平谷村 cafe sue is fine

長野県平谷村のcafe sue is fineのブログ。 地元の食材や、こだわりの食材を使った生パスタ、手作りピッツァ、焼きたてワッフルのお店です。 長野県下伊那郡平谷村443-1 09034432682 営業時間:11時~日暮れor売り切れまで 定休日:金曜日

2016年10月

dd0c84aa.jpg

e42290fd.jpg

428e44e0.jpg

bdf512d1.jpg

3646030b.jpg

例によって、画像上から。

本日は収束確認重視、収穫は少な目でした。

ホンシメジのチビ3本、シモフリシメジ、ハタケシメジです。

松茸に続き、ホンシメジは終了。

ハタケシメジは、雨でも降ればもう一回ですが、ほぼ終了。

何故か、クリフウセンタケが出てました。

チャナメツムタケ、本日はフル幼菌。

美しいですね!

更に拡大、ご堪能下さいw


今朝は2度目の霜&フロントガラス凍結、さすがに寒くなって来て、ホンシメジ・ハタケシメジ・アミタケの収束確認をして来ました。

ホンシメジ・ハタケシメジに代わり、これから主役を張るシモフリシメジ、今朝廻った場所はどこもまだ若干早め。

あの、バカマツタケかな?と言ってたものが出た場所のハタケシメジが出てない事を確認、一応下りてみると、松茸はありませんでしたがシモコシとシモフリシメジが。

良いきのこばかり出る場所です。

アミタケのポイントへ移動、正直もっと出てると思いましたが、さすがに終りに向かってますね。

雨が降れば、一応もう一度確認してみます。

チャナメツムタケも発生が確認出来たポイントが増え、明日からシモフリシメジとともに巡回が忙しくなりそうです。

ハナイグチはまったく狙わずに、しかし確実に減って来てます。

クリタケはめちゃくちゃ立派な良いやつが採れました。

まだ一斉には来てない感じですが、今年もあのクリタケ祭りが近々来ると思うと、楽しみな様な怖い様な…w

そんなわけで、昨日の疲れや達成感からだらだら隙な一日を過ごしたかと思いきや、きのこ販売は好調で、おまけに1パック付けたりしてほとんど無くなってしまいました。

特にシモフリシメジは、昨日・本日とかなり採ってるのですが、とどまりません。

本日残ってるのは、今朝採りがクリフウセンタケとクリタケ1パックずつ。

前日採りクリタケ3パックです。

前日採りは半額で売ってます。

19:00頃のご予約に備えてる状態で、店頭販売も並べてあります。

特に今朝採りのクリフウセンタケ・クリタケは状態がかなり良く、おすすめですが、残れば明日も並べたいと思ってます。

最近押せ押せの営業が続いており、前日採り並べておいて今朝採りの選別が出来ると助かるのです。

当店にとっていちばんの繁忙期10月。

今年も当店史上最高売り上げを、今月は大幅に更新する事が出来、最終日の夜のご予約までいただきました。

誠にありがとうございました!

とはいえ、よそのお店と比べたら、まだまだ小さな売り上げ額ですが…。

特に、きのこ販売よりお食事のご利用が増えた事が、とてもうれしいです。

明日からの11月も、いよいよ紅葉がピークを迎え、忙しさは続きそうですし、この当店のピークを長く出来る様に、きのこ採りもより頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

お客様へ、まだまだ還元出来る程利益を出せてませんが、昨日より信州黄金しゃも、1枚で200円・ハーフで100円値下げ致しました。

ただ今切らしてしまっておりますが、また土日にはご用意したいと思います。

明日は、シモフリシメジ・チャナメツムタケ狙いです。

あんなにあったハナイグチも無くなってしまいましたので、少し見てみようと思います。

間違えて、画像消しちゃいました。

本日はシモフリシメジが沢山採れたのに…。

かなり立派なやつもあって、お客様も驚かれてました。

シモフリシメジといえば、探すのにも、抜くのにも時間がかかるきのこです。

正直あんなに出てるとは思わなかったので、時間との戦いに焦りましたw

更にクリタケがあちこちで出てて…。

ハナイグチも相変わらず出てて…。

シモフリシメジを一通り見終わって、次から次へと現れるクリタケに悪戦苦闘していると、鈴の音。

僕がさっき見てた場所で、スルーしたクリタケを採ってます。

びくいっぱいのクリタケ(下半分はシモフリシメジですけど)を持った僕を見たら、がっかりするだろうと、おじさんに見つからない用にその場を離れ、少しほっとして「おじさん、沢山採ってね!」と思いつつも、進行方向にクリタケの心当たりが…。

