平谷村 cafe sue is fine

長野県平谷村のcafe sue is fineのブログ。 地元の食材や、こだわりの食材を使った生パスタ、手作りピッツァ、焼きたてワッフルのお店です。 長野県下伊那郡平谷村443-1 09034432682 営業時間:11時~日暮れor売り切れまで 定休日:金曜日

2016年01月

69d7f2f8.jpg

bed179da.jpg

当店のメニューに「きのこおろし」パスタがあります。

頻度では1、2を争う当店の地元のリピーターG さんの為に、材料は常備してあります。

平谷の大根があれば平谷のを使いますが、平谷の大根は甘いです。

それはそれで、柚子醤油で味付けして提供し、Gさん以外のお客様からも大変ご好評をいただいていたのですが、今は阿智村産の紫色の辛味大根を使ってます。

これが、しっかり辛いです。

この辛味を邪魔しない様に、醤油だけで味付けしてます。

もちろん味見はしますが、大根が変わるたび一皿食ってみるわけではありません。

定休日前の今日、G さんが食べてった後のタイミングで、辛味大根一本残ってたので、賄いに食べてみました。

基本、大根そのもののウチのおろしパスタは、うまいですが、辛いやつ超うまいですw

紫色も良いですね。

きのこは今時期もちろん栽培ものですが、一応木島平のなめこ、旨しめじってやつと茶色いえのき、マイタケだけは新潟産で、あればホクトの極マイタケを使ってます。

本当は愛知県設楽町のしたらきのこ山(だったかな?)って、どんぐり市場や茶臼山で売ってるやつが使いたいのですが、コストパフォーマンス(嫌いな言葉ですが)の面で遠い長野県産を使ってます。

天然きのこ以外の時期に、きのこで仕入れかさませるの嫌だし、長野県産栽培きのこは安くて美味しいですからね。

ホワイトブナピーもおすすめです。
 
天然きのこの時期にはオーリオと柚子醤油ばっかりでしたが、今年のシーズンには天然きのこおろしパスタも出したいと思います。

このきのこおろしパスタ、エルニーニョの影響で岩のりが遅れた為の苦肉の策だったのですが、岩のりものにもひけをとらない美味しさです。

その岩のり、いよいよ明日届く予定です。

定休日明けからは、あさり岩のり・岩のりわさびクリーム・しょうゆクリーム岩のりのせ・ネギボナーラ岩のりのせ・ツナたま岩のりのパスタ5種と、ピッツァ岩のりツナ、岩のりツナビスマルクが提供再開出来る予定です。

長らくお待たせ致しました。

尚、土日ともに昼間はスノーボードインストラクターの予定でランチ営業はお休みさせていただきますが、土曜は雨予報、スクールのお客様が少なければ店開けます。

よろしくお願いいたします。

唐突ではありますが、皆様ご自分の5年後の姿を思い浮かべた事がおありでしょうか?

僕はありません。

「明日生きてるかもわからないのに、先の事なんて…」って感じです。

開業間もなく、人数合わせで既に開業してるにも関わらず、これから開業を志す人向けの「開業塾」なるものに行かされた事があります。

そこで、10年計画くらいで事業計画書を書いたり、実際ターゲットとする客層をはっきりイメージした上での事業方針の決定などの重要性を説かれました。

実際に、その通りにやれば上手く行ったのかも知れませんが、その時僕は、一応当たり障りのない解答を書きながら、「既にデータの蓄積があるチェーン店ならまだしも、個人の店で尚且つ他に無い店を目指すなら、特に開店後数年間の予測なんてまったく立たず、わからない以上どう書いても嘘になるし、だからと言って、わからない事が事業を始めない理由にはならないんじゃないか?」とか、「立地や業態から客層を特定してそちらにすり寄るくらいの強度しか持たない価値を、お客様に提供するのは失礼であって、そんな事なら開業する必然性が薄いんじゃないか?」とか思い、トータルして極めて企業的なやり方で、「あなた方個人経営者はいちばん消費者の近くにいるのだから、企業の真似事ではなく独自のやり方で事業を展開出来るし、そうするべき」という主旨との矛盾を感じたものです。

つまりは、「消費者の性向を理解し、独自のやり方の中に企業的な合理性を取り入れましょう」みたいな、いかにもごもっともな話だったとは思いますが、「経営コンサルタント」たるもの、もっと個人事業主に踏み込んで、個別に的確なアドバイスを期待していた僕は、なんだかもやに包まれた様な感じで帰って来たわけです。

