平谷村 cafe sue is fine

長野県平谷村のcafe sue is fineのブログ。 地元の食材や、こだわりの食材を使った生パスタ、手作りピッツァ、焼きたてワッフルのお店です。 長野県下伊那郡平谷村443-1 09034432682 営業時間:11時~日暮れor売り切れまで 定休日:金曜日

2016年02月

09216f22.jpg

ec0620cf.jpg

a5235b1b.jpg

昼頃から激しい雨が降りだし、先程から雪に変わりました。

奥さんから子供を保育園に迎えに行く様に言われ、少し店を空けてる間に、入り口におそらく今夜のご予約のお客様の持ち込みアルコール類が置かれていて、不在着信もあったので、その件かなと電話してみると、別のお客様のお問い合わせでした。

山菜についてだったのですが、電話口でもお客様にお伝えした通り、山の春は遅く、バリエーションをお楽しみいただける状況はGW前後まで待たなくてはなりません。

3月後半から、しばらくふきのとうやカンゾウを中心に山菜メニューは始められると思いますが、昨年好評だったおひたしの盛り合わせが、10種類を超えて来るのはやはり4月後半あたりからです。

ブログの検索ワードにもかなり山菜が増えて来ていて、ご期待はひしひしと感じておりますが、しばしお待ちください。

始まってしまえば、初夏までは山菜づくしでお迎え出来ます!

なんか始まればお知らせ致します。

僕も、きのこやスノーボードの事で山菜の記憶が遠のいてるのでw昨年のブログをチェックしてみますが、多分時期には毎日山菜の事書いてますので、ご来店の日程をお決めになる際は昨年4・5月あたりの記事を是非ご参考になさってみて下さい。

どうやら雪は落ち着きそうです。

明日が雪予報なんで、まだ降るかも知れませんが…。

スキー場の事考えると、降って欲しいですね。

あさり出汁、とりあえず「あさり出汁のり塩パスタ」と「あさり出汁トマトソース」にしてみましたが、あっさりし過ぎてしまって(あさりだけに…)、結局あさり岩のりやボンゴレ系に使う事にしました。

3bd65b57.jpg
浜松産のあさり、今年は粒も大きく大々的に使いたかったのですが…。

砂抜きが甘かった様で、ジャリジャリするししょっぱいしで…。

とりあえず、色々試してみましたが、ワイン蒸しなら塩気はおさまるものの、やはり砂はだめです。

残る手段はむき身加工して選別、くらいですが、結構な量あるんでぼちぼちやります。

現状、ジャリジャリするのでよければサービスであさりワインお出しします。

本日は、夕方から用事があり、ランチのみ仕込みしながら営業致しております。

是非どうぞ。

アルバイト先でも、上層部の不和の板挟み的なところで苦戦中です。

早くすっきりして、仕事に専念したいのですが、今のところ、仕事を覚えてない段階で振り回されてる感じで…。

まあ、どこかにお世話になれば、なんかしか大変な事はあるでしょうから、状況に流されず、仕事を覚えてしまって落ち着かせようと思ってます。

アルバイトの予定がある程度固まらないと、平日のご予約への対応が出来ませんからね。

今週も土日は日中はスノーボードインストラクターの予定ですので、夕方からの営業となります。

一昨日の水曜日にレッスンさせていただいた際のコンディションは、すっかり春のゲレンデでしたが、今週は昨日から冷え込んで来てて、土日まで持ちそうですので持ち直すんじゃないかなと期待してます。

その後は暖かくなりそうで、今の雪量から見てもかなり厳しくなって行きそうな気配です。

インストラクターで出入りするぶんには、それほどではありませんが、ほぼ人工雪オンリーで営業せざるを得なかった近隣のスキー場は、苦戦を強いられたシーズンになってしまったと思います。

もちろん、スキー客をあてにしていた当店含めた周辺のサービス業各施設も、大苦戦している事でしょう。

苦戦、苦戦と書きましたが、個人的には苦戦する事は悪い事ばかりではないと思ってます。

苦しさ、というものは、自ら求める事がないぶん、得難いものだと思います。

そこから逃げたり、ごまかしたりしないで、その苦しさから抜け出す為の真っ当な努力をし続けて、乗り越えた先には、きっと素晴らしい景色が広がってる筈です。

そうじゃなきゃ、困っちゃうんですけどねw


311a4ac6.jpg

c2fc09aa.jpg

本日は、朝から仕込みしつつ店開けようと思ってたのですが、昨日レッスンのご依頼をいただきまして…。

ありがたく引き受けさせていただき、午後から仕込みに入っております。

画像は平谷高原スキー場の今朝のバーンです。

かなり良かったのですが、本日は暖かく、レッスン中にどんどん緩んでしまいました。

明日はまたかなり雨が降るらしく、朝イチから午前中が狙い目です。

なんとか夕方くらいまで降りだしが遅れてくれれば良いのですが…。

先週はピッツァ生地を切らしてしまい、たくさんのお客様にご迷惑をお掛けしてしまいました。

昨日こねて、ただいまストーブたいてる客席にて急速発酵させてます。

明日にはなんとか間に合わせます。

しらすがなくなり入荷待ちです。

岩のりはしばらくあります。

明日・明後日はとりあえず日中はゲレンデの予定ですが、雨の降り方で日曜クローズとかの場合は店開けます。

麺もさっき届いたばかりですし、切らしていたピッツァ生地とマグロも御用意して、更にこれから少し細かい仕込みをして万全でお待ち致しております。

よろしくお願いいたします!