豪快に、出てるw

近くに来たついでに、オオツガタケの確認に。

昨年出ていた場所が、出切ってない気がしてたのですが、成菌のみ数本、終了ですね。

オオツガタケのポイントへ行く途中にもシモフリシメジが…。

「しまった、ここにも出るんだった…」

とか、訳のわからない心理状態に。

よせば良いのにハナイグチの場所へ行くと、ハナイグチ沢山とハタケシメジ少し。

他には、シロナメツムタケが引き続き良い感じ、チャナメツムタケもポツポツ出てました。

ショウゲンジ一本、アイシメジ2本。

下山は10時過ぎ、作詞家海峡わたるさんが10時にきのこ買いに来るって言ってたのにw

10:30過ぎに店に行くと、海峡さんが待ってました。

今朝採りを選別する暇がなく、前日採りのハナイグチをお渡し致しました。

本日はランチから17:00まで数珠繋ぎにご利用いただき、きのこの販売準備する間もなく、どうにかぬめり系じゃない方のびくだけざるに移し、夕方のきのこ販売ご利用のお客様に、シモフリシメジ中心にお渡し出来ました。

ハナイグチはびくに入ったままで、丸々売れ残りましたが、昨日書いた様に行き先には困らないきのこです。

クリタケも半分くらいは売れました。

おかげさまで、びっくりする様な売り上げをいただき、明日を待たずに当店の月間売り上げ最高額を更新出来ました。

誠にありがとうございます!

明日はアミタケが気になりますし、チャナメツムタケ・シモフリシメジ・クリタケ・ハタケシメジあたりに期待してみようと思います。

ハナイグチは、幼菌の比率ががた落ちしてて、発生のピークは過ぎたかな、という感じです。

しかし、シモフリシメジとチャナメツムタケが始まると、いよいよ巡回がきつくなります。

頑張ります!

5c584f60.jpg

22bfddab.jpg

b86dbc21.jpg

雨後、また暖かく、山の変化はスローです。

シモフリシメジ狙いでしたが、まだ早いですね。

シロナメツムタケが良い感じ、チャナメツムタケもポツポツ出て来ました。

クリタケもいよいよ本格的に始まりそうです。

ハナイグチは、勢いは鈍りましたが、まだまだ一日kg単位で採れてしまいます。

そんなハナイグチですが、余れば生冷凍…、と思いつつも、あちこちから「あれば欲しい」とお声をいただいてます。

本日は色々ありましたが、ちょっと疲れたのでこの辺で。

明日も懲りずにシモフリシメジ狙いです。

f06a9d76.jpg

a797e724.jpg

0db23469.jpg

058d3ac3.jpg

ある意味予想通りではありますが…。

シモフリシメジ狙い、だったんです。

しかし、やはりオトメノカサ・ハナイグチに足止めをくらい、なかなか山へ入れません。

山に入ると、ばかでかいショウゲンジが目に飛び込んで来て、一瞬松茸かと思いましたw

次に目に入ったのはクロカワでしたが、残念ながら流れてました。

未練がましく、「半分食えないかな?」と見てみましたが、ダメでした。

先日シモフリシメジをクロカワと間違えた場所で、ずっと気にして見てただけに、痛恨の見逃しです。

しばし呆然とするも、「また来年」と切り替えて、シモフリシメジを探す。

まだまだはしりで、良く探さないと見つかりません。

自家用にシモコシを少し。

このあと、珍しく迷いました。

松茸とホンシメジを、確認に行くか?