ですから、本気で事業計画など立てた事はありませんし、何より「事業の核心はその価値にあり、うまく行かせる為に本来の価値以上のアピールをしてはいけない」という信念と、自分が作る「価値」に対する絶大な自信が僕にはありまして、その価値を野ざらしにしたまま、自然にお客様が増えるのを待っていたわけです。

結果、ご覧の通りなのですが、この2年と数ヵ月で様々な勉強をさせていただきました。

まず、「価値を呈示し続けるだけ」というやり方は、非常に有効である事がわかりました。

高い価値を呈示し続けていれば、お客様は確実に増えますし、やってる店の比率が極めて小さいやり方なので、お客様にとって「特別な店」になる事が出来ます。

ここでの誤算は、自然なクチコミの広がりのスピードの遅さです。

この山奥では、僕が思っていた5倍の時間が掛かります。

正直、1年でなんとかなると思ってました。

5倍ですから、5年ですね。

勉強に費やした2年ちょい…。

しかし、この間にもクチコミは着実に、ゆっくりと広がっています。

奥さんや、奥さんの親が忠告してくれてた「資金を貯めてから始めれば?」ってのは、その通りでした。

5年まで、半分近く来てるんですからね。

しかし、現実にこうなって、悪い事が多いですがw、良かったと思える都合の良さも、僕は兼ね備えています。

土日祝日に集約化される営業で、収支は効率化(嫌いな言葉ですがw)されるでしょう。

平日だって、まったく営業出来ないわけではありませんし、予約制となると、よりコアなお客様が残ると思います。

土日祝日に利益が増えれば、平日は少し値下げしてお客様を呼び込む等の戦略もとれます。

また平日の平常営業を再開出来た時、今と同じでは困りますからね。

好評なきのこオフや話が盛り上がった山菜オフ等の平日イベントは、予約営業の一環としてもちろん続けます。

その際ご希望があれば、パスタ・ピッツァも召し上がっていただける配慮もしようと思います。

早く通年平常営業に戻せるのがいちばんではありますし、一部のお客様をスポイルしてしまう心苦しさはもちろんありますが、せっかくこうなったなら、アルバイトも変則的になる営業も、楽しんでやろうと思います。

何より、僕のこういうモチベーションこそが、当店独自の価値を作るベースとなっていて、いわゆる「オンリーワン」だと思うのですが、違うかも知れませんw

さあ、厳しい状況が、それなりに長く続きそうですが、よたよた進んで行きますよ!

よろしければ、お付きあいください。

97ad9ae9.jpg
今日はお客様0でした。

今月、そして今年2回目です。

前回はかなり天候が悪く、言い訳も立ちましたが、本日は良い天気…。

まあ、過ぎた事は仕方ないです。

アルバイトが決まりました。

2月から、平日は予約制とさせていただきます。

と言うよりは、不定期営業、って感じです。

アルバイトもいきなり希望の日数入れない様ですので、シフト次第で開けたり閉めたりになります。

もちろん、ご予約は優先致しますので、ご安心下さい。

尚、ランチご予約についてはいつでもお受け出来ますが、ディナーについてはご予約をお受け出来る日と出来ない日が出てしまいます。

金曜日はアルバイト入れないので、ランチ・ディナーともに対応出来ます。

金曜日につきましては、ご予約が無ければ今まで通り定休日とさせていただきます。

また、土日につきましては、今後スノーボードインストラクターに呼んでいただく機会が増えると思います。

もちろん、通りがかりに営業してれば入って来ていただきたいのですが、スキーシーズン中は土日祝日についてもご予約していただけば確実かと思います。

色々とご迷惑をお掛け致します。

とりあえず来週の平日に関しては、アルバイトの研修が日中になるので、平日のご予約への対応が出来ません。

大変申し訳ございません。

画像は本日試作したスペシャルパスタ新メニュー「生カルボナーラ」です。

昨日は初めてのお客様にも、古くからのリピーターさんにも「こんなに美味しいのに、もったいない」みたいな事を言っていただきました。

しかし、状況を悪くしてしまったのは、他ならぬ僕です。

美味しかろうが、居心地が良かろうが、存続出来なきゃ意味がありません。

お客様に対しても、家族に対しても、自分の責任においてしっかり立て直して、申し訳を立てたいと思います。

少しの間、お待ちください。

今夜も冷え込み、雪がちらついて来ました。

しかし金曜日には雨予報…。

厳しかった寒波も、行ってしまうとなると惜しい気もします。

この冬の気象は、まさに激動ですね。

お店の方も、いつか安定して「最初の3年くらいは激動だったなー」なんて振り返れる日が、そう遠くない未来に待ってると良いです。

いや、そうしてみせます。


昨日は降りました。

冷え込みも強く、良い雪です。

スノーボードインストラクター→雪かき→店の営業と、冬場のフルコースは、今季始めてでした。

昨日は、雪のせいかスノーボードスクールのお客様も少なく、雪かきは多く、お店のお客様も少なく、という感じでしたが、本日はスノーボードスクールのお客様もそこそこ、雪かきは少し、お店のお客様は多く、やはり雪があってこそ、平谷の冬は賑わうんだなあと実感しました。