昨日やっと、初めて今シーズンゲレンデ営業したお客様をお迎えする事が出来ました。

昨年より、確率が落ちてしまってるのは気になるところですが、スキーシーズン自体出遅れた今年は仕方ないかもです。

昨日午後から本降りになった雨は、深夜に予報通りに激しさを増し、ゲレンデを水浸しにしてしまい、平谷高原スキー場はクローズ。

久し振りに日曜のランチ営業致しました。

昨夜ピッツァ生地を売り切ってしまい、それでも朝こねればこの暖かさなら夜には出せるかな?と思いましたが、とりあえず昨日奥さんが買い忘れたにんにく切らしてたので、根羽まで買いに行きました。

根羽でにんにくを買えず、稲武まで行ったのが運のツキ…。

無事にんにくを調達し、ほっとしていると、おばあちゃんが話しかけて来ました。

少し世間話をしていると、「米いるかい?」「良いんすか?」みたいな感じに。

五キロの米を受け取ろうという、その瞬間、「米のお金だけくれりゃ良いで。」…。

あ、れ?

米以外に、何の金あげれば良いんだろう…。

とか思いながらも、「おばさん、これ、いくらで良いの?」と聞いて見ると、

「五千円で良いわ!」

どんな高級米なんでしょうか。

「おばさん、おれ、五千円も持ってないや…。」

「んじゃ、いくら持っとる?」

「二千円ならあるけど…」

「なら二千円で良いわ。」

千円で、良い気がするんですが…。

おばあちゃんは僕が今どれだけ貧乏か知らないわけだし、ひょっとしたら、もっと貧乏かも知れない。

手慣れてる様子だったので、悪質かも知れませんが、そんなふうにしなきゃならない人を作ってしまった社会の一員としての責任やら、単純にかわいそうやらで…。

ひょっとしたら「バカが引っ掛かった」等と増長させ、また同じ過ちを繰り返させてしまうのかな、とかも思いながら、「ありがとうございます!」と、おばあちゃんから高い米を買って別れてしまいました。

諫めるくらいの勇気が僕にあれば良かったのでしょうが、高齢者に関しては、子や孫がいるだろうし、その人たちの役割だとも思ったりします。

そんなこんなで、時間も取られてしまい、結局ピッツァ生地はこねれずじまい。

明日も平常営業出来るのですが、パスタもあと6食しかありません。

ピッツァはまた土日に合わせてこねるかも知れません。

本日のディナーの状況次第では、閉店後にこねても良いのですが、今朝のタイミングを逃してしまったのでどのみち明日には間に合わないと思います。

大変申し訳ございません。

67f0bcb0.jpg
店の営業が不規則になり、ご迷惑お掛け致しております。

アルバイト開始とともに、スノーボードインストラクターの方も忙しくなり、また、年度末の行事も重なってきてしまって…。

忙しく過ごす中でも、お客様のお顔を見れず、寂しい限りです。

しかし、急きょ店を臨時休業して臨んだ月曜日のスノーボードインストラクターで、何か「これだ!」という感じを掴みました。

朝から待機しましたが、ご予約のお客様が渋滞で遅れてレッスンは午後からに。

午前中は練習に費やし、午後からレッスン。

6歳の男の子だったのですが、前回初めての時僕が見た子で、その後別の大きいスキー場でスクールを受け、その時の先生が怖くて嫌だったらしくご予約下さったそうです。

しかし、前回とは見違えるしっかりしたエッジングが身に付いており、安心してスピードを出す事が出来る様に変貌しており、いくつか教えたいポイントはあったのですが「気持ち良く、より自信を持たせる」事をテーマに、無理はさせず行きたがるコースへ行かせて安全性だけ担保してやる感じでレッスンしました。

ガンガン滑って、かかとエッジだけでレギュラースタンス方向に最大限にスピードを出せるライン取りに導きつつ急エッジで止まる、を繰り返す中に爪先側やノーズドロップ、緩斜面での連続ターンもどきを織り込むやり方で、見込みがあるけど幼すぎて集中力が持続しないタイプの子にはもっとも有効と思われるやり方です。

本当はターンまでもっていける感じだと思いましたが、「より今の乗り方で安全に楽しんでもらって、自発的な上達への意欲を促したい」との判断です。

もちろん、かかとエッジしか使えない事が転倒の原因になってしまってる場合は、やってはいけないやり方ですが…。

二時間のレッスンを終えると、様子を見ていた他のお客様が「うちの娘が一人で練習してて、全然ダメなんですけど、先生これからレッスン出来ませんか?さっきまで教えてたお子さん、あんなに上手になってたから…」と、声をかけて下さいました。

急きょ、レッスンする事になったのですが、大人の女性の方で、いったい何が全然ダメだったのかわからないくらいの上達っぷり。

一応、時間が無かったのでややはしょりはしたものの、初心レッスンを順番にこなして行き、なんと通常一日はかかるであろう初歩的な連続ターンまで1時間半足らずで進んでしまいました。

もちろん、二人ともマンツーマンで出来る形で、ゲレンデが平日で空いていた事が大きいのですが、お客様の満足度も僕の充実感も非常に高い、とても幸せなレッスンでした。

平谷スノーボードスクールはスキー場の特性上初心レッスンに関しては校長を筆頭に、インストラクター陣の経験も豊富ですし、「よそでスクール入ったけど、こんなに丁寧に見てもらえなかった」みたいなお声は良くいただいております。

けれど、僕は経験も技術もそんなにないので、足を引っ張らない様に頑張っている現状です。

なんか、この日の二人の生徒さんとは、僕がお店のお客様と作り上げたい様な「サービスの形」に近いものがあった様な気がして、臨時休業してやらせてもらって良かったなー、とか思ってたら、リピーターKさんから不在着信…。

久し振りにこっちに来てたらしくて…。

連絡も遅れてしまい、申し訳無かったです。

やっぱり、体が二つ欲しいですw

このページのトップヘ