たぶん、出てない。

けど、定休日こそ、そういう作業をすべきじゃないか、と。

とりあえず、アカモミタケとヌメリスギタケを見に沢へ下る選択。

アカモミタケは、出てない。

ヌメリスギタケは、かなり上の方に出てました。

足場がなく、滑る木を腕と脚で全力でロック、かなり頑張って登り、だいたい採りました。

ホンシメジのポイントへ。

見事に出てません。

松茸のポイントはやめて、一旦下山、こないだ見つけたシモコシのポイントへ、山を通って行く事に。

崖の様な斜面に、知らなかったシモフリシメジ。

ここも、松茸が出ると言われてる山です。

シモコシポイントではあまり良いものがなく、再び下山に向かうと、こないだ採った場所にまた凄まじいハナイグチ。

「ありそうな場所は、避けよう」などと、罰当たりな事を思いながら、ホウキタケのポイントへ。

ない事を確認して、下山しました。

仕込みに店に入り、明日の販売準備と半端きのこ(とはいえ大量w)の仕込みを終え、きのこを持って料理民宿のんび荘へ。

かなり御無沙汰してしまいましたが、3.7 kg のきのこをおさめ、ちょうど新そばの時期でニハと十割を食べ比べて来ました。

久し振りののんびのそばに、画像撮るの忘れて食べちゃいました。

どちらも、やはりうまかったです。

少しきのこの話などして、先ほど店に戻りました。 

これからピッツァ生地こねて、時間と体力次第ではトマトソースと唐辛子オイルまでは作っちゃいたいのですが、結構くたくたですw

定休日くらい、早く帰ってやりたい気もするし…。

とりあえず、頑張ります。

77100d2c.jpg

af32e28a.jpg

c0cc2d78.jpg

5db60dd6.jpg

画像の順に。

採らなくても良いと思って歩いたのですが、ご覧の収穫です。

ブナシメジが気になってたのですが、ついでにハタケシメジも採れ、山の中ではホンシメジ・シモフリシメジが…。

ハナイグチは、いよいよ株だちする黄色タイプも出て来ました。

まったく狙わずに、これだけ。

傷みが早く、販売に不向きなシロヌメリイグチ・オウギタケは、店内提供用に仕込みました。

クリフウセンタケ・ショウゲンジ・松茸と、序盤のきのこが不作気味でしたが、オオツガタケが始まったあたりからムードが変わりました。

ホンシメジ・オオツガタケ・ハナイグチなど、秋本番のきのこは大豊作と言えます。

さらに序盤から豊作だったアミタケも出続け、いつもなら今回のやつが晩秋のラストピークだと思うのですが、ハツタケが目立たない事から、まだもう一回ある気もするし、今回の発生も、まだ続きそうな感じです。

平谷村のきのこは何より、ハナイグチが出るとやはり違います。

ここ2年ハナイグチ不作で、クリフウセンタケ・ショウゲンジ・松茸が止まると、晩秋きのこ待ちの狭間が厳しかったのですが、今年は狭間なくチャナメツムタケの発生まで行けそうです。

そのぶん前半歩かされましたけどw

本日は常連様に助けていただき、営業自体は良かったのですが、余剰気味なところにまた大収穫となり、今年始めてまとめて卸す事にしました。

行き先は、大好きな飯田の料理民宿のんび荘さんです。

電話してみると、昨日できのこの仕込み切らしたところらしく、ちょうど良いタイミングで喜んでいただけました。

また、平谷カントリー倶楽部様も、ハナイグチは引き続き採れたら欲しいと言って下さりました。

他にも売り先の心当たりはありますが、やはりいちばんは、当店でお客様に販売したいので、よろしくお願いいたします!

ところでホンシメジが沢山採れて、昼間みえたNさんと焼きホンシメジにしてみたのですが、めちゃめちゃうまいですね!

今まで僅かな収穫で、おそれ多くてお吸い物ばかりにしてましたが、「香り松茸味シメジ」がピンと来るのは焼きですね。

どんなに採れてもなかなか僕や家族の口に入らなかった天然きのこも、さすがにこれだけ余剰気味だと昨日きのこ鍋、本日はなんと、ホンシメジ・シモフリシメジ・ハタケシメジ・ブナシメジ・オオツガタケの贅沢シチューになりました。

天然ブナシメジ、今年は3本の収穫で、奥さんと長男が食べたみたいですが、シチューには良く合う様でいちばん美味しかったと言ってました。

昨年は採れず、一昨年初めて採った時も確かシチューにしたので、シチュー以外にした事ないのですがw

明後日の土曜日は、村のイベントで1曲だけドラムを叩くので、リハーサルが午前中に、本番は夕方にあり、その時間は店に居れません。

ほんのチョイなんで、普通に営業するつもりですが、特に朝時間が取られてしまうのは大きく、あまりきのこ採れなかったり、販売準備が出来ないかも知れません。

明日は定休日ですが、そんな事情から、それなりに採らなければなりません。

発生が始まっているシモフリシメジを軸に、チャナメツムタケの様子も見てみたいと思います。

ハナイグチは採れてしまうでしょうし。

沢山採れたら、仕込みしながら販売するかもしれませんが、きのこ卸しに行く都合上、あまり長い時間は並べておけないと思います。

まだまだ、ウチで鍋やシチューやったところ。

下界で鍋が美味しいのはこれからです。

歩く時間より、採取する時間の比率が上がり、少し疲れも和らいで来ました。

まだまだガンガン採って来ます。

是非お付き合い下さい!

このページのトップヘ