しかし本日は、スクール中の15:00前から気温はマイナス8度…。

リフトで凍死するかと思いましたw

本日の様にインストラクターもお店も働かせていただけると、一日常にトップギアで、今疲れがどっと出てます。

ここまで寒く、店の営業時間も短いと、ピッツァ生地が発酵してくれなくて困ります。

金曜日に捏ねたものが、まだ使えません。

冷蔵庫がいちばん温かいのですからね…。

本日は、スノーボードスクールのお客様にたくさんお店の営業しました。

やはり、これがないと、冬場のお客様の新規獲得は難しそうです。

昨日も今日も、残念ながら来ていただけませんでしたが、いずれ来てくれそうな気はします。

昨年の控えめな営業より、なんか少し自信を持ってお誘い出来てる気がします。

それは、昨年同様にお誘いして、来ていただいたお客様のリアクションのおかげです。

なんと今日は、今年初めて昨年ゲレンデ営業でリピーターになっていただいたお客様にご来店いただいたのですが、今日も「美味しかったです。また来ます。」と言っていただけましたし、その様なお客様が、いよいよゲレンデが整った平谷のスキー場にまた来て下さり、当店にもお立ち寄りいただける予感があります。

少し遅れたぶん、例年へこむ2月に少し期待してみようと思います。

平谷高原スキー場は、既に設置済みのレール・ボックス・ミニキッカーに加え本日ドラム缶設置、更に昨年好評だったなんちゃってハーフパイプもいよいよ登場予定、雪質に加え、いよいよ面白い事になってまいります。

僕は今年はなかなかフリーで滑る余裕がなく、今のところ指をくわえて見てるだけですが、機会を見て遊んでみたいです。

アルバイトはまだ決まらず、とりあえず明日からの平日は平常営業を予定してます。

明日午前中にひとつ結果が出るので、場合によっては急な変更もあるかもしれません。

その祭はご容赦下さいませ。

グッと冷え込んで、朝店の水道の蛇口が凍るようになりました。

やっと冬本番です。

定休日の本日は、平日深夜アルバイトの面接二軒受けて来ました。

最初の応募が電話で決まった様なニュアンスからの大どんでん返しで、こちらから辞退(詳しい事情は書けませんが…)という、思いもよらない結果で、慌てて再度探しだして正月をはさんでしまい、すっかり延び延びになってしまいました。

面接を受けていると、やはりサービス業に関しては、土日祝日休み希望というのはかなり厳しいのですが、深夜の募集はサービス業ばかりです。

僕としても、出来る限りお互い利害が一致するところにお世話になりたいですし、どうしても深夜で見つからない様だったら、平日の予約営業を諦めて昼間の仕事を探すしか無いかも知れません。

しかし、「安定収入を得ながら、平日もご予約には対応して出来る限り店を開けたい」という希望がかなう平日深夜の仕事なら職種は選ばないつもりでいますので、もし平日深夜のみで大丈夫なアルバイトをご存知の方いらっしゃったら紹介して下さい!

ともあれ、面接を受けると色々と勉強になります。

面接して下さる方は、その会社やお店のトップかそれに準ずる方ですので、経営者として穴だらけでこの様な事態を招き、面接を受けている僕にとっては、自分に何が足りず、何が自分の個性で、どういう風にうまく行ってないのか?、グサグサ突き刺さって来ます。

今回すんなり決まらないのは、今の僕が自分の欠点を認めて変えて行かない限り、僕の事業がうまく行かない事を、痛いほど実感する必要がある事を教えてくれてるんじゃないか?、とか思います。

しかし、働きだしが遅れる程、給与いただくのも遅れるので、早いとこ決めたいと思います。

妥協できずに悪化を招いてしまうのも、僕の欠点のひとつですからね。


明日と明後日はランチ営業をお休みさせてあるので、昼間は平谷高原スキー場にてスノーボードスクールのインストラクターをお手伝いさせていただきます。

来週の平日はとりあえず平常営業の予定ですが、今日受けた面接の結果が月曜日までにはわかるので、アルバイトが決まり次第予約制に移行させていただきます。

そんなわけで、予定が確定できず大変申し訳ございません。

このページのトップヘ