうだと思います。

だけど、ウチのパスタに限っては、「○○ってこんなに美味しいんだ!」って気付きやら再発見をしていただける一皿にしたいと思ってます。

さて、雪かきでもするか。

2d383027.jpg
皆様お久しぶりです。

紆余曲折とございまして、素晴らしい食材を見つけましたので、ご報告させていただく存じ上げます。

阿智村産ちぢみほうれん草。

お隣村の阿智ではございますが、なにぶん標高差がございますので、下の方では葉物野菜もハウス栽培にて元気に発育している様で、丁度愛知県産のキャベツ等使用していた折、わたくし大変嬉しい出逢いでございました。

早速の試作、きのことバターベースの塩味にて。

ものすごく肉厚な葉、これを活かす為に和風、じゃこと合わせようか。


ってなわけで、画像とは違ってしまいますが「ちぢみほうれん草とじゃこの和風」で提供させていただきます!

早速生産者さんとも商談成立、明日仕入れを兼ねて畑見せてもらう予定です。

ちなみに有機、天敵農薬併用による低農薬をされてる方だそうで、他にも良い野菜があるかも。

テンション上がります!

このページのトップヘ